まるごと青森

twitter facebook rss
"味噌おにぎり"と私

“味噌おにぎり”と私

グルメ | 2007-09-11 10:36

"味噌おにぎり"と私

私は「おにぎり」が好きです。
コンビニおにぎりも嫌いではありませんが、
やはり人の手で握られたものは最高です。

農産物に詳しく、ご飯にとてもうるさいNさんという方は、
「おにぎり」とは信頼の食べ物だと言います。
直接、人の手で握られ、加熱・殺菌という行為が介在しない「おにぎり」は、
作り手に対する信頼がないと美味しく食べることはできないのだそうです。
言われてみると確かにその通りで、
一番美味しかった「おにぎり」って、
やっぱり母親が作ってくれたものだと思いませんか?

そんな私が一番好きな「おにぎり」は何かと言うと”味噌おにぎり”。
おにぎりを握り、手に味噌をとっておにぎりの全体に塗りつけ、
うっすらと味噌の色をしたおにぎりをそのまま食べると、
味噌の甘くてコクのある味がご飯にぴったり。
考えてみると、生の味噌でご飯を食べる機会って少ないんですよね。

“味噌おにぎり”をネットで調べてみると、
けっこう面白い事実が分かります。
一つは、ヒットするものの多くは味噌をつけて焼いたものや、
大葉味噌などのように味付けが施されたものを、
中に入れる具材として使ったり、片面だけなど一部に塗ったもので、
おにぎり全面にただの味噌を塗り、
そのまま食べるというのはあまり見かけません。

そして、あまり見かけない”味噌おにぎり”ですが、
たまにこれに触れているページもあって、
その多くが「実はこれが美味しい」「母や祖母がよく作ってくれた」など、
我が家の隠れメニュー的に紹介しており、
その美味しさに自信をもっています。
また、決して一部の地域の食べ物ではなく、
けっこうみんな食べたことがあることも分かります。

私も”味噌おにぎり”はローカル色の強いものだと思っていましたが、
考えてみれば、味噌をつけた焼きおにぎりがスタンダードであるのですから、
その前身である焼かない状態もまたポピュラーであって当たり前。
それでも、これを郷土の味、母の味と錯覚させてしまう素朴さが、
“味噌おにぎり”にはあって、今も大好きな「おにぎり」です。

具はもちろん青森スタンダードのすじこ。
「あっつうまんまにすじこ(熱いご飯にすじこ)」は、
美味しい組み合わせを表す青森の言葉。
おにぎりの具がすじこだと何故か嬉しい気持ちになるのは、
青森人だからでしょうか?(笑)

by YOSHIHITO

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

ラーメンスイーツまち歩き伝統工芸郷土料理ツアー自然りんごねぶた・ねぷた果物カフェ・レストランお酒野菜魚介肉・卵田んぼアート三味線歴史・文化アート食堂ヒバ鉄道三内丸山遺跡奥入瀬渓流山菜・きのこ米・パン・穀物寿司居酒屋・バー種差海岸十和田湖マグロご当地紅葉ランチグルメ弘前ブナコ津軽白神山地絶景ウニ津軽海峡カレーお土産蔦沼新緑弘前公園弘前城八甲田岩木山毛豆太宰治温泉自転車津軽弁缶バッジカンバッジおみやげ津軽弁缶バッジ寺山修司八戸ブックセンターイルカ陸奥湾フェリー尻屋埼灯台尻屋埼寒立馬灯台ジオパークガイドおにぎりうにぎり岩のり寒海苔カフェコーヒープリンおやき三社大祭館花岸壁朝市宵宮美術館青森土産津軽土産パッケージ買い金魚海藻わかめe-sportsお盆迎え火・送り火嶽きみ熱帯魚日記ポップ横丁最強毛豆決定戦きのこアニメクラフトイベント唐揚げ和栗スタンプスーパーハンココケシクリスマス焼き鳥雪見温泉露天風呂鮟鱇あんこう風間浦鮟鱇ハンドメイドインバウンドお家でシリーズ植物担々麺辛い種差グランピング月見アナログレコード青森県、色彩妖怪JOMONトーク万年筆ステンドグラス#郷土料理#お家ごはん#料理BUNACO#だし

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅