まるごと青森

浅めし食堂は美味かった

浅めし食堂は美味かった

グルメ | 2007-07-30 07:41

浅めし食堂は美味かった

浅虫です。
青森駅から浅虫温泉駅まで快速しもきたで13分。
時間にすればほんのわずかな時間ですが、
東京で山手線に13分乗っているのとは異なり、
ここでの13分間はなんとなく小旅行気分。
電車の旅は楽しいものです。

考えてみると、
浅虫の街ってあまりじっくり歩いたことがないことに気づき、
同僚(義人)と一緒に街並みを眺めながら歩いてみると、
けっこうすてきな街なんだと改めて感じさせられました。
少し昭和を残した街並み、JRのガード下、雰囲気ありますね。

asameshi2

さて、この日の昼飯は「浅めし食堂」で取ることに決めていました。
なかなか行くことが出来なかったお店なので、
はやる気持ちを抑えながら携帯電話のナビを頼りに道を進みますが、
なかなかたどり着けない。
どうやらかなり大回りのルートを通っていたようです。

asameshi3

「浅めし食堂」は通り沿いと言うわけではないものの、
線路のすぐそばにあるので、大回りさえしなければ見つけるのは簡単だと思います。
ここはNPOが経営している浅虫の家庭の味をいただけるお店。
定番じゃがいもすいとん定食や日替わりの定食を500円で食べることができます。
このお店の凄いところは、
・医師と栄養士の監修でカロリー650キロカロリー程度
・塩分4グラム以下
・化学調味料は使わない
・米は低農薬の浅虫産の米
・野菜も地元浅虫で収穫したもの
という健康で安全で安心なことに徹底的にこだわっていること。
かなりすごいことだと思います。

私が注文したのはじゃがいもすいとん定食。
このすいとんのスープが実に美味い。
すーっと体の中に溶け込むような、とげとげしさが一切ない味。
体に優しいことを実感してしまう、そんな感じです。
じゃがいものすいとんも丁寧に作られているし、
梅のおにぎりも美味しくて大満足でした。

asameshi4

同僚(義人)は魚の甘辛煮がメインの日替わり定食を注文。
帰り道にその感想を聞くと、
こういう食事を毎日ゆっくりと食べれるといいね、
何よりもご飯が美味しいところが良い。
とのこと。よく分からないが満足した様子でした。

asameshi5

美味しいものにはいろんなベクトルがあると思いますが、
ここの食事はその一つの方向でしっかりと際立ったものだと思います。
お薦めできます。
「浅めし食堂」は月曜日から土曜日の午前11時半から午後1時半までの営業で、
日曜・祝日は定休日となっているのでご注意を。

by YOSHIHITO

掲載されている内容は取材当時の情報です。メニュー、料金、営業日など変更になっている可能性がありますので、最新の情報は店舗等に直接お問合せください。

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

鉄道青森岩木山尻屋埼宵宮横丁露天風呂青森県、色彩#桜りんご三内丸山遺跡白神山地毛豆寒立馬美術館最強毛豆決定戦妖怪#食ねぶた・ねぷた奥入瀬渓流絶景太宰治灯台青森土産きのこ鮟鱇JOMONトーク伝統芸能果物山菜・きのこウニ温泉ジオパーク津軽土産アニメあんこう万年筆えんぶりカフェ・レストラン米・パン・穀物津軽海峡自転車ガイドパッケージ買いクラフト風間浦鮟鱇ステンドグラス建物お酒寿司白神山地周辺津軽弁金魚イベントハンドメイド#郷土料理#青森グルメラーメン野菜居酒屋・バーカレー缶バッジおにぎり海藻唐揚げ#お家ごはん中華料理スイーツ魚介種差海岸まつりカンバッジうにぎりわかめ和栗インバウンド#料理エビチャーハンまち歩き肉・卵十和田湖アクティビティおみやげ岩のりe-sportsスタンプお家でシリーズBUNACO白神山地体験レポート伝統工芸田んぼアートマグロお土産津軽弁缶バッジ寒海苔お盆スーパー植物#だし青森県郷土料理三味線ご当地蔦沼寺山修司カフェ迎え火・送り火ハンコ担々麺#アートアウトドアツアー歴史・文化紅葉新緑八戸ブックセンターコーヒー嶽きみコケシ辛い#青森県立美術館自然アートランチライトアップイルカプリン熱帯魚クリスマス種差#自然グルメ弘前公園陸奥湾おやき焼き鳥グランピング#エビの釣り堀食堂ブナコ弘前城フェリー三社大祭日記雪見温泉月見#釣りヒバ津軽八甲田尻屋埼灯台館花岸壁朝市ポップアナログレコード#手帳

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ