まるごと青森

twitter facebook rss
「佐井村」×「丼」=「大満足」

「佐井村」×「丼」=「大満足」

グルメ | 2007-07-19 08:04

懐に陸奥湾を抱く青森県の地形は面白く、
地図で直線距離を測るとけっこう近いところにある佐井村ですが、
陸路の時間距離となると青森市から4時間弱の遠いところ。

この時間距離を縮めてくれるのが「高速旅客船ほくと」です。
総トン数90トン、最大速力25ノット、旅客定員126名のこの船は、
青森・佐井間を約2時間30分弱でつないでくれます。
運が良ければイルカを見ることもできるし、
仏ヶ浦付近のビューポイントでは速度を落としてくれるので、
この上なく楽しい船旅を満喫できる…はずでした。

「佐井村」×「丼」=「大満足」

この日はけっこう浪が高く、
「ほくと」の船体は右に左に上に下に揺れまくり。
一緒に揺れる私は出航10分ほどで酔いそうになり、
その後は佐井までひたすら眠るのみでした。
したがって景色的なものを楽しむゆとりは全くなく、
とてももったいないことをしてしまいました。

佐井に着いたのはちょうど12時、まさにお昼どき。
以前から気になっていた”縫道(ぬいどう)食堂”へ向かいます。
“縫道食堂”は佐井村福浦地区の国道338号線沿いにある小さな食堂ですが、
その実力は驚くべきものでした。

sai×don2

総勢13人の団体だったのですが、
注文は「うに丼(1,500円)」「三色丼(2,000円)」「歌舞伎丼(1,000円)」に集中。
出来上がりを待っていると、トイレに立っていたT氏が、
「ちょっとちょっと。なんかすごい”うに丼”だよ」と興奮気味に戻ってきました。
ほどなく出来てきた”うに丼”は本当にすごい”うに丼”で、
ご飯の上に隙間無くうにが敷き詰められ、
見た目には100%ご飯の存在を確認できないほどでした。

sai×don3

続いて運ばれた”三色丼”は、
うに2分の1、あわび4分の1、いくら4分の1で構成された非常に豪華なもの。
S氏はこれをどういう配分で食べるかに相当苦慮し、
最終的には「うに、うに、いくら、あわび」で決着した様子。
贅沢な悩みを抱えてしまうどんぶりでした。

sai×don4

最後に運ばれたのは”歌舞伎丼”。
うに、あわび、いくら、いかの四色丼で、
見た目こそ他に比べると若干インパクトが小さいですが、
驚くべきはそのコストパフォーマンス。
1,000円でこのクォリティーというものはまずお目にかかれないでしょう。

sai×don5

さらにみんなが驚いたのはそのセット内容。
刺身2品、小鉢3品に味噌がセットでついてくるのです。
これはもう定食クラスで、丼を白ご飯に置き換えて1,500円くらいで出しても、
それはそれで成立してしまいそうな感じです。

下北は遠いというイメージが先行してしまいますが、
ひとたびそこに行ってしまえば、
それまでの時間を忘れさせてくれる満足を与えてくれます。
縫道食堂”、本当に良い食堂でした。

by YOSHIHITO

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅