まるごと青森

twitter facebook rss
旅した気分になれる県美の『冬のコレクション展』

旅した気分になれる県美の『冬のコレクション展』

イベント・まつり | 2009-03-10 08:29

小島一郎の展覧会が終わってしまう前にもう一度・・・ということで、先週、青森県立美術館に出かけてみました。

今回の目的は、小島展をもう一度という気持ち以外にもありまして・・・。
残り一ヶ月を切った冬のコレクション展を見逃したくなくって♪

まずは、一番楽しみにしていた特集の『今和次郎 船にのる』。
和次郎は、風俗を観察し記録する調査活動をし、それを考現学と名付け、研究した弘前市出身のアーティスト。
人間の暮らしを独創的に捕らえた彼の活動の中から、1930年から約10ヶ月かけて行った初の海外視察旅行の軌跡を、2年前に結婚したばかりの日本で待つ奥様に宛てた絵はがき、旅行中に描いたスケッチ、撮影した写真などを通して紹介しています。
絵葉書の枚数370枚余り!!

旅した気分になれる県美の『冬のコレクション展』

旅先で目にした人々の姿や風景を伝えたかったんでしょうね。
スケッチは、「欧州紳士淑女以外」ということで、ユニフォーム姿の働いている姿や髪型などが丁寧に描かれていて、今見ても古くさく感じさせないお洒落なイメージを受けますね。

旅した気分になれる県美の『冬のコレクション展』

また絵葉書の片隅には小さく番号が付されているのを見ると、私信としてだけではなく、資料として活用することを想定していたようですね。

そしてベルリンで購入した最新式のライカで撮影した約1000点にも及ぶ膨大な量の写真も残しています。

旅した気分になれる県美の『冬のコレクション展』

大きく引き伸ばした写真が白い壁にグルリンと貼られていてユニークなお部屋になってました。

今回の展示では、そんな多彩な和次郎の資料が、3つの展示室に渡って紹介されています。
その頃のヨーロッパやアメリカの日常の断片、歴史の匂いが伝わってきますね~♪

和次郎以外にも、色彩の魔術師たちの饗宴ということでマティス。

旅した気分になれる県美の『冬のコレクション展』

棟方志功展示室のテーマは、「海外への旅、風景の発見」。

旅した気分になれる県美の『冬のコレクション展』

また「青森県立美術館をめぐる旅」ということで鈴木理策さんが撮影された美術館。

旅した気分になれる県美の『冬のコレクション展』

石井康治さんの「詩・季・彩」。
この漢字で「しきさい」って読ませちゃうのもおしゃれ♪

旅した気分になれる県美の『冬のコレクション展』 旅した気分になれる県美の『冬のコレクション展』

などなど、コレクション展だけでも、かなり満喫できる内容で、見ているだけで旅行に出かけたくなっちゃいました。
最後に、奈良美智さんのあおもり犬にもご挨拶♪

旅した気分になれる県美の『冬のコレクション展』

次の企画展はマルガリータ王女に会えるウィーン美術史美術館展が待っているし・・・
これからもアート好きには目が離せませんね♪
By Kuu

《冬のコレクション展》
会期 2009年1月1日 (木) – 4月5日 (日)
開館時間 9:30 – 17:00 (入館は16:30まで) 
会場 青森県立美術館
   青森市安田字近野185 Tel 017-783-3000

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅