まるごと青森

twitter facebook rss
土手乃珈琲屋 万茶ン

弘前りんごスイーツ7 ~土手乃珈琲屋 万茶ン~

グルメ | 2009-04-07 15:33

太宰も通った東北最古の喫茶店でいただく「焼きリンゴのアイスクリーム添え」

昭和4年オープン、今年で80周年を迎える「かくみ小路」にある老舗の喫茶店、万茶ン。
東北では最古、全国でも4番目に古い喫茶店といわれています。

土手乃珈琲屋 万茶ン

「万茶ン」という名前は、何『万』人のお客様に、お『茶』を差し上げて、お客様にも店にも『ン(運)』がつくようにと現在のマスター・香西宏真さんの祖父にあたる初代マスターが付けられたそうです。
マスターの名字の「香西」も、『香』のいい『西』洋のお茶、珈琲をたてて飲ませる店ということでピッタリですよね♪

土手乃珈琲屋 万茶ン

初代の妻・カネさんは、娘時代をロサンゼルスで過ごし、そこで珈琲の美味しい入れ方を覚えました。
初代は、青森市の事務所でピアノ調律の仕事をしていたので、主にお店は妻のカネさんが切り盛りしていました。
創業当時、真っ黒で苦味のある珈琲をお金を出して飲む人は限られていたそうで、喫茶店の外にも、小料理屋「酒亭火の用心」も経営されていたそうです。

中部地震で建物が壊れたのを機に、現在のマスターが東京から戻り、今の場所に改装オープンしました。
店の入口にあるドイツ製のシャンデリア、カウンター奥の振り子時計は創業当時のもの。

土手乃珈琲屋 万茶ン

弘前高等学校時代の太宰治や阿部合成もこれらを眺めていたのでしょうか♪
太宰は、マスターの祖父母の代に通っていて、入口に近い席がお気に入りだったといいます。
マスターにお願いすると、弘前高等学校時代の太宰の姿が載った写真集も見せてくれますよ。

太宰など当時の文人達に愛された珈琲のレシピを、二代目マスターが残していました。
それを基に、ブラジルやジャバロブスターをベースに再現されたのが「太宰ブレンド」。

土手乃珈琲屋 万茶ン

カップに入っているロゴマークは、昭和9年の旧制弘高卒業生が高校の徽章をアレンジしてデザインした木製レリーフが基になっています。

また、スペシャルブレンドは昭和天皇皇后両陛下が弘前にご訪問された際に召し上がられているほか、小説家の石坂洋次郎さんも飲まれている珈琲になります。

そして、珈琲とともにいただきたいのがコチラ。
りんごのスイーツ『焼きリンゴのアイスクリーム添え』。

土手乃珈琲屋 万茶ン

現在のマスターが10年くらい前に、万茶ン独自のメニューをと考案したもので、通年でいただけるスイーツです。
9月はふじ、10月上旬~下旬はジョナゴールドなど、品種は季節によって旬なものに変わります。
柔らかいのに生の歯応えを残すように研究した究極の食感と風味を、冷たいアイスクリームが引き立ててくれます♪

土手乃珈琲屋 万茶ン

アップルティーも季節によってブレンドされているので、季節ごとに色や香りを楽しむのもオススメです。
太宰治生誕百年の今年、80周年を迎える東北最古の喫茶店で、ティータイムはいかがでしょうか。
by Kuu

《土手乃珈琲屋 万茶ン》
弘前市土手町36-6
0172-35-4663
10:30~18:30(LO)
定休日:木曜

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅