まるごと青森

twitter facebook rss
国際芸術センター青森:山口啓介ワークショップ

国際芸術センター青森:山口啓介ワークショップ

観光スポット | 2007-04-26 13:23

青森市にある『国際芸術センター青森』って行ったことありますか?
英語でいうと、“Aomori Contemporary Art Centre”なので
通称「ACAC」と呼ばれているようです。
青森市内から、八甲田方面へ向かって、モヤヒルズの手前、
青森公立大学の隣にあります。
建築家の安藤忠雄さんが設計した、かっこいい建物が森の中に隠れていますよ。

ここは、普通の美術館ではなく、国内外のアーティストが滞在制作を行う
アーティスト・イン・レジデンスが一番大きなプログラムで、
滞在中に制作した作品の展覧会の他にも、版画などの芸術講座やワークショップ、
映画の上映や自然観察会など、いろんなプログラムを開催しているところです。
「観る」「体験する」「技術を磨く、体験を深める、挑戦する」ができます。
アーティストだけでなく、一般の人もスタジオを借りて、何かを作ったりすることが
できるのだそうです。

先週、私が行ったときには、
山口啓介さんのワークショップ「ACACでつくる《カセットプラント》」を
やっている最中でした。

国際芸術センター青森:山口啓介ワークショップ

透明のカセットケースの中に、乾燥させた生花を樹脂で封印した「カセットプラント」を
窓辺に積み上げていってました。

国際芸術センター青森:山口啓介ワークショップ

お花が素材のせいか、参加者はほとんど女性でしたね。

山口啓介さんの展覧会、春AIR《遊びの経路》Part1「山口啓介 睡蓮の地球図」は、
4/21先週の土曜日から、もう始まっています。
カセットプラントも展示されているので、ぜひ行ってみてほしいものです。
私もカセットプラント以外の作品が観たいです。
 *会期は、4月21日(土)~5月20日(日)会期中は無休で、入場無料です。

「青森公立大学」のバス停から、「四季のアーケード」を通っていく道は
散歩コースとしても、楽しい道です。
現代アートに興味がなくても、散歩好きな皆さんにも、国際芸術センター青森は
オススメですよ。                    byひろぽん

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅