まるごと青森

twitter facebook rss
野辺地町の「葉付きこかぶ」

日本一おいしい?野辺地町の「葉付きこかぶ」

特産品・お土産 | 2007-05-29 15:42

春の一大行事「田植え」も先週末でほぼ終わり、
いよいよ本格的な農作物シーズンが始まりました。

スーパーの青果売り場には、
葉物類を中心とした地場野菜がすでに並べられていますが、
今回紹介したいのは、ここ数日間で出回るようになったおいしい野菜、
野辺地町特産の「葉付きこかぶ」です。

野辺地町の「葉付きこかぶ」

意外と知られていないのですが青森は全国有数のカブ産地。
平成17年の収穫量は全国第3位なんですよ。
冷涼な気候下でつくられる青森のこかぶは、皮がうすく、やわらかいのがウリで、
その中でも最高の評価を得ているのが野辺地町の「葉付きこかぶ」なのです。

野辺地町の「葉付きこかぶ」

野辺地町がこかぶ栽培に取り組むことになったきっかけは昭和55年の冷害。
それまでもヤマセの影響でしばしば冷害に見舞われてきた生産者らが、
「田んぼがダメなら畑作で-」と立ち上がり、
同58年から本格的に出荷するようになったのだそうです。
こかぶは、寒さに強いうえ、太陽光が少なくても育ちます。
生育期間が短いので初夏から秋にかけて数回収穫することができます。
しかも野辺地町の土によく合うのだといいます。

「たかがこかぶ」と思うでしょうが、食べてビックリ!
おいしいんです!日本一おいしいんじゃないかと思っています!!
おすすめの食べ方はズバリ”生”。
皮付きのまま、少し厚めにスライスし、何もつけずにそのままいただきます。

野辺地町の「葉付きこかぶ」

(切らずにまるごと食べてもいけますよ。笑)

やわらかい食感に、驚くほどの甘さ、そしてみずみずしさを味わうことができます。
まだ試していませんが、焼肉と一緒に食べたら、サッパリしてさぞ美味しいことでしょう。

「葉付きこかぶ」の出荷は5月から10月にかけて。
夜明け前の午前3時頃から収穫し、冷蔵され、その日のうちに出荷されます。
忙しいこの時期、農家の睡眠時間はわずかに3時間とか。

野辺地の生産者達が大切に大切に育てた「葉付きこかぶ」。
ヤマセの恵みをぜひ味わってみてください。
by 義人

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅