まるごと青森

twitter facebook rss
岩木の山懐に抱かれた湯治場 ~湯段温泉4

岩木の山懐に抱かれた湯治場 ~湯段温泉

温泉・宿泊 | 2008-11-12 21:07

青森ではついに先週、初雪が観測されました。
酸ヶ湯では積雪もあり、場所によっては”紅葉と雪”という、めったに見れない景色を楽しむことができたと思います。

雪は人々に冬の訪れを実感させ、人によっては(私?)少ぉし憂鬱さも感じるものですが、反面、そんな思いもかけない美しい景色を作り出したりもするという、いろんな意味でニクイやつです。

そして寒くなってくるとありがたいのが…はい、そうですね、温泉です。

今回ご紹介するのは「湯段温泉」。
元の岩木町(現弘前市)にある、これまた湯治の温泉郷です。
六代目柴田長兵衛の先祖の長兵衛が、享保9年(1724年)に温泉を開いたと書かれた看板が温泉郷の入口にあります。しかもその”柴田”はあの柴田勝家に連なる一族だとか…うーん、すごい歴史。

こちらも湯ノ沢温泉と同じく、集中している宿は4軒ですが、その距離はとても近く、お互い徒歩数十秒で着いてしまうほど。そのためか、泉質は全て同じだそうです。(※この他にも湯段温泉と呼ばれる温泉は数軒あります)
では、ど・れ・に・し・よ・う・か・な…とお邪魔したのは「ゆだんの宿」。

岩木の山懐に抱かれた湯治場 ~湯段温泉

入口はきれいに改装されて、いまどきなお宿の雰囲気があります。とはいえ、中を探検させていただくと、きれいに磨かれた床、広いわけではないけどくつろげそうなお部屋など、湯治宿の雰囲気もちゃんとありました。

岩木の山懐に抱かれた湯治場 ~湯段温泉1

ご主人にお話を聞いてみると、ここも料理付きの宿泊が一般的になっているとのこと。時代の流れなのでしょうが、文化と言ってもいい習慣が薄れるのは、やっぱりちょっと残念かな…

さて、気を取り直してお風呂へ。ぱっと目をひくのがその窓です。
手入れのされたお庭が、まるで一幅の画のように切り取られて見えます。この日はお天気も良く、油断するとついつい長湯してしまいそう。

岩木の山懐に抱かれた湯治場 ~湯段温泉2

湯船はあまり大きくありません。3人くらいも入れば一杯になるでしょうか。
お湯は少し茶色がかっており、流れ出るお湯をちょっとなめてみると…ん?酸っぱいというか、金属っぽい味がします。泉質は含塩化土類~土類弱食塩泉だそうです。
しかし気持ちいいですね…おっといけない湯段した、長湯になっちゃいました。(すいません(^^ゞ)

その他のお宿も駆け足にはなりますがちょっとご紹介。

岩木の山懐に抱かれた湯治場 ~湯段温泉3

「長兵衛旅館」(※写真左から順に)
温泉を開いた”長兵衛”の名を冠するこの宿が、湯段で最初に開かれた旅館です。次回は是非その歴史と実力のほどを味わってみたいものです。

「静明館」
看板の”旅館 静明館”の文字が、漆喰が型どられてそのまま書かれています。一種の鏝絵と考えていいのでしょうか、年月を経たものだけが持つ深い味わいが感じられます。最近宿泊はお止めになったそうです…残念。

「新栄館」
伺った時は宿の方が不在でしたが、入口にちゃんと案内がありました。「ご入浴 館主が留守の時でもセルフサービスでお入り下さい 料金は中の料金袋に入れて下さい」と味のある字で書かれています。こういうおおらかな雰囲気が、いかにも土地に似合います。

岩木の山懐に抱かれた湯治場 ~湯段温泉4

ちょっと周りを歩くとすぐそこに岩木山が。気持ちいいですねー

というわけで、私の当番は3回にわたって湯治のお宿を紹介してきました。
普段あまり目を向けることもないかもしれませんが、行ってみると”湯”で”治”す(古遠部温泉のご主人の言葉を借りれば、その環境も含めて)だけあって、とっても癒される雰囲気があるところばかりです。
皆さんもたまには足を伸ばして、普段とはちょっと違う温泉を楽しんでみてはいかがでしょうか…っていうか、自分もまた行きたいです!

by くどぱん!

○ゆだんの宿
 弘前市常盤野字湯段萢8
 TEL.0172-83-2234(立ち寄り入浴300円)
○長兵衛旅館
 弘前市常盤野字湯段萢33-2
 TEL.0172-83-2151(立ち寄り入浴250円)
○静明館
 弘前市常盤野字湯段萢28-1
 TEL.0172-83-2150(立ち寄り入浴250円)
○新栄館
 弘前市大字常盤野字湯段萢(立ち寄り入浴250円)

タグ: 津軽弘前市

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

ラーメンスイーツまち歩き伝統工芸郷土料理ツアー自然りんごねぶた・ねぷた果物カフェ・レストランお酒野菜魚介肉・卵田んぼアート三味線歴史・文化アート食堂ヒバ鉄道三内丸山遺跡奥入瀬渓流山菜・きのこ米・パン・穀物寿司居酒屋・バー種差海岸十和田湖マグロご当地紅葉ランチグルメ弘前ブナコ津軽白神山地絶景ウニ津軽海峡カレーお土産蔦沼新緑弘前公園弘前城八甲田岩木山毛豆太宰治温泉自転車津軽弁缶バッジカンバッジおみやげ津軽弁缶バッジ寺山修司八戸ブックセンターイルカ陸奥湾フェリー尻屋埼灯台尻屋埼寒立馬灯台ジオパークガイドおにぎりうにぎり岩のり寒海苔カフェコーヒープリンおやき三社大祭館花岸壁朝市宵宮美術館青森土産津軽土産パッケージ買い金魚海藻わかめe-sportsお盆迎え火・送り火嶽きみ熱帯魚日記ポップ横丁最強毛豆決定戦きのこアニメクラフトイベント唐揚げ和栗スタンプスーパーハンココケシクリスマス焼き鳥雪見温泉露天風呂鮟鱇あんこう風間浦鮟鱇ハンドメイドインバウンドお家でシリーズ植物担々麺辛い種差グランピング月見アナログレコード青森県、色彩妖怪JOMONトーク万年筆ステンドグラス#郷土料理#お家ごはん#料理BUNACO#だし#アート#青森県立美術館

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅