まるごと青森

twitter facebook rss
黒石で「ちょい旅」 ②

黒石で「ちょい旅」 ②

グルメ | 2007-04-03 07:23

黒石で「ちょい旅カイグイ」
抹茶くりいむ大福 寺山餅店

津軽平野の南東部に広がる黒石市は、江戸後期、弘前藩の支藩・黒石藩1万石の城下町として栄えました。その中心部に位置する中町には、軒先を張りだしアーケードのようにした当時の代表的な商家建築「こみせ」が残り、通りを形成しています。

文政7年(1824年)創業の老舗「寺山餅店」は、この古くからの商人町で餅の製造、小売りをしてきました。

黒石で「ちょい旅」 ②

歴代の当主はその時代にあった独自の商品を作ってきたようです。
6代目はきなこをまぶした青粉餅を、7代目は串餅を主力に外商に力を入れ、8代目は、しとぎ餅の他、おはぎやいなり寿司などもち米を使った商品に挑戦してきました。
現当主である9代目正幸さんは、「お客様の都合で食べられるお餅」をめざし、作りたてを急速冷凍することで、解凍される度に出来たての味をいただける、そんな商品の開発をしてきました。

【抹茶くりいむ大福】 105円/1個
黒石で「ちょい旅」 ②

寺山餅店の一番人気です。
お餅の最大の欠点は日持ちしないこと。
寺山餅店のように特に添加物などを使わないお餅は丸1日もすれば餅がカチコチに固くなってしまいます。
9代目は、お客様が「食べたくなったときにいつでも食べられるお餅」をお客様が望んでいる、とつきたて、出来たてのお餅を急速冷凍し、解凍すればいつでも出来たてのおいしさや食感を味わえる、そんなお餅を作ろうと取り組みました。
抹茶くりいむ大福は、抹茶を練り込んだ餅生地の中に上質のあんことコクのあるクリーム、それでいて甘さ控えめ。

黒石で「ちょい旅」 ②

適度な小ささはついつい手が進んでしまう、そんなおいしい大福です。
夏なら30分で解凍され、食べられます。
買って、少し歩いているだけで解凍され、つきたてのお餅が食べられます。
夏は特に冷たくておいしいですよ。

【四半餅・しはもち】 420円/1袋
江戸期から作っていたのでは・・という老舗の寺山餅店の中でも古くから作られている四半餅(しはもち)。
上新粉とあんを練り合せ、臼と杵でていねいについて作ります。
江戸時代からの手法そのままの当店自慢のお餅です。

黒石で「ちょい旅」 ②

「あずき」「しろあん」「ごま」の三種類がありますが、全て素材の色。
青森県内でいう「鯨餅(くじらもち)」のようなものですが、古くからの製法をそのままにしてお客様にお出ししたい、とこだわり続けている一品です。

この他、味付けした「おから」を大福生地で包んだ、「甘くない大福」のおから大福。
お餅とおからのバランスが織り成す、「ハマる味」は冷凍で提供しています。(105円)

日本の道百選のこみせを散歩しながら、藩政時代からの老舗に立ち寄る。
そんなちょい旅も情緒があって楽しいです。 byなおき

[メモ]
寺山餅店
黒石市中町36-1 0172-52-2826

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅