まるごと青森

馬場のぼる展"11 ぴきのねこ"がやってくる ニャゴ!ニャゴ!ニャゴ!

こども美術館デイ ~すべての展示が、こども無料~

イベント・まつり | 2009-08-03 15:18

馬場のぼる展”11 ぴきのねこ”がやってくる ニャゴ!ニャゴ!ニャゴ!

夏休みの青森県立美術館
エントランスに入るなり、天井から漫画のコピーが!!
いきなり楽しげな雰囲気♪

馬場のぼる展"11 ぴきのねこ"がやってくる ニャゴ!ニャゴ!ニャゴ!

立ったまま読めたり、ぴよ~~んって伸ばすと椅子に座って読めたりと、ニクイ仕掛けが!!

そして、いよいよ地下2階へ。
エレベーターを降りると、猫がお出迎え♪

馬場のぼる展"11 ぴきのねこ"がやってくる ニャゴ!ニャゴ!ニャゴ!

※美術館に許可を得て撮影しています。
猫の足跡について行くと、展示会場へ辿りつける仕掛けになっていました。

するとそこにも、漫画がぷらんぷらん♪
こども美術館デイ開催中とあって、可愛らしいこどもたちの姿が。

馬場のぼる展"11 ぴきのねこ"がやってくる ニャゴ!ニャゴ!ニャゴ!

この展覧会は、三戸町出身で、「11ぴきのねこ」シリーズでお馴染みの馬場のぼるの創作の秘密を紹介した展覧会。
デビュー前の投稿漫画から赤本漫画、遺作、アイデアスケッチなどの資料に至るまでを紹介する初めての試みをしています。

馬場さんの作品は、漫画も絵本も、「オチはそこかいっ!!」って思わず突っ込みを入れたくなるストーリーがほとんど。
「人生というものは、希望という名の列車に乗ったはずが、失望という名の終着駅に着くことが間々あるから、それがこの世のならいなら、今のうちにお子様方にお知らせしたほうがためになるのではないか」ということなんだそうで(笑)。

絵本のデビュー作である「きつね森の山男」は大の仲良しであった手塚治虫さんが彼の作品の中で一番好きだと言っていた作品。
それの特装版には、馬場さんの手書きでお話も添えられています。

馬場のぼる展"11 ぴきのねこ"がやってくる ニャゴ!ニャゴ!ニャゴ!

「あおいあおい森」はきっと青森の名久井岳、描かれているお城はきっと三戸城では・・・と感じたのはきっと私だけじゃないと思います。

「ぶどう畑のアオさん」は、最終ページを亡くなる4日前に病床で描いたという遺作。

馬場のぼる展"11 ぴきのねこ"がやってくる ニャゴ!ニャゴ!ニャゴ!

主人公のアオさんは馬。馬産地である三戸出身、そして苗字にも馬がついていることを考えると、意識的に設定した主人公なんだろうなぁと思えてきます。

他にも豚や狐、ゴリラなど、人間そのものを動物に置き換えて登場させていて、一番多く登場しているのはもちろんニャゴ!ニャゴ!の猫ちゃん♪
一番人間に近いと感じていたんでしょうね。

会場で目を引くのは役4.5メートルのアコーディオン式の絵巻えほん「11ぴきのねこマラソン大会」。

馬場のぼる展"11 ぴきのねこ"がやってくる ニャゴ!ニャゴ!ニャゴ!

「ウォーリーを探せ」的な世界なのですが、手塚治虫さんや、南部地方に多くみられる芝棟(茅葺)の家、特攻隊時代の一コマを思わせるグライダー訓練の様子なども描きこまれています。
また、他の作品同様に、こどもが好きそうなコロッケ屋、アイス屋、たいやき屋など、猫への誘惑もいっぱい仕掛けられていて、脱落していく猫ちゃんも(笑)。
まるで人生の縮図のようです。
このマラソン大会の作品の中のあるところには、仕上がりの年月日も描き込まれています。探せるかなぁ。

馬場さん自ら朗読している映像も♪

馬場のぼる展"11 ぴきのねこ"がやってくる ニャゴ!ニャゴ!ニャゴ!

また、一日郵便外務員をした時や東京タワーが出来た時などに漫画訪問したルポや仲間との写真なども資料展示されていて、そのお顔を見ると口元など絵本の中の猫ちゃんに似ているような・・・。

今回の展覧会は、こどもも楽しいですが、ちょっと年配の方にとって懐かしい世界かもしれませんね♪

最後のお部屋の壁には、こどもたちがペタンペタンとスタンプを押したり、マラソン大会の絵柄に塗り絵をしたり、和やか♪

馬場のぼる展"11 ぴきのねこ"がやってくる ニャゴ!ニャゴ!ニャゴ!

さすが、小中学生無料のこども美術館デイ開催中といった雰囲気です。
チラシを持参すると、素敵な「けんびわくわくバッグ」(こどもが喜ぶシールやカード、大人が喜ぶショップやカフェの割引券など)がもらえたり【写真上】、こどもクイズラリーで全問正解すると、抽選で可愛いグッズがもらえたり【写真下】、

馬場のぼる展"11 ぴきのねこ"がやってくる ニャゴ!ニャゴ!ニャゴ! 馬場のぼる展"11 ぴきのねこ"がやってくる ニャゴ!ニャゴ!ニャゴ!

こどもギャラリーツアーに参加すると猫ちゃんのお面がもらえたり、ショップもグッズがたくさん並んでいるし、楽しいことづくめ♪

馬場のぼる展"11 ぴきのねこ"がやってくる ニャゴ!ニャゴ!ニャゴ!

カフェには、『とらねこたいしょうのあつあつエビドリア』(11ぴきのねことお子様セット(リンゴジュース、ミニデザート付))が登場♪

馬場のぼる展"11 ぴきのねこ"がやってくる ニャゴ!ニャゴ!ニャゴ!

バターライスとベシャメルソースの相性抜群の組合わせです♪

その他にも「夏の熱々冷々新メニュー」として石焼PASTAや冷製PASTAも大人気だそうです♪

8月3日と5日の青森ねぶたには、ニャゴ!ニャゴ!と、ねこネブタが出陣するそうですよ♪
観光には青森市観光ルートバスが便利です!!
by Kuu

馬場のぼる展
7月29日(水)- 9月6日(日) ※会期中無休
9:00-18:00 (入館は17:30 まで)
観覧料:一般800円、大高500円、小中200円

こども美術館デイ2009
7月29日(水) – 8月23日
期間中、小中学生は全ての展示が無料。
開催中の「馬場のぼる展」やあおもり犬にちなんだイベントも多数開催。
こども美術館デイのチラシを持参した小中学生には、「けんびわくわくバッグ」を1日先着100名にプレゼント。

掲載されている内容は取材当時の情報です。メニュー、料金、営業日など変更になっている可能性がありますので、最新の情報は店舗等に直接お問合せください。

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

お酒寿司白神山地周辺津軽弁金魚イベントハンドメイド#郷土料理#青森グルメラーメン野菜居酒屋・バーカレー缶バッジおにぎり海藻唐揚げ#お家ごはん中華料理スイーツ魚介種差海岸まつりカンバッジうにぎりわかめ和栗インバウンド#料理エビチャーハンまち歩き肉・卵十和田湖アクティビティおみやげ岩のりe-sportsスタンプお家でシリーズBUNACO白神山地体験レポート伝統工芸田んぼアートマグロお土産津軽弁缶バッジ寒海苔お盆スーパー植物#だし青森県郷土料理三味線ご当地蔦沼寺山修司カフェ迎え火・送り火ハンコ担々麺#アートアウトドアツアー歴史・文化紅葉新緑八戸ブックセンターコーヒー嶽きみコケシ辛い#青森県立美術館#サウナ自然アートランチライトアップイルカプリン熱帯魚クリスマス種差#自然#八甲田山グルメ弘前公園陸奥湾おやき焼き鳥グランピング#エビの釣り堀食堂ブナコ弘前城フェリー三社大祭日記雪見温泉月見#釣りヒバ津軽八甲田尻屋埼灯台館花岸壁朝市ポップアナログレコード#手帳鉄道青森岩木山尻屋埼宵宮横丁露天風呂青森県、色彩#桜りんご三内丸山遺跡白神山地毛豆寒立馬美術館最強毛豆決定戦妖怪#食ねぶた・ねぷた奥入瀬渓流絶景太宰治灯台青森土産きのこ鮟鱇JOMONトーク伝統芸能果物山菜・きのこウニ温泉ジオパーク津軽土産アニメあんこう万年筆えんぶりカフェ・レストラン米・パン・穀物津軽海峡自転車ガイドパッケージ買いクラフト風間浦鮟鱇ステンドグラス建物

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ