まるごと青森

あやしい苦味で虜にする魔性のいも 「トコロ」

あやしい苦味で虜にする魔性のいも 「トコロ」

グルメ | 2007-12-06 19:51

大雪に見舞われた今週のある日、
ある食べ物を探して南部地方に行ってきました。

おいしくないのが美味しい。
不快なのがうれしい。
そんな不思議な食べ物「トコロ」を探すためです。

トコロとはヤマノイモ科ヤマノイモ属の蔓性多年草。
茎は蔓になって伸び、葉は自然薯などヤマイモとよく似ています。
食用とするのは根茎(いもの部分)ですが、不規則に分かれてひげ根が多く、かなり苦味が強いため、植物図鑑には「食べられません」と書かれていることが多いとか・・・(笑)。

あやしい苦味で虜にする魔性のいも 「トコロ」

とは言え、トコロは「延喜式」や「和名抄」、江戸時代の「野菜総覧」にも登場するので、日本人はかつてかなり広くトコロを食べていたと思われ、江戸時代には小市民的な食べ物の中に入り込んでいたことがうかがえます。

日本の食文化の中から消えてしまったトコロ。
なんと、青森県の南部地方に、「トコロ」を食べる食文化が残っていました。
同じ青森県でも津軽地方では食べませんから面白いものですね。

南部地方では、木灰を入れた湯でコトコトと時間をかけて煮込み、冷ましたトコロをそのまま食べるのが普通です。
ひげ根はとりますが皮はそのまま。冷ましてから指の腹でこすると、おいしいものほど皮がスルッと剥けるのだそうです。

mashoimo2

ひと口目「うわっ!何コレ!!」
ふた口目「にげっ!(苦い!)」
三口目、四口目「・・・」
そしていつしか「大丈夫。苦くないかも。」(笑)

好きな人に言わせれば、
あの苦さと口中にまとわりつくような歯触りがたまらないようで、食べれば食べるほど美味しく感じるようになるのだそうです。

この地方に「トコロくずは残らない」という諺があります。
一度口にしたら、ただひたすら食べ続け、クズのような小さなトコロでも食べ残しがないという意味。まさに魔性のイモですね。

私は、不思議なイモ「トコロ」を見る度に、袋からトコロを取り出しては皮をむき、懸命に口に運んでいた小さな祖母の姿を思い浮かべてしまいます。
by 義人

掲載されている内容は取材当時の情報です。メニュー、料金、営業日など変更になっている可能性がありますので、最新の情報は店舗等に直接お問合せください。

タグ: 野菜南部

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

グルメ弘前公園陸奥湾おやき焼き鳥グランピング#エビの釣り堀食堂ブナコ弘前城フェリー三社大祭日記雪見温泉月見#釣りヒバ津軽八甲田尻屋埼灯台館花岸壁朝市ポップアナログレコード#手帳鉄道青森岩木山尻屋埼宵宮横丁露天風呂青森県、色彩#桜りんご三内丸山遺跡白神山地毛豆寒立馬美術館最強毛豆決定戦妖怪#食ねぶた・ねぷた奥入瀬渓流絶景太宰治灯台青森土産きのこ鮟鱇JOMONトーク伝統芸能果物山菜・きのこウニ温泉ジオパーク津軽土産アニメあんこう万年筆えんぶりカフェ・レストラン米・パン・穀物津軽海峡自転車ガイドパッケージ買いクラフト風間浦鮟鱇ステンドグラス建物お酒寿司白神山地周辺津軽弁金魚イベントハンドメイド#郷土料理#青森グルメラーメン野菜居酒屋・バーカレー缶バッジおにぎり海藻唐揚げ#お家ごはん中華料理スイーツ魚介種差海岸まつりカンバッジうにぎりわかめ和栗インバウンド#料理エビチャーハンまち歩き肉・卵十和田湖アクティビティおみやげ岩のりe-sportsスタンプお家でシリーズBUNACO白神山地体験レポート伝統工芸田んぼアートマグロお土産津軽弁缶バッジ寒海苔お盆スーパー植物#だし青森県郷土料理三味線ご当地蔦沼寺山修司カフェ迎え火・送り火ハンコ担々麺#アートアウトドアツアー歴史・文化紅葉新緑八戸ブックセンターコーヒー嶽きみコケシ辛い#青森県立美術館#サウナ自然アートランチライトアップイルカプリン熱帯魚クリスマス種差#自然#八甲田山

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ