まるごと青森

twitter facebook rss
「テーブルウェアフェスティバル2010」開催中

「テーブルウェアフェスティバル2010」開催中

イベント・まつり | 2010-02-01 08:40

食器・・・食事を彩る上で、私達の食生活には欠かせない存在になっていますね。
その提案を大々的におこなうイベント、「テーブルウェアフェスティバル2010
暮らしを彩る器展」が先週土曜日1月30日から東京ドームで行われていて、青森県
からも津軽塗と津軽金山焼が出店しています。ちょっとのぞいてみました。

tablefes

まずは津軽塗から。新しい食卓における食器提案という事で、普段見慣れない食器
類が多いですね~。

tablefes2

中でも今イチオシなのは、津軽のうるおい椀。小振りなお椀で、普段使いをして欲
しいという思いをこめて作られたものです。

tablefes3

塗り箸も、滑りにくい箸や、四角形だけではない五角・六角のものがあって手にも
馴染みやすい形のものが提案・販売されています。中でも五角形のものは縁起物
(五角=合格)として手にされる方も多いのだとか♪

tablefes4

続いて金山焼をのぞいてみました。

「テーブルウェアフェスティバル2010」開催中

いやあ、所狭しと沢山の焼き物が並んでいますね~。最近では津軽塗とのコラボで
様々な模様も入れ込んだ作品も出ています。

tablefes6

これは桜の花びらですね。釉薬によらない焼き上がってみなければ分からない自然
の造形美にアクセントが施される美しさ。思いもつきませんでした。まだ始まった
ばかりだそうですが、まだまだ沢山の可能性を秘めているような気がします。

tablefes7

ちなみに最近注目されているのが紐剣山!なんだそうです。何でも他の剣山に比べ
て金山焼が生け花などと一体化するというか、自然な感じを保っているからなのだ
とか!確かに針があるわけでもなく自然な感じに見えますね~。

tablefes8

あとは~おやおやもうすぐバレンタインだからでしょうか・・チョコレートが??

tablefes9

と思いきや!こちらはチョコ型のマグネットになっているんです。金山焼にも様々
な顔があるんですね~。ついつい時間もたってしまいます。

そして、最後は著名人による食空間提案「彩りの暮らし」コーナーから。
空間プロデューサー竹中麗湖さんの作品「縄文の声...春の祝宴」です。

tablefes10

縄文・・・自然と人間、お互いが尊重しあってきた世界、その時代を食空間として
今の時代に表現された奥深い作品だと感じています。すみません、作品の全体像を
とらえることが出来ず、その全てをお伝えしきれていません。是非、実際に会場で
その全容をご覧いただければと思います。

tablefes11

こちらのフェスティバル、入場は有料ですが、青森だけでなく日本全国、世界各国
の和洋食器が数多く展示・販売され、数多くの食空間提案がされています。2月7
日(日)まで行われていますので、是非是非見てみてくださいね!

byノブchan

タグ: 伝統工芸東京

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅