まるごと青森

twitter facebook rss
"菜の花トラスト"をご存知ですか?

“菜の花トラスト”をご存知ですか?

特産品・お土産 | 2007-09-04 10:46

5月、黄色い菜の花が一面に咲く光景は、
日本人にとっての原風景の一つであり、
横浜町の日本一の菜の花畑の風景は実に素晴らしいもので、
この時期は多くの青森ブロガーのブログが黄色に染まります。

"菜の花トラスト"をご存知ですか?

菜の花(ナノハナ)はアブラナ科の植物で、
日本には奈良時代に伝わり、
平安時代に入ると照明用の菜種油として使われるようになりました。
江戸時代の行燈(アンドン)の普及とともに作付け面積も広がりましたが、
その後、電気の普及や国際競争の中で、
1956年~1957 年の26 万ha/32 万t をピークに、
現在の日本の作付け面積は約500haまで減少しました。

横浜町のナタネ栽培は、戦後、ジャガイモの裏作として始まり、
最盛期の1950年代後半には750ヘクタールの作付けとなりました。
その後、全国の傾向と同様に作付け面積は減少し、
平成元年には83haまで減少しましたが、
他の産地がそれ以上に減少していることもあって、
作付け面積日本一となりました。
横浜町の日本一の菜の花畑の誕生です。

ところが、いま、横浜町の菜の花はけっこう危機的な状況です。
日本一になったこともあって一時は200haまで持ち直した作付け面積も、
再び100ha前後まで落ち込んでしまい、、
2006年、2007年は日本一の座を明け渡しています。
また、これまでは国からの助成によって採算がとれていましたが、
これがなくなるのがほぼ確実で、
そうなると完全に赤字となってしまうため、
菜の花を作付けする農家がいなくなるのではないかと心配されています。

このような中、
貴重な日本の歴史的農村風景を今に残している
横浜町の菜の花を次世代に伝えるための活動をしているのが、
2002年3月に誕生したのが「菜の花トラストin横浜町」です。
全国から会員を募り、その会員からの寄付金により、
・菜の花作付けの農家委託、借地した農地での作付け
・親睦・交流を含めた農業体験活動
・横浜町産100%の菜種油の搾油・販売活動

などを行っています。

nanohanatorasuto2

現在のところ会員数は300人弱。
目標とする500人にはまだ及んでいませんし、
これからますます厳しい環境になる横浜町の菜の花畑を守っていくためには、
もっと多くの協力者が必要とされています。
年会費は3,000円ですが、会員になると、
年間1L分の横浜町産菜種による菜種油が贈られます。

実はこの菜種油がスゴイのですが、
そのことは、次回、”黄色い畑の贈りもの”の巻で紹介します。
菜の花トラストに関心のある方は、↓のHPもご覧になってみてください。
菜の花トラストin横浜町HP

by YOSHIHITO

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

食堂弘前毛豆寒立馬美術館最強毛豆決定戦妖怪ヒバブナコ太宰治灯台青森土産きのこ鮟鱇JOMONトーク鉄道津軽温泉ジオパーク津軽土産アニメあんこう万年筆りんご三内丸山遺跡白神山地自転車ガイドパッケージ買いクラフト風間浦鮟鱇ステンドグラスねぶた・ねぷた奥入瀬渓流絶景津軽弁金魚イベントハンドメイド#郷土料理果物山菜・きのこウニ缶バッジおにぎり海藻唐揚げ#お家ごはんカフェ・レストラン米・パン・穀物津軽海峡カンバッジうにぎりわかめ和栗インバウンド#料理お酒寿司カレーおみやげ岩のりe-sportsスタンプお家でシリーズBUNACOラーメン野菜居酒屋・バーアクティビティ津軽弁缶バッジ寒海苔お盆スーパー植物#だしスイーツ魚介種差海岸お土産寺山修司カフェ迎え火・送り火ハンコ担々麺#アートまち歩き肉・卵十和田湖蔦沼八戸ブックセンターコーヒー嶽きみコケシ辛い#青森県立美術館伝統工芸田んぼアートマグロ新緑イルカプリン熱帯魚クリスマス種差#自然郷土料理三味線ご当地弘前公園陸奥湾おやき焼き鳥グランピング#エビの釣り堀ツアー歴史・文化紅葉弘前城フェリー三社大祭日記雪見温泉月見#釣り自然アートランチ八甲田尻屋埼灯台館花岸壁朝市ポップアナログレコードグルメ岩木山尻屋埼宵宮横丁露天風呂青森県、色彩

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅