まるごと青森

オステリア デル ボルゴ

オステリア デル ボルゴ

グルメ | 2007-07-18 08:06

食材王国あおもりの八戸イタリアン

この「まるごと青森ブログ」では、これまで青森県の観光だけではなく、数々の農林水産物などの特選素材もご紹介してきました。

その中でもちょうど去年の今頃、大畑町の海峡サーモンを調べていた義人が、生産者の方にいろいろとお話を伺っていると、「コチラでなら食べられますよ」とご紹介いただいたのが、ここイタリアンレストラン ボルゴでした。

以前から「いつかは伺おう」と思いながら、なかなか伺えずにいたコチラ。
でもシェフのブログは欠かさずチェックしながら、時折コメントを書いたり、とチャンスを伺っていましたが、ようやく先日、念願のシェフのお料理をいただき、お話しすることができました。

オステリア デル ボルゴ

滝沢シェフは野辺地町のご出身。
高校時代から食堂などでのアルバイトで料理づくりには携わってきていましたが、バイク好きが高じ、東京に出て、マウンテンバイクレースに没頭する日々だったそうです。
そしてこの世界で高いレベルにまで達していきますが、練習中に事故。
大けがをしてしまいます。

目標を失った大きな失意の中、どん底だったという時期。
そんな時、テレビに映っていたのが、料理を作っている楽しそうなイタリア人シェフの姿。
人生をおおらかに楽しむその姿。
徐々に惹かれていきます。

もともと好きだった料理の世界。
その世界に身を投じようと決意。
そのためのさまざまな準備をし、満を持して2000年6月渡伊。
一番最後までいたピエモンテ州も含め、約4年。
師匠と仰ぐイタリア人シェフとの出会いもあり、濃密な修行を経て、帰国します。

そして、東北新幹線が延伸し、賑わいの増すここJR八戸駅の西口に、縁あって土地建物を貸してくださる方があり、2004年9月、念願のオーナーシェフ店 オステリア デル ボルゴを開きます。

滝沢シェフが求めたものは、食材。
イタリアにあるものではなく、この土地のホンモノの食材です。
大畑町の海峡サーモンに出会い、
六戸町の大西ハーブ園に出会い、
新郷村の飲むヨーグルト、その素材の牛乳に出会い、
そしておいらせ町の銀の鴨に出会っていきます。

地元の食材が地元の人によりイタリアンという技が組み合わされて「料理」となる。
前に前にと進む彼の周りには素敵な仲間達が集まってきました。

義人とワタシはランチタイムに。
この日は私達のために、それぞれ違うメニューを準備してくださいました。
まずは、
義人には「海峡サーモンのマリネ ヨーグルトソース」

deruborugo2

滝沢シェフのハンドルネームhideさんと出会ったきっかけの食材。
もちろんソースのヨーグルトはあの新郷村のプレーンのヨーグルトです。
しっかりした食感がありながら、トロリとした海峡サーモンの特徴を引き出した逸品。
そのままでガブリ。パンに載せてまたガブリ。

ワタシには「銀の鴨スペシャル」!!

deruborugo3

手前から時計回りで、「胸肉の生ハム」「もも肉の生ハム」
「心臓のスモーク」「うで肉とネックのテリーヌ」「もも肉と心臓とレバーのモルタデッラ」。
真ん中には、お口をリセットしてくれるオリジナルのピクルスたち。

秀逸のフランス鴨の生ハムは噛むほどに滋味溢れ、心臓スモークはまさに産地が生んだ奇跡のよう。テリーヌはシェフの腕と相まって極上の味に。モルタデッラに至っては、これと赤ワインを持ってどこかに逃げたくなってしまいたいほどの野趣あふれる至極の一品。
ランチであることが悔やまれて・・。

パスタ。
銀の鴨の当たらなかった義人には、「タリアテッレ 銀の鴨のラグー」。

deruborugo4

そして銀の鴨がスペシャルだったワタシには、「トレネッテ ペストジェノベーゼ」。

deruborugo5

どちらもチーズとの絡みがまた、堪りません。

そしてドルチェは、
「新郷村の飲むヨーグルトプレミアムジェラート いちごソース添え」。

deruborugo6

これにはビックリしました。
あの新郷村の飲むヨーグルトプレミアムのトロリ感とコクと自然の甘さがそのままドルチェに。
滝沢シェフもこの特有の持ち味を生かすのに試行錯誤したのだとか。
最高のランチになりました。

9月で満3年となり、ようやく落ち着いてきた滝沢シェフ。
これから本格的にいろいろなことにチャレンジしそうです。
ますます目が離せません(笑)
駅西口徒歩5~6分。 また行きたいなと思わせる素敵なひとときでした。
byなおき

オステリア・デル・ボルゴ
場所八戸市尻内町直田5-7
TEL0178-27-2210
時間定休: 毎週日曜 第1・3月曜日 不定休あり
その他前日まで要予約

掲載されている内容は取材当時の情報です。メニュー、料金、営業日など変更になっている可能性がありますので、最新の情報は店舗等に直接お問合せください。

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

鉄道青森岩木山尻屋埼宵宮横丁露天風呂青森県、色彩#桜りんご三内丸山遺跡白神山地毛豆寒立馬美術館最強毛豆決定戦妖怪#食ねぶた・ねぷた奥入瀬渓流絶景太宰治灯台青森土産きのこ鮟鱇JOMONトーク伝統芸能果物山菜・きのこウニ温泉ジオパーク津軽土産アニメあんこう万年筆えんぶりカフェ・レストラン米・パン・穀物津軽海峡自転車ガイドパッケージ買いクラフト風間浦鮟鱇ステンドグラス建物お酒寿司白神山地周辺津軽弁金魚イベントハンドメイド#郷土料理#青森グルメラーメン野菜居酒屋・バーカレー缶バッジおにぎり海藻唐揚げ#お家ごはん中華料理スイーツ魚介種差海岸まつりカンバッジうにぎりわかめ和栗インバウンド#料理エビチャーハンまち歩き肉・卵十和田湖アクティビティおみやげ岩のりe-sportsスタンプお家でシリーズBUNACO白神山地体験レポート伝統工芸田んぼアートマグロお土産津軽弁缶バッジ寒海苔お盆スーパー植物#だし青森県郷土料理三味線ご当地蔦沼寺山修司カフェ迎え火・送り火ハンコ担々麺#アートアウトドアツアー歴史・文化紅葉新緑八戸ブックセンターコーヒー嶽きみコケシ辛い#青森県立美術館#サウナ自然アートランチライトアップイルカプリン熱帯魚クリスマス種差#自然#八甲田山グルメ弘前公園陸奥湾おやき焼き鳥グランピング#エビの釣り堀食堂ブナコ弘前城フェリー三社大祭日記雪見温泉月見#釣りヒバ津軽八甲田尻屋埼灯台館花岸壁朝市ポップアナログレコード#手帳

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ