まるごと青森

twitter facebook rss
下風呂温泉郷にある黒いお湯

下風呂温泉郷にある黒いお湯

温泉・宿泊 | 2010-02-10 20:19

寒い青森の冬。だからこそ温泉のありがたみは強く感じるんですよね~。
下北半島 風間浦村。下風呂温泉郷は各旅館に素晴らしい泉質のお湯が
揃っていて今や地元だけでなく県内外から多くのお客様に親しまれている
温泉です。

下風呂温泉郷にある黒いお湯

でもね・・・・・そのお湯は白濁していたり透明に近いものだったりしていた
はずなんです。先輩からの話を聞くまでは。
下風呂に黒い湯がある・・・・結構下風呂には足を運んでいる方だと思って
いたのですが全くの初耳だったんです。

shimoburo_kuro2

下風呂温泉郷のメインストリートに佇む「旅館さつき荘」
この日はご主人が不在で留守番のおばあちゃんにお話しし、立ち寄り入浴
をしました。

shimoburo_kuro3

旅館の2階に上がり、仄暗い廊下を突きあたりまで進むと、存在を隠してい
るかのように浴室が現れました。

shimoburo_kuro4

脱衣場をすすむと・・・・ありました。浴槽が!んんん?白濁してますね~。
「黒くないんですけど・・・・」そう言うと先輩はニヤリと浴槽のお湯をかき混ぜ
だしたんです。

shimoburo_kuro5

柄杓ですくってみると・・・おお黒くなってます。どんどん黒くなっていきます!

shimoburo_kuro6

写真ではグレーっぽく見えるのですが、実際に見るとかなり黒に近い灰色で、
とっても濁り具合が強いため、入浴すると体が全く見えません。
ザブーッ・・・・じわ~っと温まって、しっとりとしたお湯が体に馴染んでいく~
温度は40~42度くらいでしょうか。同じ下風呂にある立ち寄り湯の大湯や
新湯に比べるほど熱くなく、ゆったり入れる感じです。

shimoburo_kuro7

(今回は先輩がモデルになってくれました。湯船の中は全く見えません。)
他の下風呂温泉と同じ泉質のような香りがしつつ、やや鉄っぽい感じも受け
ます。後からお宿のおばあちゃんに聞いたところ、砂鉄が混じっているようだ
とのこと。どうりで底に黒っぽい沈殿物があったので納得しました。同じ下風
呂の地域内でこんなに泉質の違う温泉が出てくるのですね。是非一度試し
てみてはどうでしょうか。確か入浴料250円くらいだったかと思います。
ちなみにタオルは黒っぽくなります。浴室・脱衣場は一つしかありません。
でもお湯は超お勧め♪是非試してみてくださいね♪

byノブchan

タグ: 下北風間浦村

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

ラーメンスイーツまち歩き伝統工芸郷土料理ツアー自然りんごねぶた・ねぷた果物カフェ・レストランお酒野菜魚介肉・卵田んぼアート三味線歴史・文化アート食堂ヒバ鉄道三内丸山遺跡奥入瀬渓流山菜・きのこ米・パン・穀物寿司居酒屋・バー種差海岸十和田湖マグロご当地紅葉ランチグルメ弘前ブナコ津軽白神山地絶景ウニ津軽海峡カレーお土産蔦沼新緑弘前公園弘前城八甲田岩木山毛豆太宰治温泉自転車津軽弁缶バッジカンバッジおみやげ津軽弁缶バッジ寺山修司八戸ブックセンターイルカ陸奥湾フェリー尻屋埼灯台尻屋埼寒立馬灯台ジオパークガイドおにぎりうにぎり岩のり寒海苔カフェコーヒープリンおやき三社大祭館花岸壁朝市宵宮美術館青森土産津軽土産パッケージ買い金魚海藻わかめe-sportsお盆迎え火・送り火嶽きみ熱帯魚日記ポップ横丁最強毛豆決定戦きのこアニメクラフトイベント唐揚げ和栗スタンプスーパーハンココケシクリスマス焼き鳥雪見温泉露天風呂鮟鱇あんこう風間浦鮟鱇ハンドメイドインバウンドお家でシリーズ植物担々麺辛い種差グランピング月見アナログレコード青森県、色彩妖怪JOMONトーク万年筆ステンドグラス#郷土料理#お家ごはん#料理BUNACO#だし#アート#青森県立美術館

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅