まるごと青森

「鄙亀」

大好きなお酒「鄙亀」

特産品・お土産 | 2008-03-19 16:33

青森県は本当に日本酒が美味しいところです。
田酒や豊盃は全国ブランドとして名を知られ、
プレミアが付くほどの人気ですが、
他にも美味しいお酒が数多くあります。
・・・・・・・・・・
数年前に焼酎ブームが到来し、
いわゆる乙類焼酎の美味しさが世に知れると、
何となく日本酒に飽きていた私も焼酎を飲むようになりました。
そして2年前、ある人と出会うことになるのですが、
その人は津軽の地酒をこよなく愛する人で、
自分はこういう酒が好きなんだと私に一杯のお酒を勧めてくれました。
それが「鄙亀」というお酒です。

「鄙亀」

この「鄙亀」を飲んだ時は驚きました。
もともとそれほど大したお酒を飲んでいた訳ではありませんが、
「鄙亀」は自分の日本酒観を変えるほどの説得力がありました。
口に含むと日本酒の力強い風味が広まり、
飲むとすーっと流れ落ちるように切れていきます。
それ自体で味が完結しているため、
これだけあれば何もいらない、そんな風に感じるお酒。
日本酒って旨いなと心に浸みてくるようなお酒でした。
・・・・・・・・・・
「鄙亀」は弘前市にある石場屋酒店の店主が、
津軽の蔵を巡り歩き、自分がこれだと思った酒を買い付け、
オリジナルの名前で販売しているお酒です。
日本酒の本来の姿として純米・無濾過・原酒を好む店主の理想型であり、
津軽の地酒のあるべき一つの姿を示したもののようにも思えます。

津軽の人は味の濃いものを好むと言われますが、
津軽の濃い味付けには一時期流行った淡麗辛口は物足りなく、
それ故に味の濃い、まるで米を飲むようなお酒こそが似合います。
そしてそれが津軽の地酒のような気がします。
・・・・・・・・・・
青森県が開発した酒米に「華吹雪」という米があります。
「鄙亀」もこの米を使って作られたお酒です。
最近、日本酒に関するホームページを調べていたら、
酒米の王様「山田錦」、幻の米「亀の尾」、
そしてこの「華吹雪」を代表的な酒米と紹介していたページがあり、
これには嬉しい気持ちになりました。

by YOSHIHITO

掲載されている内容は取材当時の情報です。メニュー、料金、営業日など変更になっている可能性がありますので、最新の情報は店舗等に直接お問合せください。

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

津軽土産アニメあんこう万年筆えんぶり果物山菜・きのこウニ温泉ジオパークパッケージ買いクラフト風間浦鮟鱇ステンドグラス建物カフェ・レストラン米・パン・穀物津軽海峡自転車ガイド金魚イベントハンドメイド#郷土料理#青森グルメお酒寿司白神山地周辺津軽弁海藻唐揚げ#お家ごはん中華料理ラーメン野菜居酒屋・バーカレー缶バッジおにぎりわかめ和栗インバウンド#料理エビチャーハンスイーツ魚介種差海岸まつりカンバッジうにぎりe-sportsスタンプお家でシリーズBUNACO白神山地体験レポートまち歩き肉・卵十和田湖アクティビティおみやげ岩のりお盆スーパー植物#だし青森県伝統工芸田んぼアートマグロお土産津軽弁缶バッジ寒海苔迎え火・送り火ハンコ担々麺#アートアウトドア郷土料理三味線ご当地蔦沼寺山修司カフェ嶽きみコケシ辛い#青森県立美術館#サウナツアー歴史・文化紅葉新緑八戸ブックセンターコーヒー熱帯魚クリスマス種差#自然#八甲田山自然アートランチライトアップイルカプリン焼き鳥グランピング#エビの釣り堀グルメ弘前公園陸奥湾おやき日記雪見温泉月見#釣り食堂ブナコ弘前城フェリー三社大祭ポップアナログレコード#手帳ヒバ津軽八甲田尻屋埼灯台館花岸壁朝市横丁露天風呂青森県、色彩#桜鉄道青森岩木山尻屋埼宵宮最強毛豆決定戦妖怪#食りんご三内丸山遺跡白神山地毛豆寒立馬美術館きのこ鮟鱇JOMONトーク伝統芸能ねぶた・ねぷた奥入瀬渓流絶景太宰治灯台青森土産

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ