まるごと青森

ゆぱんき

ゆぱんき リニューアルOPENから2ヶ月

グルメ | 2008-06-30 08:42

今年、4月29日(祝)にニューアル・オープンした「ゆぱんき」
弘前の最勝院五重塔の横の細い道を入っていくと、そのお店はあります。

ゆぱんき

何度かオーナーが変わりながらも、およそ30年前から、
ここで常連客に愛されながら静かに時を刻んできたお店。

常連さんのお話では、現在の山崎彩子さんで
おそらく6代目のオーナーではないかと言われているそうです。

昨年の夏から秋頃、前店長の時から、
「ゆぱんき」を気に入って通っていた山崎さん。
前店長が店を閉めることになったことをきっかけに、
今年3月でなんとそれまでのお仕事を辞め、
一からこつこつとしかもスピーディーに!?準備し、
約2ヶ月間でリニューアル・オープンに漕ぎ付けました。

ゆぱんき

山崎さんは、2年前の奈良美智さんの展覧会「AtoZ展」で
カフェのボランティアを企画段階からやっていて、
気が付いたらその中心人物になっていたんだそうです。
その時の仲間に飲食関係の人も多く、
飲食店で働いてみたいと思うようになり、
縁あって、ここ「ゆぱんき」でお店をやることに。

お店で使っている器は、harappaで知り合った高橋由佳さんの作品。
店内にディスプレイもされていました。

ゆぱんき

ロゴマークはお料理ユニット・Gomaさん、
それを看板やフライヤーにデザインしたのが県立美術館スタッフの乗田菜々美さん、
と、ひとつひとつこだわりながら、大切な仲間と手作りで始めたお店。

ゆぱんき

山崎さんが、お店のロゴに選んだのは猫。
実際に猫を飼っているほど猫好きな山崎さんは、
ロゴには好きなものを取り入れたいという理由から、
猫とAtoZ展の小屋をモチーフにしたデザインをGomaさんにお願いしました。
Gomaさんは、人気のお料理ユニットなだけに、
引き受けてもらえないだろうなと思っていましたが、なんと快諾!
そのきっかけも昨年秋に百石展示館で開催されたGomaさんのイベントに、
自ら懇願して手伝わせてもらったことにあります。
その時に、将来、飲食の仕事をしたいということをGomaさんに告白したところ、
応援してくれるようになり、なんと東京のアトリエにも招待されるまでに。

そうして実現した大切なお店。
メニューも、料理も、配膳も、食器洗いも全て山崎さんがひとりでやっています。

ゆぱんき

食材は、地元の直売所から、無農薬か低農薬の野菜を仕入れており、
市内から岩木山あたりまでの範囲の野菜で季節感たっぷり。
ちなみにこの日の日替わり「おひるごはん きょうのゆぱんき定食」は、
 あさりの炊き込みご飯

ゆぱんき

 竹の子の鶏団子スープ
 なすの南蛮漬け
 いんげんの胡麻和え
 かぶの千枚漬け
 にんじんのサラダ
 ほうれん草とお豆腐のキッシュ

ゆぱんき

で、なんと850円!!

コーヒーは注文されてからゴロゴロと豆を挽いてくれる挽き立て。
豆は、山崎さんが大好きな石川県能登半島の二三味コーヒーショップから
仕入れているというこだわりよう。
ひとつひとつ丁寧に自分の好きな心地よいものを選んで
出してくれているということが、お客様にも伝わってくるんですよね~。

ゆぱんき

コーヒーに添えられているつぶつぶビスケットは、
猫のかたちをしていて食べるのがもったいないくらい可愛い!!

山崎さんは「お客様に恵まれている」と謙遜して話してくれますが、
山崎さんのゆったり、ほんわかした人柄と、希望を叶えてしまう不思議な力に惹かれ、
お客様が訪れているんだろうな~と感じました。
何から何までひとりでこなしていて、忙しいはずなのに、
お店の空気はゆるやかに流れていて、時間を忘れさせる空間なんです。

ゆぱんき

これからの夢は、奥のお部屋を若手作家のためのギャラリー的な場所にして、
人と人とをつなぐ場所にしていきたいと話してくれます。
前からのここの『場所のファン』がいるので、
場所のイメージをこわさぬよう、「ゆぱんき」という名前に負けないように
と思っているんだそうです。

ゆぱんき

「願えば叶う」という言葉がピッタリの山崎さんが醸し出す、
癒しの時間を「ゆぱんき」で過ごしてはいかがでしょうか。
ランチだけじゃなく、デザートや夜の定食もあって、
そこに住みたくなってしまうような空間なんです。
私も、またそろそろ行きたくなっちゃってます。
By Kuu

《ゆぱんき yupanqui》
弘前市銅屋町63-8
0172-35-4695
OPEN 12:00
L.O. 21:00
CLOSE 22:00

掲載されている内容は取材当時の情報です。メニュー、料金、営業日など変更になっている可能性がありますので、最新の情報は店舗等に直接お問合せください。

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

ツアー歴史・文化紅葉新緑八戸ブックセンターコーヒー嶽きみコケシ辛い#青森県立美術館自然アートランチライトアップイルカプリン熱帯魚クリスマス種差#自然グルメ弘前公園陸奥湾おやき焼き鳥グランピング#エビの釣り堀食堂ブナコ弘前城フェリー三社大祭日記雪見温泉月見#釣りヒバ津軽八甲田尻屋埼灯台館花岸壁朝市ポップアナログレコード#手帳鉄道青森岩木山尻屋埼宵宮横丁露天風呂青森県、色彩#桜りんご三内丸山遺跡白神山地毛豆寒立馬美術館最強毛豆決定戦妖怪#食ねぶた・ねぷた奥入瀬渓流絶景太宰治灯台青森土産きのこ鮟鱇JOMONトーク伝統芸能果物山菜・きのこウニ温泉ジオパーク津軽土産アニメあんこう万年筆えんぶりカフェ・レストラン米・パン・穀物津軽海峡自転車ガイドパッケージ買いクラフト風間浦鮟鱇ステンドグラス建物お酒寿司白神山地周辺津軽弁金魚イベントハンドメイド#郷土料理#青森グルメラーメン野菜居酒屋・バーカレー缶バッジおにぎり海藻唐揚げ#お家ごはん中華料理スイーツ魚介種差海岸まつりカンバッジうにぎりわかめ和栗インバウンド#料理エビチャーハンまち歩き肉・卵十和田湖アクティビティおみやげ岩のりe-sportsスタンプお家でシリーズBUNACO白神山地体験レポート伝統工芸田んぼアートマグロお土産津軽弁缶バッジ寒海苔お盆スーパー植物#だし青森県郷土料理三味線ご当地蔦沼寺山修司カフェ迎え火・送り火ハンコ担々麺#アートアウトドア

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ