まるごと青森

twitter facebook rss
まるごと青森の「バナナ最中研究所」

まるごと青森の「バナナ最中研究所」

特産品・お土産 | 2007-07-10 08:19

知っている人には有名な話ですが、
青森は1世帯あたりのバナナ購入金額が日本一の県庁所在地。
りんご産地でなぜバナナ?
遠い南国の食べ物だからこそバナナに対する憧れが大きかったのでしょうか。
津軽地方では昔から「花見の三大食べ物(トゲクリガニ、ガサエビ、バナナ)」に数えられ、
さらに「バナナ最中」という独自の菓子文化を形成するほど愛されてきました。

まるごと青森の「バナナ最中研究所」

くどいようですが今回もバナナ最中が本題なのです(笑)。
バナナ型の最中の皮にバナナ風味の白餡を詰め込んだ「バナナ最中」は、
バナナがまだまだ高価な果実だった昔、
この香りと甘味を手頃な菓子にできたら喜ばれるだろうと、
津軽の菓子職人達が苦労の末に作り出した郷土菓子です。

津軽と秋田県北に残る菓子文化「バナナ最中」は、
このブログで3度にわたって紹介してきました。
1回目は、青森市内、弘前市内で販売されている4種類のバナナ最中を
2回目は、うさぎねこ52さんのお力を借りて秋田県大館市のバナナ最中を
3回目は、鰺ヶ沢町で偶然見つけた県内5つ目となるバナナ最中を紹介しております。

そしたら先日、”まとい”さんから、
板柳駅通りの「ふくや」にもバナナ最中があるというコメントが・・・。
早速、先週の土曜日に行ってまいりましたよ~。
バーン!これがふくや菓子舗さんのバナナ最中です。

banamonakenkyu2

詳しいお話は聞けなかったのですが、
ふくやさんではかれこれ50年前からつくっているのだそうです。
シンプルで薄~い無地のカワに、ホクホクでネットリした黄色い餡がたっぷり。
もちろんバナナ風味なのですが、白餡としてかなり上質な甘味と舌触りで、
口の中でサラサラと溶けていく食感にふくやさんの歴史を感じずにはいられませんでした。

帰ろうと思って車を走らせていると、ちょっと気になる古い看板の和菓子店が・・・。
近くのJAに車を停めてそのお店をのぞくと、なんと!ここにもバナナ最中があったのです。
それが柿崎菓子店さんのバナナ最中。こちらです。

banamonakenkyu3

バナナの香りは抑えられているようでしたが、
あげた(上顎)にへばりつくカワに、
バナナ味が強いアイボリーのホクホク餡がしっかり。
どちらのバナナ最中も、津軽バナナ最中文化を継承した立派なバナナ最中でした(笑)。

この津軽地方には、
私たちの知らないバナナ最中がまだありそうな気がしてなりません。
4店しかないと思っていたのに、県内だけでもう7店も・・・。
と、いうことで、まだ見ぬバナナ最中探求のため、
『まるごとバナナ最中研究所(MBM研究所)』を開設いたします!(笑)
バナナ最中を見かけたらぜひコメントにてお知らせください。
よろしくお願いいたします。 by義人

ふくや菓子舗 1本105円
 板柳町福野田字実田40-1 0172-73-2662
■柿崎菓子店 1本90円
 板柳町福野田字実田89-2 0172-73-3384

ふくや菓子舗 (板柳町福野田字実田40-1) 柿崎菓子店 (板柳町福野田字実田89-2)
場所板柳町福野田字実田40-1
TELふくや菓子舗 0172-73-2662 柿崎菓子店 1本90円  板柳町福野田字実田89-2 0172-73-3384
料金ふくや菓子舗 1本105円
柿崎菓子店 1本90円

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅