まるごと青森

twitter facebook rss
下山豆富店の「黄金樹」

下山豆富店の「黄金樹」

特産品・お土産 | 2009-09-30 17:18

~国産JAS有機無農薬大豆100%使用、にがり以外無添加の安全安心のお豆腐~

朝晩、少し肌寒くなってきて、温かいお鍋が恋しくなる季節がいよいよ到来!!って感じですね♪
今回はお鍋には欠かせない素材「お豆腐」のお話ということで、日本で唯一国産JAS有機無農薬大豆でお豆腐を作っている五所川原市の下山豆富店さんのご紹介です。

下山豆富店の「黄金樹」

初代は明治中頃から豆腐屋を営まれ、先代が昭和4年に分家し、現在の場所で営業を開始。
3代目となるご主人の下山正一さん(70歳)が40歳の時に、自分の代になり、安全安心な食品作りに取り組もうと決心!!
店名の「下山豆富店」の「豆富」という言葉は下山さんが付けた名前。
そう、日本で最初に使ったのはコチラのご主人なんです!!

下山豆富店の「黄金樹」

コチラの看板商品は木綿豆腐の「黄金樹」(220円 300g)。

下山豆富店の「黄金樹」

一般には入手困難と言われている貴重な無農薬の県産大豆100%で作っているんです。

下山豆富店の「黄金樹」

天日乾燥の大豆「おおすず」を使用した木綿豆腐はしっかりした歯応えがあり、植物性タンパク質が豊富!!
冷や奴でいただくと特徴が一番分かるのですが、コクと旨さがたまりません。

店主の下山さんのお話では、このお豆腐を完成させるまで4年を費やされたそうです。

その他にも、絹ごし豆腐の「むかし絹ごし」(220円 300円)、油揚げの「昔手あげ」(240円 60g)、豆乳(150円 200cc)も青森県産JAS有機無農薬大豆100%の商品です。

下山豆富店の「黄金樹」

ナント、油揚げの開発には6年かかったそうですよ~~♪

なぜそんなに開発に年月がかかったか・・・その理由は、『にがり以外の添加物も無添加』だから。
豆腐作りの常識である消泡剤を使っていないんです!!
一般的な豆腐作りには昔から、食用油に石灰を加えたものやシリコン樹脂などを泡消しのために使っています。消泡剤を使用しないと作られる豆腐の量が激減するため、使用することは常識!!
消泡剤を使用した際の効率的な通常の製法では、60キロの豆から1000丁の豆腐を作ることができますが、使わない下山さんの製法ではその35%の350丁しか作ることができません。
水にもこだわり、活性化ろ化水の使用により塩素を除去、水から酸素を抜く機械の導入によりボイラーに対する防錆剤も無添加、清掃は煮沸消毒・・・と、原材料から製造工程にいたるまで徹底して安全安心にこだわっています。

下山さんは「大事なのは感じ取る感覚、大豆との対話」とおっしゃいます。
なんだか「これぞ、青森の正直」って感じの素敵なお店です。
このありがたいお豆腐、生活習慣病などを気にされている方にも人気だそうです。

また、カロリーを気にされている方やお子さまには濃厚な食感と甘すぎない味の「とうふババロア」(レモン、みかん、グレープ、コーヒー 150円 70g)、

下山豆富店の「黄金樹」

豆腐50%、餅米50%のお団子「とうふだんご」(200円)がオススメです!!

下山豆富店の「黄金樹」

私は安心してついつい食べ過ぎちゃいましたが(笑)

五所川原にお出掛けの際には、このありがたぁ~い下山豆富店のお豆腐をお試しください。
心まで温まるお鍋になると思いますよ♪

《下山豆富店 豆久庵》
五所川原市田町173-3
電話 0173-34-2012 FAX 0173-34-6762
daichinomegumi@lapis.plala.or.jp
FAXやeメールでのお取り寄せ可

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅