まるごと青森

twitter facebook rss
フレンチレストラン 「ラ・ボスコ」

フレンチレストラン 「ラ・ボスコ」

グルメ | 2007-12-04 19:55

素敵なお店でしたよ 「La’ Bosco」

先日、雪と雪との合間のとっても天気のいい日にランチを取ろうとコチラに。
既に家人は地元の新聞で紹介された後、行ってきて絶賛していたのですが、ようやくワタシも行けました。

もともとは青森市桜川にあったコチラですが、今年5月に松原地区の方に移られたようです。

真っ赤なテント屋根とカラフルなLa’ Boscoの文字。

raposuko raposuko2

素敵な雰囲気です。
中に入っても落ち着きのある店内とたっぷりと陽射しが入った明るい雰囲気が心地イイ。

聞けばシェフは世界的な料理コンテストのメダリスト。
東京のご出身のシェフは、青森県の食材でフレンチを作りたいと県産食材こだわり、魚も下北から直接取り寄せているほど。

この日はBランチ(1680円)を。
前菜は子羊のラグー。

raposuko3

白いお皿の中は赤や緑に彩られていますが、いただくとピクルス。
しっとりとしたラグー。ピクルスのアクセントがとってもうれしい。
スープはワタシの大好きなクラムチャウダー。

raposuko4

クルトンパンを入れてしまってからあわててパシャリ。(よくあります)
パンももっちりふんわり。

そしてメイン。

フレンチレストラン 「ラ・ボスコ」

大きくパートが4つになっている素敵なプレート。
お肉はシェフの特製ソース。ジューシーでした。

raposuko6

ガルニにアピオスがあったのもシェフのこだわり。
対極には平目ムニエルとエビちゃん。
クルリと廻っていて、その中にはホタテちゃん。
ミディアムでしっとりとしていてナイスなコンビネーション。
そしてキッシュがあってと、充実の一皿。
デザートにとろーりとしたチョコケーキをいただき、もう満足満足。

県産材のこだわりにつよく惹かれた充実のランチ。
その割にはお値段もリーズナブル。夜も3500円からなのだとか。
とっても心地イイ店内で青森食材のフレンチをいただく贅沢なひとときでした。
アオモリ探検隊がいち早くルポしてました!)

byなおき

La' Bosco(ラ・ボスコ) ランチ:A980円 B1680円ほか ディナー:3500円~
場所青森県青森市松原2-15-34
TEL017-777-8389

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

ヒバブナコ岩木山尻屋埼宵宮横丁露天風呂青森県、色彩#桜鉄道津軽毛豆寒立馬美術館最強毛豆決定戦妖怪りんご三内丸山遺跡青森太宰治灯台青森土産きのこ鮟鱇JOMONトークねぶた・ねぷた奥入瀬渓流白神山地温泉ジオパーク津軽土産アニメあんこう万年筆果物山菜・きのこ絶景自転車ガイドパッケージ買いクラフト風間浦鮟鱇ステンドグラスカフェ・レストラン米・パン・穀物ウニ津軽弁金魚イベントハンドメイド#郷土料理お酒寿司津軽海峡缶バッジおにぎり海藻唐揚げ#お家ごはんラーメン野菜居酒屋・バーカレーカンバッジうにぎりわかめ和栗インバウンド#料理スイーツ魚介種差海岸アクティビティおみやげ岩のりe-sportsスタンプお家でシリーズBUNACOまち歩き肉・卵十和田湖お土産津軽弁缶バッジ寒海苔お盆スーパー植物#だし伝統工芸田んぼアートマグロ蔦沼寺山修司カフェ迎え火・送り火ハンコ担々麺#アート郷土料理三味線ご当地新緑八戸ブックセンターコーヒー嶽きみコケシ辛い#青森県立美術館ツアー歴史・文化紅葉ライトアップイルカプリン熱帯魚クリスマス種差#自然自然アートランチ弘前公園陸奥湾おやき焼き鳥グランピング#エビの釣り堀グルメ弘前城フェリー三社大祭日記雪見温泉月見#釣り食堂弘前八甲田尻屋埼灯台館花岸壁朝市ポップアナログレコード#手帳

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅