まるごと青森

twitter facebook rss
あおもり犬、ナポレオンと一緒に涼める青森県立美術館7

あおもり犬、ナポレオンと一緒に涼める青森県立美術館

イベント・まつり | 2008-08-11 22:07

夏休みも後半戦に入ろうとしていますが、こちら青森でも、
爽やかで夏らしい天気が続いています。
夏、涼めるスポットとしておススメなのが、美術館。
ということで、青森県立美術館へお出かけ!

まずは、一番人気の奈良美智さんのあおもり犬。
7月19日から開通したあおもり犬へ通じる外部階段は、
7番エントランス近くにあり建物同様、青木淳さん設計。

あおもり犬、ナポレオンと一緒に涼める青森県立美術館

そして、こちらは無料ゾーンなんです。
この日も、大きなあおもり犬と思い思いに触れ合う子供たちが
入れかわり立ちかわり・・・。
エサやりプロジェクトで設置されたお鍋の鉢に植えられた
カラフルなお花を見たり、犬を見上げたり、背中を触ったり、
記念撮影したり・・・。

あおもり犬、ナポレオンと一緒に涼める青森県立美術館1

今まで地下2階のトレンチでひとりぼっちで淋しかった
大きな子犬「あおもり犬」のところにも、
お友達がやってくるようになり、無表情なはずなのに
不思議と喜んでいるように見えてしまいます。

あおもり犬、ナポレオンと一緒に涼める青森県立美術館2

奈良美智さんも、あおもり犬を間近で観たり、触ったり、
写真を撮ったりしている様子を見て、ようやくこの作品が
完成したのかな、といっていたそうですよ。
これで、美術館の奈良美智さんのコミッションワーク
八角堂とあおもり犬の2作品が無料で鑑賞できるようになり、
アートがより身近なものに感じられるようになりましたね。
奈良さんの展示室も展示替えされてましたよ♪

あおもり犬、ナポレオンと一緒に涼める青森県立美術館3

そして、めでたく昨日、入場者一万人を達成した
大ナポレオン展」も観てきました。

あおもり犬、ナポレオンと一緒に涼める青森県立美術館4

企画展の入口には凱旋門が!!

あおもり犬、ナポレオンと一緒に涼める青森県立美術館5

時間によって日中、夕刻、夜バージョンと変わるんだそうです。

ナポレオンというと、軍事的、政治的業績で有名ですが、
実は、19世紀初頭フランスの芸術・文化・教育の振興においても
大きな役割を果たしていたんです。
エジプト遠征の際には、徹底した学術調査を行ったというナポレオン。
現在のエジプト学の基礎を築き、また、ヨーロッパ各地の遠征により
運び込まれた美術品を収めたルーヴル宮殿を美術館として整備し、
各地方にも美術館を設置。
ルーヴル美術館が、ナポレオン美術館と呼ばれているのも納得ですね。

女性客の大半は、ジュエリーのコーナーでうっとり。
ティアラなどの宝飾も展示されていて、
そのティアラも部分的に外してブローチにできるようになっています。
折りたたみ式のベット、大きさが調節できるセンターピースなど、
当時、既に、実用的に色々工夫が施されていたということに感動。

また、ビーバーの皮で作られたナポレオンの帽子は、
当時166個作られたそうで、そのうちの1つが展示されていました。

あおもり犬、ナポレオンと一緒に涼める青森県立美術館6

展示室内は撮影を禁じられていますが、今回は許可を得て撮影しております。

ナポレオンは、イメージにぴったり合った肖像画や戴冠式の絵などは、
何枚も同じものを描かせていたそうです。
国民に選ばれた最初の皇帝ということで、
肖像画は、政治的ポスターのような役割をしていたんだそうですよ。
全部、見目麗しく描かれたり、彫られたりしているナポレオン。
作品によってそれぞれ顔立ちが違うのに、ナポレオンということが
伝わるのが不思議。
そして、ナポレオンと言えば、イタリア遠征の際の白馬に乗った姿を
思い浮かべてしまいますが、そんな私にドンピシャな作品、
『サン=ベルナール峠を越えるボナパルト』も。

あおもり犬、ナポレオンと一緒に涼める青森県立美術館7

実際は、悪路に強いラバだったという逸話が残されている
超有名な作品ですよね。
イメージを大事にしていたんですね~。

最後の展示室では、「甦る皇帝ナポレオン」という作品が。
こちらは、1840年、オラース・ヴェルネによって描かれた油彩。
頭には勝利の象徴する月桂樹の冠、
手には平和の象徴であるオリーブの枝というポーズで、
絵から出てきそうな迫力のこの絵は、遺族の意向で描かれたもの。

あおもり犬、ナポレオンと一緒に涼める青森県立美術館8

通常は、何枚もナポレオン自身が描かせた作品である中、
この作品は、一品物で今回の企画展が初お披露目とのことですから、
要チェックです。

この最後の展示室にはデスマスクも展示されていて、
触れる作品としてレプリカもありました。

あおもり犬、ナポレオンと一緒に涼める青森県立美術館9

その他、遺品や愛用の品々、自筆原稿、書籍など100点を越える展示品で
波乱に富んだ英雄の生涯を知ることができる大ナポレオン展。
まだ、ご覧になっていない方は、涼しくて快適、豊かな気持ちにさせてくれる
美術館へGO!

観光ルートバスも運行中です!!

あおもり犬、ナポレオンと一緒に涼める青森県立美術館10

by Kuu

青森県立美術館
青森市安田字近野185
Tel 017-783-3000
Fax 017-783-5244
◆大ナポレオン展 -文化の光彩と精神の遺産-
7月30日(水)-9月7日(日)
9:00–18:00(入館は17:30まで)
※期間中の休館日:なし

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

ラーメンスイーツまち歩き伝統工芸郷土料理ツアー自然りんごねぶた・ねぷた果物カフェ・レストランお酒野菜魚介肉・卵田んぼアート三味線歴史・文化アート食堂ヒバ鉄道三内丸山遺跡奥入瀬渓流山菜・きのこ米・パン・穀物寿司居酒屋・バー種差海岸十和田湖マグロご当地紅葉ランチグルメ弘前ブナコ津軽白神山地絶景ウニ津軽海峡カレーお土産蔦沼新緑弘前公園弘前城八甲田岩木山毛豆太宰治温泉自転車津軽弁缶バッジカンバッジおみやげ津軽弁缶バッジ寺山修司八戸ブックセンターイルカ陸奥湾フェリー尻屋埼灯台尻屋埼寒立馬灯台ジオパークガイドおにぎりうにぎり岩のり寒海苔カフェコーヒープリンおやき三社大祭館花岸壁朝市宵宮美術館青森土産津軽土産パッケージ買い金魚海藻わかめe-sportsお盆迎え火・送り火嶽きみ熱帯魚日記ポップ横丁最強毛豆決定戦きのこアニメクラフトイベント唐揚げ和栗スタンプスーパーハンココケシクリスマス焼き鳥雪見温泉露天風呂鮟鱇あんこう風間浦鮟鱇ハンドメイドインバウンドお家でシリーズ植物担々麺辛い種差グランピング月見アナログレコード青森県、色彩妖怪JOMONトーク万年筆ステンドグラス#郷土料理#お家ごはん#料理BUNACO#だし#アート#青森県立美術館

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅