まるごと青森

twitter facebook rss
サムライ・チャンバラ博覧会~武の実像と虚像

サムライ・チャンバラ博覧会~武の実像と虚像

イベント・まつり | 2009-03-30 08:51

青森県立郷土館は、1931年に第五十九国立銀行青森支店として建設された建物。

斜陽館(五所川原市金木)や第五十九銀行本店本館(弘前市)の設計者である堀江佐吉の七男堀江幸治による設計で、青森空襲も免れ、長い間、青森市の金融の中心を担っていた建物です。
レリーフが施された円柱や回廊など、銀行時代の名残が見てとれるこの建物は、国の登録有形文化財になっています。

サムライ・チャンバラ博覧会~武の実像と虚像

現在では郷土館として地元の方々に親しまれていて、当時、美術館がなかった青森県では、1973年9月の開館以来、展覧会を開催するなど、芸術観賞の場としても使われてきました。

そんな歴史ある元銀行の営業店舗のスペースでは、硬派なのにおもしろい展覧会が開催されています。

その名も『サムライ・チャンバラ博覧会~武の実像と虚像』。

江戸時代以降の刀などの武具や資料、青森県内に受け継がれてきた古武術の流派、時代劇などの懐かしのヒーローなど、多様な「武」について紹介している企画展。

展示室に入るなり現れるのが試合でも始まっちゃいそうな30畳のスペース。

サムライ・チャンバラ博覧会~武の実像と虚像 サムライ・チャンバラ博覧会~武の実像と虚像

手に触れることができる竹刀や道具を見ているだけで、剣道部のマネージャーをしていた頃を思い出しちゃいます。
こちらは、週末には公開演武が行われたり、黒頭巾を付けることができたりと、お子様にも人気のコーナーです。

サムライ・チャンバラ博覧会~武の実像と虚像

防ぐ、斬る、抜く、薙ぐ、突く、泳ぐ、打つ、撃つ、射る、捕らえるなど、分かりやすくコーナー分けされた展示スペースには、およそ600点の作品や資料が。

実戦で使われた無数の刀傷が印象的な木刀。

サムライ・チャンバラ博覧会~武の実像と虚像

二つの指で竹をつまんでいるこの道具も卜傳流剣術の「風波の伝」という剣術の稽古道具。

サムライ・チャンバラ博覧会~武の実像と虚像

そして、ねぶた祭りの原点、ケンカネプタの様子も展示されていました。

サムライ・チャンバラ博覧会~武の実像と虚像

当時のねぶたの原点と言われているものは「ロウソクだっせ(出せ)、だっせ」と言って、ロウソクやお金を集めて歩き、「ロウソクださなきゃカッチャグ(引っ掻く)ぞ」って言っていたそうですよ。
で、「だっせ、だっせ」が「ラッセ、ラッセ」になったんだとか。

他にも、凧絵などの武者絵、五月人形などに表現された武士像、小説や時代劇の中の侍、チャンバラごっこなどの大衆文化などが紹介されています。

サムライ・チャンバラ博覧会~武の実像と虚像

ずらりと勢ぞろいしているのは、赤穂浪士。

サムライ・チャンバラ博覧会~武の実像と虚像

時代劇ブームだったころの、青森市内の映画館の様子も。

サムライ・チャンバラ博覧会~武の実像と虚像

また、戦後GHQによって禁じられていた剣道を、青年教育のためのスポーツとして認めさせる努力をした方は、弘前の笹森順造さんなんだそうで・・・。
笹森さんの努力がなければ、今頃、日本には剣道がなくなっていかのかも。

そう考えると武士道の新渡戸稲造さんといい、総合格闘技のグレイシーのルーツといわれるコンデ・コマさんといい、青森県人は武道に大きな影響を与えているんですね。

近年、国内外を問わず、日本文化や武士道が静かなブーム。
先日の野球のWBCも、「侍ジャパン」で熱狂の渦でしたが、こちらの企画も負けていません!!
これまで継承されてきた武の文化を、本邦初公開のものも含め、遊び心満載で紹介している稀に見る企画。
何が実像で何が虚像なのか、この春休みに本物の武芸や演武を見て、考えてみてはいかがでしょうか。
by Kuu

《サムライ・チャンバラ博覧会~武の実像と虚像》
会期 2009年5月6日(水)まで
開館時間 9:00~17:00(5月1日からは18:00まで)
会場 青森県立郷土館(青森市本町2-8-14 017-777-1585)
観覧料 一般310円、高大生150円(小中生無料)
■デモンストレーション(公開演武と講演)
4月 5日(日)【演武】當田流棒術、卜傳流剣術=弘前藩
4月19日(日)【講演】「居合と杖術」体験講座
4月26日(日)【講演】「本覚克己流柔術の研究史」
5月 3日(日)【演武】當田流剣術=弘前藩
5月 4日(月)【演武】當田流棒術=弘前藩
5月 5日(火)【演武】小野派一刀流剣術=弘前藩
【時間】13時30分~14時 【場所】大ホール 
■ワークショップ 初心者向けの古武術体験、「黒頭巾」の着け方講座など
【日時】期間中の毎週日曜、13:00~13:30 【場所】大ホール 

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

ラーメンスイーツまち歩き伝統工芸郷土料理ツアー自然りんごねぶた・ねぷた果物カフェ・レストランお酒野菜魚介肉・卵田んぼアート三味線歴史・文化アート食堂ヒバ鉄道三内丸山遺跡奥入瀬渓流山菜・きのこ米・パン・穀物寿司居酒屋・バー種差海岸十和田湖マグロご当地紅葉ランチグルメ弘前ブナコ津軽白神山地絶景ウニ津軽海峡カレーお土産蔦沼新緑弘前公園弘前城八甲田岩木山毛豆太宰治温泉自転車津軽弁缶バッジカンバッジおみやげ津軽弁缶バッジ寺山修司八戸ブックセンターイルカ陸奥湾フェリー尻屋埼灯台尻屋埼寒立馬灯台ジオパークガイドおにぎりうにぎり岩のり寒海苔カフェコーヒープリンおやき三社大祭館花岸壁朝市宵宮美術館青森土産津軽土産パッケージ買い金魚海藻わかめe-sportsお盆迎え火・送り火嶽きみ熱帯魚日記ポップ横丁最強毛豆決定戦きのこアニメクラフトイベント唐揚げ和栗スタンプスーパーハンココケシクリスマス焼き鳥雪見温泉露天風呂鮟鱇あんこう風間浦鮟鱇ハンドメイドインバウンドお家でシリーズ植物担々麺辛い種差グランピング月見アナログレコード青森県、色彩妖怪JOMONトーク万年筆ステンドグラス#郷土料理#お家ごはん#料理BUNACO#だし

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅