まるごと青森

twitter facebook rss
富田飯店

富田飯店

グルメ | 2007-09-25 10:20

ひさしぶりに弘前でランチ。

行きたいところがありすぎて困ってしまうこの町。
おいしいと評判のお店。
最近できた注目のお店。  ・・・でも、
この町にはワタシなりのノスタルジーもあって、これらのお店を振り切って、中三のみそラーメンすらも振り切って、来ましたコチラ。

「富田飯店」。

tomitahanten

高校生の頃から、コチラのチャーハンが好きで、チャンスがあれば寄っていたコチラ。
大学生に混じって小さくなって食べていました。

盛りのよさと安心価格。
そしてそれに負けないクオリティ。

急にワタシの中でノスタルジーが渦を巻き、当初の選択肢に全くなかったコチラに直行。
ウルトラ久しぶり。
懐かしさに口元もなぜか緩んでしまいます。
単品のメニューはもちろんたくさんあるのですが、カウンターの上には、学生の胃袋を満たしてきたたくさんのラインナップが。
あぁ~、・・・迷う。

tomitahanten2

☆マーチャン(マーボ+チャーハン+支那そば)
 ・・・ここのマーボ美味しんだよなぁ。しかもチャーハンと支那そばもセットだよなぁ。
 ・・・ホント、「楽しいなセット」だよなぁ。あぁ~、どうしよう?
☆唐揚チャン(唐揚+チャーハン)
 ・・・そうだった。ここの唐揚も名物だったなぁ。しかもチャーハンとセット。
 ・・・ホント、「えがおだなぁ」(笑)
☆大満腹第1弾(ホイコーロ+ラーメン+ぎょうざ+ライス)
 ・・・あのホイコーロのセットがあるじゃん。しかもこのセットボリューム。
 ・・・どうしょう? このシズル感。 でも完食できるかなぁ?
☆大満腹第2弾(唐揚+ラーメン+マーボ+ライス)
 ・・・Woow、唐揚にマーボまでセット♪ どうしょう?どうしょう?
 ・・・あ~あ。もうどれでもいいから早く食べたくなってきた!!
☆スブチャン(スブタ+チャーハン)
 ・・・あの頃、やけに憧れていたスブタ。しかもこれにあのチャーハン。
 ・・・もう全部食べちゃいたい(笑)

こんな心の中のすさまじい葛藤。
ですが、今度いつ来れるかな、と思った瞬間に、ワタシの中ではこのランチに1500カロリーを捧げても後悔はしない!という誓いが生まれ、無意識のように言葉を発していました。

「第1弾!」

そして心の中では料理が来たときの段取りが始まります。
「ホイコーロ」。
この甘辛みそでご飯はペロリだよな。
しかもギョーザが来ちゃうから、先にラーメンの麺を攻略して、次にご飯中心でゆっくりと行こうかな、なんてある程度構想が整うと、なんかようやく落ち着いたような気持ちになり、辺りを見回す余裕ができたり。

(ひさしぶりにランチで興奮してしまいました・笑)

そして第1弾がテーブルへ。

富田飯店

このボリューム。
予想通り2食分(笑)
この艶ありのホイコーロ。この香り。
写真撮影そこそこで段取りに従い、ホイコーロ食べたさに、もの凄い勢いでラーメンを食べきります。噛まずに飲み込むような怒濤の姿勢は、「おいおい、ちょっと待て、落ち着け」と思わず自分を抑えてしまうほど。
ぎょうざに箸を付け、小休止。
我慢ができないワタシにちょっとだけご褒美。
ホイコーロのキャベツを一枚。

tomitahanten4

ぐ~っ!記憶の中のあの味~!
その後から、一気に完食の道へ。

「あの味に会いたくてこの町に。」

心の中のあの味には、”想い出”という調味料が加わって、ことのほか堪らないもの。
記憶の中のあのチャーハンはこの次に必ずです。
byなおき

富田飯店
場所弘前市富田二丁目3-3
TEL0172-34-6300
時間11:00~16:00
17:30~22:00
定休: 毎週月曜日

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅