まるごと青森

twitter facebook rss
可否屋 葡瑠満

弘前のセピア色な喫茶店 ~可否屋 葡瑠満~

グルメ | 2007-05-16 14:14

東京に出張に行くと、一休みしたいときや次の仕事までの合間の時間は、
チェーンのコーヒーショップをよく利用しています。
というか、街中を歩いていてもあまり喫茶店を見かけないため、
選択肢があまりないのも事実で、
安くコーヒーを飲め、一応休憩もできるので問題はないのですが、
やはりそこにはくつろぎがないのも事実です。
さて、弘前へ出張に行って、同じように一休みしようとすると、
魅力的な喫茶店が数多く今も残っていることにほっとし、
青森県が田舎であることを嬉しく思ったりします。

可否屋 葡瑠満

この日入ったのは、土手町を少し過ぎた一番町坂にある「葡瑠満(ぶるまん)」。
入口の「かうひいや ぶるもん」の文字は以前から知っていましたが、
実はなかなか機会に恵まれず、入ったのはこの日が初めての喫茶店です。
店内に入って最初に感じたのは「セピア色」。
古いという意味ではなく、渋くてかっこいいという意味で「セピア色」。
当然、実際はフルカラーの世界なんですが、
その店の造り、調度品、そしてマスター、全ての雰囲気がセピア色で、
そこにいる自分までもがかっこよく感じるほどw(もちろん勘違いですが…)

可否屋 葡瑠満 可否屋 葡瑠満

カウンターでは常連の老婦人がマスターと会話を楽しんでいるようなので、
板張りの床の店内を軽く音を立てながら歩き、少し奥のテーブル席へ。
壁掛け時計の色合いに渋さを感じながらメニューを眺め「もかまたり」を注文。
席で待ちながらカウンターに目をやると、
ペーパードリップで丁寧にコーヒーをいれるマスターの背後には、
何十種類ものカップとソーサーが並んでおり、
後で調べてみると、これらはマスターが開店以来収集している大倉陶園のもので、
差し出されるのはマスターの気分によって決まるのだそうです。
少しして私の前に差し出されたのは金色のバラがあしらわれた白いカップ。
上品で華やか、私にはぴったりのカップですwww
コーヒーは本当に美味しくて、久々に旨いコーヒーを飲んだと思えるもので、
コーヒーの味にはマスターのこだわりを十分に感じることができます。
そして、それと同じくらい、この空間が持っている雰囲気に
くつろがせてもらった気がしました。

可否屋 葡瑠満 可否屋 葡瑠満

by YOSHIHITO

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

ラーメンスイーツまち歩き伝統工芸郷土料理ツアー自然りんごねぶた・ねぷた果物カフェ・レストランお酒野菜魚介肉・卵田んぼアート三味線歴史・文化アート食堂ヒバ鉄道三内丸山遺跡奥入瀬渓流山菜・きのこ米・パン・穀物寿司居酒屋・バー種差海岸十和田湖マグロご当地紅葉ランチグルメ弘前ブナコ津軽白神山地絶景ウニ津軽海峡カレーお土産蔦沼新緑弘前公園弘前城八甲田岩木山毛豆太宰治温泉自転車津軽弁缶バッジカンバッジおみやげ津軽弁缶バッジ寺山修司八戸ブックセンターイルカ陸奥湾フェリー尻屋埼灯台尻屋埼寒立馬灯台ジオパークガイドおにぎりうにぎり岩のり寒海苔カフェコーヒープリンおやき三社大祭館花岸壁朝市宵宮美術館青森土産津軽土産パッケージ買い金魚海藻わかめe-sportsお盆迎え火・送り火嶽きみ熱帯魚日記ポップ横丁最強毛豆決定戦きのこアニメクラフトイベント唐揚げ和栗スタンプスーパーハンココケシクリスマス焼き鳥雪見温泉露天風呂鮟鱇あんこう風間浦鮟鱇ハンドメイドインバウンドお家でシリーズ植物担々麺辛い種差グランピング月見アナログレコード青森県、色彩妖怪JOMONトーク万年筆ステンドグラス#郷土料理#お家ごはん#料理BUNACO#だし#アート#青森県立美術館

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅