まるごと青森

twitter facebook rss
十和田バラ焼 5 その旨さは南へ

十和田バラ焼 5 その旨さは南へ

グルメ | 2009-01-26 07:43

青い森鉄道 剣吉駅前「不二や」

大正中期、まだこの辺りが北川村と呼ばれていた頃、旧JR東北本線剣吉駅の近くで司法書士をしていた初代が、当時であれば家一軒を買えた金額である「100円」で製麺機を購入。
代書の仕事を頼みにくる人に、そばを食べながら書類作成を待ってもらえるよう、この製麺機で打つそばで商売を始めたのがルーツのもう創業90年が間近の
南部百年食堂 不二や。

十和田バラ焼 5 その旨さは南へ 十和田バラ焼 5 その旨さは南へ

  ↑上写真 今でも現役の製麺機

ワタシも八戸に住んでいた頃は、ホントチャンスがあれば天ザルをいただきに行ってました。
もちろん天ザルは人気メニューでしたが、それに負けず地元の方々が食べていたのは、当時からバラ焼でした。

コチラのバラ焼は豚肉。

十和田バラ焼 5 その旨さは南へ

不二や食堂のどのメニューも、数十年モノの瓶に毎日毎日足し加えた秘伝のタレが使われていて深い味わいがあります。

十和田バラ焼 5 その旨さは南へ

もちろんバラ焼にも♪

先代が現役の頃のバラ焼はコチラ。

十和田バラ焼 5 その旨さは南へ

使い込んだフライパンで焼き締めた甘くてしょっぱい、うまみをたっぷりと吸い込んだバラ焼。

今はバラ焼と言えば、野菜たっぷりでこの秘伝のタレたっぷりのバラ焼が来ますが、今でも「昔の玉ネギだけのバラ焼」と注文すれば出してくれるんだそうです。 ※ゴメンナサイ。先ほど電話で確認を取りましたら取り消して欲しい、ということでした。

「これからの食堂はそばだけではダメだ」と思うと、八戸の定食屋に下働きをお願いし、新聞で弘前に評判のそば屋を見つけると、切り抜きを持って「修行に来ました。よろしくお願いします」と飛び込み、いろいろな店の技を学んできた。
・・・・そんなエピソードを伺った先代のおばあちゃんのことだから、バラ焼もきっとそんな頃に新しいメニューとして追加したんでしょうね。

また行きたくなっちゃいました。
byなおき

<データ>
 不二や
 住所:南部町大字剣吉字大坊13-11
 電話:0178-75-0046
 営業:11:00~何時でも 決まっていない
 定休:無休

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

ラーメンスイーツまち歩き伝統工芸郷土料理ツアー自然りんごねぶた・ねぷた果物カフェ・レストランお酒野菜魚介肉・卵田んぼアート三味線歴史・文化アート食堂ヒバ鉄道三内丸山遺跡奥入瀬渓流山菜・きのこ米・パン・穀物寿司居酒屋・バー種差海岸十和田湖マグロご当地紅葉ランチグルメ弘前ブナコ津軽白神山地絶景ウニ津軽海峡カレーお土産蔦沼新緑弘前公園弘前城八甲田岩木山毛豆太宰治温泉自転車津軽弁缶バッジカンバッジおみやげ津軽弁缶バッジ寺山修司八戸ブックセンターイルカ陸奥湾フェリー尻屋埼灯台尻屋埼寒立馬灯台ジオパークガイドおにぎりうにぎり岩のり寒海苔カフェコーヒープリンおやき三社大祭館花岸壁朝市宵宮美術館青森土産津軽土産パッケージ買い金魚海藻わかめe-sportsお盆迎え火・送り火嶽きみ熱帯魚日記ポップ横丁最強毛豆決定戦きのこアニメクラフトイベント唐揚げ和栗スタンプスーパーハンココケシクリスマス焼き鳥雪見温泉露天風呂鮟鱇あんこう風間浦鮟鱇ハンドメイドインバウンドお家でシリーズ植物担々麺辛い種差グランピング月見アナログレコード青森県、色彩妖怪JOMONトーク万年筆ステンドグラス#郷土料理#お家ごはん#料理BUNACO#だし

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅