まるごと青森

twitter facebook rss
「モノのみごと」展

東京で新しい青森の手わざを ~「モノのみごと」展

イベント・まつり | 2009-08-12 18:37

先日、ある方から「くどぱん!さん、今度こういう催事があるの、知ってる?津軽塗とかこぎんも出るんですよ」と教えていただいたのが「モノのみごと」展。

いただいたチラシを見ると、”雑誌や書籍で日本の手仕事を取材・紹介するフリーエディター&ライターである田中敦子さんが、日本全国にある手わざのモノを、現代的な視点でセレクトした”という催事です。
なるほど、”現代的”…気になりますね。これはぜひ、行ってみなければ。

「モノのみごと」展

とやってきたのは伊勢丹新宿店。
いや、これはまたずいぶんたくさんのアイテムが並んでますね。北は青森から南は沖縄まで。こうしてみると、日本の文化って、ものすごく多様なんだなあ…と思い知らされる感じです。

「モノのみごと」展

さて、今回は予め”ブログで紹介したいのですが”と連絡して行ったところ、なんとも恐縮なことに田中さんがいてくださったので、ちょっとお話を伺うことができました。

田中さんによると、こういった催事は昨年に続いて2回目。去年は「きれいをかなえる暮らしのてわざ・道具展」ということで、あまり産地は考えず、自分が使っているもの、使って心地よい、暮らしを調えるものを集めて行ったそうです。
そして今年。幕藩体制の時代から続く伝統の手わざ、ということを少し意識しつつも、でもやっぱり自分で使いたくなるような、ご自分の好きなモノ・気になるモノを集めたのだそうです。

うーん、そうするとこんなにたくさんの産地のものが集まることになるのですね。凄いなぁ…と感心しつつ見て回っていると、ありました、津軽塗。

「モノのみごと」展

出展しているのは、津軽漆スピリット合同会社。こちらは、海外に誇れる津軽塗の商品開発のために生まれた合同会社。今照芳さん木村正人さん小笠原富輝さん斎藤和彦さんといった職人さんが名を連ね、国内外に新しい津軽塗を発信していこうとしています。
中で、今回出品したの木村正人さん。

「モノのみごと」展

まずは茶缶。横にある説明に”地元ではちゃっかんと呼ばれ”と…え?そうですか?と田中さんに聞くと「何回聞いてもそう聞こえるので」と笑って答えてくれました。
まあ、それはともかく、ヨーロッパで高い評価を受けているのだそうです。よく見る唐塗りのものとはちょっと色使いが違いますね。シンプルでいい感じ。

「モノのみごと」展

そしてやっぱり渋い、紋紗の六角皿(写真左)や、これはちょっと見たことがない形、「おりがみ」(写真右)なども。

一方のこぎん刺しはこぎん研究所が作ったもの。

「モノのみごと」展

小さな袋や数寄屋袋、名刺入れなど。

「モノのみごと」展

こちらののこぎんの模様は「梅の花」と言うのだそうです。うーん、この色にこの模様。これが田中さんのセンスなのですね。見てるうちにだんだん物欲が…

「モノのみごと」展

結局こちらをお買い上げ(自分に言う言葉か?)いや、こぎんの名刺入れはもう持ってるんですけどね。ついつい。

「モノのみごと」展

という感じで青森のものが見れて、そのほかにも全国から集まった良いモノ満載(写真左は東京の手植えブラシ、右は岐阜の木工家具。なんだかかわいい…)、ぜひ皆さん足を運んでみてくださいね。

by くどぱん!

○「モノのみごと」展
場所:伊勢丹新宿店 本館5階
期間:8月5日から8月25日(火)まで
時間:10時~20時(会期中は無休)
※田中敦子さんのホームページはこちら

タグ: 伝統工芸東京

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅