まるごと青森

twitter facebook rss
港 八戸 鮫ランチ2 「ビストロ ルカン」1

港 八戸 鮫ランチ2 「ビストロ ルカン」

グルメ | 2008-07-18 19:41

JR鮫駅正面の洋食屋さん

前回のairに続き、鮫ランチ。

JR鮫駅を出て、正面左を見ると、目に飛び込むトリコロールカラー。
そこが「ビストロ ルカン」。

港 八戸 鮫ランチ2 「ビストロ ルカン」

港 八戸 鮫ランチ2 「ビストロ ルカン」1
まさに駅前洋食店。

ルカンとはフランス語で「鮫」の意味。
鮫にある小さな洋食店にたねブロのMasakiさんと入店です。

店内は窓から入る光で明るく、まさにイイ感じの町の洋食屋さん感が満点。

港 八戸 鮫ランチ2 「ビストロ ルカン」2

コチラを初めて14年になるというシェフの吉田さんがランチの準備をしていました。
ランチのメニューはこの2種類。
既にMasakiさんはランチを制覇済みだったので、今回は鮫在住の知人がルカンに来たらコレでしょ!と彼に教えてくれたチキンソテーに。
ワタシはビギナーなので、まずは「ルカンランチ」。

港 八戸 鮫ランチ2 「ビストロ ルカン」3

待っているとカランカランとドアが開いて、品のいいおばあさん3人組がやってきて、「カツカレーを3つ」とメニューも見ずにシェフに注文。
常連さんが「いつものを頂戴」といった風だったので、ソッチにすればよかったのかな?と後悔しそうになったのですが、そうこうしているうちに、
来ました!
ルカンランチ(700円)

港 八戸 鮫ランチ2 「ビストロ ルカン」4

おおっ!この特製デミグラソースのツヤ、シノアで濾したのにちょっと残った肉の繊維質。このツヤ。かなり期待できるイイ感じのソース。
早く食べたいのにお約束の写真撮影(笑)
後ろのおばあさんたちはコチラもお約束の不思議な目線(笑)

お味はやっぱりしっかりと作られた質の良いデミソース。
でもどこかデミソースの中にある味に覚えが・・・。
シェフにそっと伺うと、やはり「お醤油」!!

野菜の下ごしらえから数えて1週間かけてつくるというこのソース。
開店当初からこの本格的なハンバーグにはパンとライスとを選べるようにしていたようですが、ほとんどのお客さまがライスを注文する。
ならばライスに合うようにソースも少し変えていこう、ということで少しだけ足してあるんだとか。
ホント、ご飯がご飯が進むくんでした(笑)

Masakiさんのも来ました。
チキンソテー(800円)

港 八戸 鮫ランチ2 「ビストロ ルカン」5

オレンジ色のトマト香草風味ソースはトマトの酸味がありながらコクを感じさせ、ワタシも一口試食しましたが、パリッパリで中は軟らかにソテーされたお肉にグイグイとからんで来ます。

そしてワタシのルカンランチには、コレ↓ 点心3種が。

港 八戸 鮫ランチ2 「ビストロ ルカン」6

エビギョーザは、プリンプリンのえびちゃんとツルルンの皮の心地いい食感コラボ。
海鮮包み蒸しは、エビ・イカなどの海の旨味がぎっしり。かむ毎によだれがじゅぱーと出てきちゃいます。後味のコショウの辛さが余韻を残します。
そしてホタテシューマイ。
あのバーグにもう一ついただける何かお得なランチ。
しかも本格派!

コチラのお店はこのデミとトマトとカレーの3種類のソースがお店の3大ソース。
次は未食のカレーソース。
次行く鮫ランチはまた迷いそうです(笑)
byなおき

<データ>
ビストロ ルカン
場所:八戸市鮫町字持越沢39
電話:0178-35-5520
時間:11:30~20:00(L.O)
ランチ:11:30~14:00
定休:毎週月曜日

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅