まるごと青森

twitter facebook rss
津軽百年食堂「長崎家」でランチ

津軽百年食堂「長崎家」でランチ

グルメ | 2009-03-04 08:22

先日、なおきさんがブログに書いていた小説「津軽百年食堂」のモデルになった店舗のひとつに行ってきました。
青森からは、弘前経由で黒石まで弘南鉄道でカタンコトンと。

津軽百年食堂「長崎家」でランチ

車両には、整理券や運賃箱、運賃表と、なんとも言えない雰囲気があります。

津軽百年食堂「長崎家」でランチ 津軽百年食堂「長崎家」でランチ

そして、最強のインパクトは、渋谷109のロゴの入ったつり革!

津軽百年食堂「長崎家」でランチ

東京急行電鉄から購入したまま使われているって感じがすごく出てますよね~♪

そして、いよいよ黒石の長崎家さんの前に到着!
屋号の長崎家は初代が元々カステラ職人だったから付けられた名前で、現在は二代目のご主人とその奥様とで営まれています。
「味自慢 大衆食堂」って書かれた青い暖簾は、小説の装丁のデザインにそっくりですね。

津軽百年食堂「長崎家」でランチ

中へ入ると、これって小説に描かれていたアレですか!?と思うようなモノもチラホラ。

津軽百年食堂「長崎家」でランチ 津軽百年食堂「長崎家」でランチ

空想癖のあるわたしは、カッチカッチと時を刻む振り子を見ながら、小説の世界へ入ってしまいそうになりながらも、胃袋を満たさねば!!と、本命のランチ♪

津軽百年食堂「長崎家」でランチ

この日注文したのは、中華そば、焼きそば、冷支那そば。

愛情込めて作っている中華のお出汁は、ふんだんに焼干しを使っているという優しいお味。

津軽百年食堂「長崎家」でランチ 津軽百年食堂「長崎家」でランチ

麺は、色に特徴がある自家製。

津軽百年食堂「長崎家」でランチ

周りを見渡すと、ほとんどのお客様が中華そばを食べていて、一番人気のようです。

津軽百年食堂「長崎家」でランチ

そして、黒石に来たんですから、やっぱり焼きそば!

津軽百年食堂「長崎家」でランチ

お肉とキャベツと玉葱というシンプルな焼きそばは、ボリューム満点。

最後は、長崎家さんの名物、冷支那そば!
冬でもやっているということでいただいてみました。
約40年前、お寺の住職さんが夏場に訪れ、「冷たい中華そばがあってもいいのでは」と言ったことから誕生したというメニュー。
冷支那そばは油が浮いているものってイメージがあったんですが、全く違って、透明感があってとっても綺麗。

津軽百年食堂「長崎家」でランチ

そんな澄んだ色のスープは、しっかりお出汁の味がして、ついついレンゲが進んじゃいました。

小説を読んだ直後に行ったからかしら・・・
初めてだったのに、とっても懐かしい気分になっちゃいました。
by Kuu

《長崎家》
黒石市大字市ノ町40-2
電話 0172-52-3201
営業時間 10:30~20:00

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

ラーメンスイーツまち歩き伝統工芸郷土料理ツアー自然りんごねぶた・ねぷた果物カフェ・レストランお酒野菜魚介肉・卵田んぼアート三味線歴史・文化アート食堂ヒバ鉄道三内丸山遺跡奥入瀬渓流山菜・きのこ米・パン・穀物寿司居酒屋・バー種差海岸十和田湖マグロご当地紅葉ランチグルメ弘前ブナコ津軽白神山地絶景ウニ津軽海峡カレーお土産蔦沼新緑弘前公園弘前城八甲田岩木山毛豆太宰治温泉自転車津軽弁缶バッジカンバッジおみやげ津軽弁缶バッジ寺山修司八戸ブックセンターイルカ陸奥湾フェリー尻屋埼灯台尻屋埼寒立馬灯台ジオパークガイドおにぎりうにぎり岩のり寒海苔カフェコーヒープリンおやき三社大祭館花岸壁朝市宵宮美術館青森土産津軽土産パッケージ買い金魚海藻わかめe-sportsお盆迎え火・送り火嶽きみ熱帯魚日記ポップ横丁最強毛豆決定戦きのこアニメクラフトイベント唐揚げ和栗スタンプスーパーハンココケシクリスマス焼き鳥雪見温泉露天風呂鮟鱇あんこう風間浦鮟鱇ハンドメイドインバウンドお家でシリーズ植物担々麺辛い種差グランピング月見アナログレコード青森県、色彩妖怪JOMONトーク万年筆ステンドグラス#郷土料理#お家ごはん#料理BUNACO#だし

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅