まるごと青森

twitter facebook rss
津軽塗

華麗なるコラボ

特産品・お土産 | 2009-06-24 23:58

青森県民のみなさまにとって、郷土民芸を代表するものといったら「津軽塗」がすぐに思い浮かぶのではないかと思います。

津軽塗は、50もの行程を経て生み出される伝統の「研ぎ出し」技法で、その手数の多さを揶揄されるほど、塗っては研ぎ塗っては研ぎを重ねて、やっと出来上がるものです。品物にも拠りますが、全行程に約60日を要すると言われています。
まさに、「手仕事」なんです!!!

津軽塗

唐塗(kara-nuri)
津軽塗りの代名詞的な技法ですね。丸い穴がいくつも空いているヘラを使って模様をつけ、研ぎ上げていきます。

津軽塗

七々子塗(nanako-nuri)
漆を塗った後、乾かないうちに菜種を捲き敷くと、表面張力の作用で菜種が漆を吸い上げ、この模様の土台をつくるのです!

津軽塗

紋紗塗(monsha-nuri)
炭化させた籾殻をつかってザラザラ感のある柄を出します。ツヤ消し黒が渋いです!

津軽塗りは、このように手数が嵩みますので、まあ、お安くはないわけですが、塗りを重ねてありますので、耐久性は非常に高いとされます。取り扱いさえ間違わなければ一生使えるものです。最近のマイ箸ブームでも普段使いの箸として津軽塗の丈夫さが評価されています。エコに関心の高いあなたなら、もちろん津軽塗を選びますよね!

ところで・・・
世界には様々な優れた手仕事がありますが、オーストリアで1823年に創業したグラスメーカーである「ロブマイヤー」も、手作りにこだわった優れたガラス製品を作り続けています。特にシャンデリアとグラスが有名ですが、製品が醸し出す雰囲気は「豪華」「華麗」に尽きます。最近では、木村拓哉主演のテレビドラマ「華麗なる一族」のセット内で使用されたそうですよ。

津軽塗

実は・・・、このロブマイヤーと津軽塗りがコラボレーションすることとなりました!!!
手作りにこだわる両者が高度な技術を融合させ、グラスと津軽塗が調和した作品に仕上げました。
ジュエリーボックスです。紋紗とグラスの調和が渋すぎます!

津軽塗

磨き上げられた津軽塗とロブマイヤー・グラス両方の輝きが豪華さに輪をかけます!

津軽塗

欲しくなりますねぇ。

津軽塗

6/23(火)から30(火)まで下記会場で展示されていますので、近くにお立ち寄りの際には行かれてみてはいかがですか♪

会場:ロブマイヤー・サロン (株式会社ロシナンテ)
    東京都港区南青山4-11-14 ユーロギア青山1F 
     (最寄り駅は地下鉄表参道駅)
    TEL 03-3423-4552  FAX 03-3423-4554
by OAK

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅