まるごと青森

twitter facebook rss
日常を切り離して湯治場へ行こう ~湯ノ沢温泉4

日常を切り離して湯治場へ行こう ~湯ノ沢温泉

温泉・宿泊 | 2008-10-29 19:33

この記事で紹介する「秋元温泉」「なりや温泉」「でわの湯 湯の沢山荘」は、現在営業しておりません。予めご了承ください。

つい先日までやけに暖かかった青森ですが、それでもすっかり秋は深まり、紅葉はもう終盤にさしかかりました。こうして気温が下がり、日が短くなってくるとやけに恋しくなるのは暖かい食べ物であり、温泉です。青森育ちの私が言うのですから間違いありません。

ということで、前回の古遠部温泉に続いて、今回は湯ノ沢温泉を紹介します。

湯ノ沢温泉は、一軒宿である古遠部温泉とは違い、「秋元温泉」「なりや温泉」「湯ノ沢山荘」の三つの温泉からなる温泉郷です。お互いに歩いていけるほど近くにありながら、それぞれが異なる源泉を持っているというのが特徴の湯治場です。
では…そうですね、道路に沿って奥にあるお宿から順にご紹介したいと思います。

「秋元温泉」

日常を切り離して湯治場へ行こう ~湯ノ沢温泉

創業はおよそ400年前。矢立の名湯(秋田との県境が矢立峠)として親しまれていましたが、明治維新後に一時温泉を閉鎖、その後大正初年に改めて秋元温泉として開湯したそうです。泉質は酸性硫黄泉。見た目には緑がかった濁り湯で、主な効能は神経痛、リウマチ、冷え性などです。

日常を切り離して湯治場へ行こう ~湯ノ沢温泉

お風呂も建物も比較的新しい雰囲気で快適そうです。でも湯治部のお部屋にはしっかり「ちゃぶ台」があって、照明(というより「電気」と呼びたい!)のスイッチがビニールの紐で延長されているあたり、やはり懐かしい雰囲気が漂います。

「なりや温泉」

日常を切り離して湯治場へ行こう ~湯ノ沢温泉2

大正の末頃から営業されている温泉です。浴場は二つあり、以前はそれぞれ泉質が異なっていたそうですが、現在はいずれも同じ食塩硫化水素泉です。色は白濁、主な効能はリウマチ、神経痛、胃腸病などとされています。

日常を切り離して湯治場へ行こう ~湯ノ沢温泉3

写真はお風呂に続く廊下です。ちょっとほの暗い中に見える「第二浴場」の看板…初めて見てもなんだか懐かしい気がするのは私だけでしょうか。お部屋も古いながらも清潔に保たれています。

「でわの湯 湯の沢山荘」

日常を切り離して湯治場へ行こう ~湯ノ沢温泉4

昭和37年開湯という、比較的新しい温泉です。泉質は含土類石膏食塩泉というもので、色は黒っぽく、マグネシウム・マンガンの含有量は日本一なのだそうです。主な効能は神経痛、胃腸病、貧血症など。

日常を切り離して湯治場へ行こう ~湯ノ沢温泉5

特徴はなんと言ってもお風呂でしょう。床がボコボコになるくらい析出物がこびりついています(右上写真)。床もヒバ材で作られたお風呂なんですが…もう分かりませんよね。それに、お風呂のあるところの外観も年季が入って良い感じです。

このようにそれぞれ特徴を持った湯ノ沢温泉ですが、古遠部温泉さんと同じく、湯治客はだいぶ減ってしまったそうです。しかし、いずれの宿も旅館部(食事を提供する宿泊形態)が設けられており、短期滞在のお客様にも対応しています。もちろん立ち寄り入浴も可能です。

とはいえ…
丁寧に手入れがされた古い木の廊下を、ぎしぎし音を立てながら踏み歩く。
知らなかった人と炊事場で会話を交わし、おかずを交換する仲になる。
ご飯を食べる時間には布団をたたみ、ちゃぶ台を出す。
気の向くまま温泉に浸かり、気ままに過ごして時々ふらりと外に出る…
そんな湯治の風景が失われゆくのは少し、残念な気がします。

などと考えながらふとケータイを開けたところ、「圏外」の表示。
むむっ?…いや。ですよね。

湯治に来てまであれやこれやと気にしてたら、どんないいお湯も台無しになりそうです。
便利な反面何かと忙しい世の中ですが、日常から少し離れて疲れを癒す、これは湯治場の正しい姿であるのだ、と思いました。

by くどぱん!

○秋元温泉
平川市碇ヶ関西碇ヶ関山1-26
TEL.0172-45-2137
○なりや温泉
平川市碇ヶ関西碇ヶ関山1-16
TEL.0172-45-2228
○でわの湯 湯の沢山荘
平川市碇ヶ関西碇ヶ関山1-17
TEL.0172-45-2531
※立ち寄り入浴はいずれも300円(広間利用などは別料金)

タグ: 津軽平川市

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅