まるごと青森

twitter facebook rss
いろいろなイモ

いろいろなイモ!

特産品・お土産 | 2009-09-11 00:07

秋です。だんだん日が短くなっていくのが感じられる時期です。
日本は世界の中でも四季がはっきりと区別できる国の一つだといわれます。日本に住んでいる私たちにとっては至極普通のことに感じてしまうんですが、これって、実は、とっても恵まれたことなんですね!
四季があることで私たちが享受している物理的・精神的な恩恵は数えだしたらきりがないほどありますねぇ・・・

特に、豊穣の秋。オイシイ秋。
多くの生物が冬支度をはじめた気配を感じると、わたしもいきおい冬眠準備モードに入ってしまいます。「蓄えなければ・・・」、DNAにすり込まれた本能行動がムクムクと目を覚まし、「皮下脂肪を蓄えよ!」という無言の声に抗うことができません。あぁ、しかも、青森のものって、何でこんなにオイシイものがいっぱいあるのでしょう・・・・。

もう少し先になったら、落ち葉を集めて焼き芋をしたり、ふかしたジャガイモにバターをのせたり・・・・そとで馬鍋もいいし、単純に芋煮でも外でワイワイやるなら楽しいなぁ・・・・。ん~・・・・なかなか主役にはならないけど、どれもイモが欠かせないなぁ・・。イモ、単純にオイシイですよねぇ。これがないといろんな料理が困りますね。

青森にはこんな楽しいイモもあります。

いろいろなイモ

黄金先農場さんのテイスティングポテトです。カラフルで楽しいし、味も全部違う!イモの味は「どれも同じ」ではないのだ!

ちょっとかわったところで・・・

いろいろなイモ

キクイモ! →キクイモ
アメリカ先住民も常食していたキクイモ。ほかの食品からとった糖や脂肪が腸内で吸収されるのを防ぐ効果があるとか。血糖値の上昇を抑える効果があるそうですよ!メタボな方に。

かなりかわったトコロで・・・

いろいろなイモ

野老です。ヤロウ!ではありません。トコロと読みます。 →トコロ
灰汁が強いのでかなり苦く感じます。お茶はよく見かけますね。

そして、青森でイモっていったらやっぱりコレでしょ

いろいろなイモ

ながいも!青森県は生産量日本一です!
いろいろ食べ方はありますが、やっぱり皮をむいて短冊切りにして醤油をかけて食べるのが一番うまい!と思います。おでんの大根くらいのサイズに切って、フライパンで両面をバター醤油でソテーして食べるのもオイシイです。最近の研究では、ナマのナガイモにはインフルエンザウイルスの活性を下げる効果があるとか!

イモ三昧の秋・・・・・またBMI上がりますねぇ・・・
by OAK

タグ: 野菜青森県

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

ラーメンスイーツまち歩き伝統工芸郷土料理ツアー自然りんごねぶた・ねぷた果物カフェ・レストランお酒野菜魚介肉・卵田んぼアート三味線歴史・文化アート食堂ヒバ鉄道三内丸山遺跡奥入瀬渓流山菜・きのこ米・パン・穀物寿司居酒屋・バー種差海岸十和田湖マグロご当地紅葉ランチグルメ弘前ブナコ津軽白神山地絶景ウニ津軽海峡カレーお土産蔦沼新緑弘前公園弘前城八甲田岩木山毛豆太宰治温泉自転車津軽弁缶バッジカンバッジおみやげ津軽弁缶バッジ寺山修司八戸ブックセンターイルカ陸奥湾フェリー尻屋埼灯台尻屋埼寒立馬灯台ジオパークガイドおにぎりうにぎり岩のり寒海苔カフェコーヒープリンおやき三社大祭館花岸壁朝市宵宮美術館青森土産津軽土産パッケージ買い金魚海藻わかめe-sportsお盆迎え火・送り火嶽きみ熱帯魚日記ポップ横丁最強毛豆決定戦きのこアニメクラフトイベント唐揚げ和栗スタンプスーパーハンココケシクリスマス焼き鳥雪見温泉露天風呂鮟鱇あんこう風間浦鮟鱇ハンドメイドインバウンドお家でシリーズ植物担々麺辛い種差グランピング月見アナログレコード青森県、色彩妖怪JOMONトーク万年筆ステンドグラス#郷土料理#お家ごはん#料理BUNACO#だし#アート#青森県立美術館

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅