まるごと青森

twitter facebook rss
「中みそ」 津軽人が愛したみそラーメンの歴史<3>

「中みそ」 津軽人が愛したみそラーメンの歴史<3>

グルメ | 2008-03-11 11:16

【第3話 中みそを作り続けて三十余年】

五所川原と弘前の両店が賑わいを見せ、中みその味に行列ができる。

・・・・ですが、そんな時期も数年。
五所川原のみそラーメンテナントが昭和54年に閉店となります。
そしてここにコーヒーショップが開店されると、五所川原市民がこよなく愛した味噌ラーメンの味がそこでいったん消えてしまいます。(その後青森店にも出店・閉店があります。)

「中みそ」 津軽人が愛したみそラーメンの歴史<3>

一方、中三弘前店の地下のみそラーメンはその後も弘前市民を虜にしつづけ、地下店舗の中を移動しながら、客席を増やし、95年の弘前店の新築で、地下のフードコートの中心となり、130席の店舗内客席と40席の通路付近客席を持つに至ります。

それでも昼には満席となるほどのパワーを秘めた、今や市民のソウルフードといっても過言でない「みそラーメン」。
親子3代に渡ってファンを持つ逸品となっています。

「中みそ」 津軽人が愛したみそラーメンの歴史<3>

須藤イエさんは、中三弘前店でみそラーメンを出してから2年後の昭和48年からこの仕事に携わります。
30年間作り続けている須藤さん。
今でもリーダーとしてその中心にいます。

ずっと中みその真ん中にいた、言わば「中みその母」。

← 写真 中みその「母」 須藤さん

中三地下のみそラーメンは、中華鍋に高熱の火をかけ、肉や野菜などを炒め、スープを投入し、みそを溶き、味付けを行い、野菜を入れてスープを作ります。
別鍋でバリ堅に茹でた中細麺をどんぶりに上げ、その上から中華鍋のスープと野菜を投入し、完成させます。

「中みそ」 津軽人が愛したみそラーメンの歴史<3>↑写真 手づくりだからこそ、丼一つひとつにも「個性」と「顔」が生まれます。

一つの中華鍋でできるのは僅か8人分。
この中華鍋を2つ使い、交互に作っていきます。

須藤さんはたくさんのファンがお昼にいっぺんにやってくるので、とにかく早く出すことに力を注いでいます。
伝票が20枚以上並ぶこともしばしばあるのに、中華鍋は2つ。
しかしそれ以上の鍋があっても一人では作られないのだとか。

「中みそ」 津軽人が愛したみそラーメンの歴史<3>

特にお盆や正月、ねぷたなどの期間にはふるさとのこのソウルフード「中みそ」を一度は食べて帰りたい、と懐かしんで、普段の倍以上の人がやってきます。
たった8人分しかできないあの中華鍋で最大で一日900食を作ったこともある、というから驚きです。

30年作り続ける須藤さん。
その間にはいろいろなことがありましたが、中でも今から6年ほど前、お昼の時間帯が終わりホッとしていると、デパートのお花屋さんが花束を持ってきたのだそうです。
花屋さんは、お客様にこれを須藤さんに渡して欲しい、というお願いをされたようで、花束の中にはメッセージがありました。
「美味しくいただきました。とても元気がつきました。」
こうした感謝の言葉をかけてくれるお客様に、須藤さんはとても感激したのだそうです。

一方昭和54年に店を閉めた五所川原。
しかし市民があの味を忘れたわけではありません。

「中みそ」 津軽人が愛したみそラーメンの歴史<3>↑ 写真 あの味を受け継ぐ五所川原のみそラーメン
左 グリルストウ 五所川原市広田字榊森47-3 0173-35-8832
右 居酒屋 儀 五所川原市本町27-1 0173-39-2230

当時からレシピを従業員に平等に公開していたこともあり、そのレシピをモチーフに今でも五所川原の「中みそ」を彷彿させるラーメンを作っているところがあります。
五所川原でもみそラーメンの原点はデパ地下のあの味なのです。 (完)
byなおき

〔バックナンバー〕
第1話 「中みそ」 津軽人が愛したみそラーメンの歴史<1>
第2話 「中みそ」 津軽人が愛したみそラーメンの歴史<2>

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅