まるごと青森

twitter facebook rss
味噌カレー牛乳考察

味噌カレー牛乳考察

グルメ | 2007-12-26 16:16

青森市内で”味噌カレー牛乳”を食べられるお店、
いわゆるアジサポ系のお店は5店。
古川の「味の札幌大西」、
石江の「札幌館」、
新町の「味の札幌分店」、
油川の「蔵」、
筒井の「かわら」です。
これらの店はそれぞれに味の違いはあるものの、
基本的にはスタンダードな味の「大西」「札幌館」「かわら」、
個性的な味の「分店」「蔵」に大別されるように思います。
見た目で分かるところだけでも、
「分店」ではワカメとバターがいなかったり、
「蔵」では白ゴマが初期状態で投入されています。

油川(正確には羽白字沢田796-1)にある「蔵」は、
平成7年に開業した比較的新しいお店。
“味噌カレー牛乳”誕生以降に「味の札幌」に入店した
アジサポ第2世代・高橋さんのお店です。
高橋さんの作る”味噌カレー牛乳”をひとことで言えばマイルド。
ベースとなるスープをとにかくクリアに作るよう心がけており、
その上で加えられる味噌とカレーと牛乳の絶妙なバランスなのか、
その味は間違いなく”味噌カレー牛乳”なのですが、
実にまろやかでマイルドな仕上がりになっています。
まだ”味噌カレー牛乳”を食べたことのない人には特にお薦めです。

misokare-

また、このお店では店の特徴を出すために、
アジサポ系では必ず見かける「おろしにんにく」に他とは違うこだわりを持っています。
ここでは藤崎町常盤の農家が作ったにんにくを、
乾燥させる前にまとめて仕入れて保存。
青森に住んでいてもなかなか食べることのできない「生にんにくおろし」で提供しています。
こういうちょっとした心づくしは嬉しいものです。

misokare-2

アジサポ系にけっこう共通するのが、
それぞれのお店でオリジナルの辛口ラーメンを考案しているところ。
「蔵」にも蔵ラーメンというものがあります。
野菜の甘みを感じるマイルドなスープに浮かぶ辛味が良いアクセントになっています。

味噌カレー牛乳考察

青森に広がる”味噌カレー牛乳”文化。
面白すぎます。

by YOSHIHITO

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅