まるごと青森

twitter facebook rss
入ます亭

うまい!安い!青森の幸せなお店 入ます亭

グルメ | 2008-05-23 15:14

「旅の楽しみ」は人それぞれ。
美しい自然を訪ねる、地域に根ざした祭りや文化に触れる、名湯・秘湯でくつろぐ…等々。
そしてどんな旅でも共通する楽しみが「食」ではないでしょうか。
風土に育まれた郷土の味は、旅の記憶を一層鮮やかに彩ることと思います。

“せっかくだから”と、少し贅沢するのも良いでしょう。
でも、「安くて美味しい店がいいなぁ…」と、ちょっとわがままを言いたくなることもあるはず。
青森には、そんなわがままを聞いてくれちゃうお店も”ちゃあんと”あります。

お店の名前は「入ます亭」。
青森市役所にほど近い場所にあるこのお店は、地元の人もたくさん訪れる人気店です。

入ます亭

人気の秘密は、地元の旬の食材を活かした豊富なメニュー!
…にもありますが、何といっても「まる特 お任せコース」でしょう。
その日入った食材を使った日替わりコースが、”たったの”2100円~でいただくことが出来ます。
しかも2名以上で、お店に入ってからでも頼めるという太っ腹ぶり。

ではさっそく…「お任せ、お願いしま~す!」

この日のお通しはマグロの山かけ、アンコウのともあえ。
ともあえは地元で「あんとも」などと呼びますが、アンコウの肝に皮や身を加え、
味噌と合わせたものです。
こういう食べ方は青森以外では珍しいかもしれませんが、お酒によく合います。

入ます亭

次いでお刺身の盛り合わせ。(写真は二人前)
ホタテ、マグロ、イカ(&ゲソ)、サーモン、つぶ、うに。
これだけでも普通のお店なら結構なお値段がしそうです。
青森の海が育んだ贅沢な幸を、青森の水と米が育んだ銘酒とあわせていただけば…
あっ、青森が見える!(あれっ?最初から青森にいましたっけ(^^ゞ)

入ます亭

気を取り直して生ガキ、がさえび(シャコ)。
がさえびは、見た目はちょっとグロテスクかもしれませんが、青森ではクリガニと並んで「花見に欠かせない!」旬の一品です。
(※お店を訪問したのは4月下旬でした)
その後さらにホタテ貝のバター焼(コキール)、ホッケ生干し焼、フライドポテト。
ここまでがぜ~んぶで「まる特」コースです。

ん~、堪能いたしました!

地元の人が普段入っても大満足、旅人が青森の気分を味わうにもとってもオトク。
こんなお店で仲間とゆっくり話ができるって、青森は結構幸せな街だよなぁ…と、
コースの終わりと共にお酒で「いっちょあがった」頭でふと、思ったりするのでした。

入ます亭

by くどぱん!

■入ます亭(いりますてい)
 青森市本町1-3-11 山谷ビル 1F
 TEL.017-773-6311
 営業時間:17:00~22:00
 定休日:無休(土~月曜が祝日の場合翌日休)

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅