まるごと青森

「津軽塗」×「東京」=「牧門堂 牧野浩子さん」2

「津軽塗」×「東京」=「牧門堂 牧野浩子さん」

特産品・お土産 | 2008-07-10 18:23

「津軽塗」×「東京」=「牧門堂 牧野浩子さん」

こちらは渋谷にある東急BUNKAMURA1階「アーツ&クラフツ」というお店。
世界各地の雑貨などを扱っているお店です。

「津軽塗」×「東京」=「牧門堂 牧野浩子さん」1

青森と何の繋がりが??実はこちらで津軽塗作品が販売されているというので
お邪魔したのです。ありました、ネックレスやイヤリングが!

「津軽塗」×「東京」=「牧門堂 牧野浩子さん」2

お店の方にお聞きしたところ、ちょうど別の催事で商品が出払っている状態だそうで、
通常はもう少し品揃えがあるのだそうです。
で、この作品を製作されている方が実は東京にお住まいだったんです。
お話をお聞きすることが出来ました。

漆工房「牧門堂」代表 牧野浩子さんは、東京生まれの東京育ち。
服飾の学校を卒業後、祖父母が青森出身であったこともあり、
津軽塗に関心を寄せ、単身青森まで修業に出られたのだそうです。

そして平成14年、東京に戻り「牧門堂」を立ち上げ、現在に至るまで百貨店での
職人展やギャラリーでの個展を行うなどの活動を行っているそうです。
今はペンダントなどのアクセサリー類や、刀の鞘を主に手がけているのだとか。

「ペンダントやネックレスだと、幅広い年齢層に受け入れられるんです。
今までにあった津軽塗とは少し違った形にはなりますが、これらを通じて
津軽塗の存在を世の中の人に幅広く知ってもらえればと思うんです。
自分も青森のPR頑張ってますよ!」と元気にお話された牧野さん。

津軽塗と言えば、重箱とか茶托、お箸のイメージが強いですよね。
最近は徐々に県内でも様々な紋様・色・デザインを試みる方が増えてきましたが。
津軽塗に限らず、日本人がこれまで大切にしてきた伝統工芸品の多くが、
現代の生活様式にあてはまらなくなってきて、徐々に姿を見せなくなっている
ような、寂しい感じを受けていたのですが・・・何だか嬉しくなりました。
こうして津軽塗に光を当ててくれている人がいるんだと。
自分ももっともっと青森の事を勉強して、青森のPR頑張りたいと思います。

津軽塗」×「東京」=「牧門堂 牧野浩子さん」3

牧野さんとお会いしたときに、作品を持参いただき、
綺麗な作品を見せていただいたのですが、写真が旨く撮れなくて・・
牧門堂HPでもっともっと綺麗に作品をご覧いただけます。是非見てみてくださいね♪

byノブchan

掲載されている内容は取材当時の情報です。メニュー、料金、営業日など変更になっている可能性がありますので、最新の情報は店舗等に直接お問合せください。

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

りんご三内丸山遺跡白神山地毛豆寒立馬美術館最強毛豆決定戦妖怪#食ねぶた・ねぷた奥入瀬渓流絶景太宰治灯台青森土産きのこ鮟鱇JOMONトーク伝統芸能果物山菜・きのこウニ温泉ジオパーク津軽土産アニメあんこう万年筆えんぶりカフェ・レストラン米・パン・穀物津軽海峡自転車ガイドパッケージ買いクラフト風間浦鮟鱇ステンドグラス建物お酒寿司白神山地周辺津軽弁金魚イベントハンドメイド#郷土料理#青森グルメラーメン野菜居酒屋・バーカレー缶バッジおにぎり海藻唐揚げ#お家ごはん中華料理スイーツ魚介種差海岸まつりカンバッジうにぎりわかめ和栗インバウンド#料理エビチャーハンまち歩き肉・卵十和田湖アクティビティおみやげ岩のりe-sportsスタンプお家でシリーズBUNACO白神山地体験レポート伝統工芸田んぼアートマグロお土産津軽弁缶バッジ寒海苔お盆スーパー植物#だし青森県郷土料理三味線ご当地蔦沼寺山修司カフェ迎え火・送り火ハンコ担々麺#アートアウトドアツアー歴史・文化紅葉新緑八戸ブックセンターコーヒー嶽きみコケシ辛い#青森県立美術館自然アートランチライトアップイルカプリン熱帯魚クリスマス種差#自然グルメ弘前公園陸奥湾おやき焼き鳥グランピング#エビの釣り堀食堂ブナコ弘前城フェリー三社大祭日記雪見温泉月見#釣りヒバ津軽八甲田尻屋埼灯台館花岸壁朝市ポップアナログレコード#手帳鉄道青森岩木山尻屋埼宵宮横丁露天風呂青森県、色彩#桜

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ