まるごと青森

twitter facebook rss
天ぷらではない「えご天」

天ぷらではない「えご天」

特産品・お土産 | 2010-06-03 12:01

先日、学生のころにお世話になった下宿に行ってきました。下宿のおばちゃんは、50歳近くになって運転免許を取得したツワモノで、暇さえあれば、県内をあちこち走り回っています。そんなおばちゃんから聞いた話で、ちょっと気になっていたのが「えご天」。西海岸に行けば売ってるよ~、ということで、愛車に乗ってやってきました「かそせ いか焼き村(道の駅ふかうら)」。

天ぷらではない「えご天」

イカの看板に誘われて、店内で見つけたのがこの「えご草」です。

天ぷらではない「えご天」

う~む、この状態を見て、これが食べ物と思う人はまずいないでしょう。何となく色も怪しいし、固いし・・・。
どれどれ、裏面の作り方を参考に早速作ってみるべか。

まず、水洗いします。

天ぷらではない「えご天」

・・・こりゃたわしだな。水を含んで柔らかくなると思ったら、まったくそんな感じもないし、当然ほぐれもしない・・・。これでいいのかな?

・・・まぁいいや、ということで、ナベに水をいれ、えご草を投入。

天ぷらではない「えご天」

強火で加熱すると、だんだんえご草が溶けて、ドロドロになってきました。さらに、まさに海藻、という香りだったものが、いつの間にか漢方薬にような香りに変わってきたような・・・。う~む、ますます怪しい。

煮立ってから火を弱火にして10分ほど経過すると、完全に溶けてこの状態。

天ぷらではない「えご天」

作り方には20分程度煮て溶かす、とありましたが、かなり早く溶けました。(溶けない海草は取り除きます。)

火を止めると、急速に固まり始めたので、急いで器にうつします。

天ぷらではない「えご天」

何となく、こんにゃくっぽい感じです。ただ、香りは漢方薬かな~? 部分的にこげてこんな香りがするのだろうか・・・?

・・・まぁいいや、ということで、冷蔵庫で冷やすこと1日。器を横にしても落ちない状態にかたまりました。これで「えご天」の完成です。

天ぷらではない「えご天」

作り方には、常温又は冷蔵庫で半日ほどかためる、とあったので、冷やしすぎで固くなりすぎたのか? と思いましたが、器からだしてみると、プルンプルン。漢方薬のような香りもなくなり、無臭状態になってます。

天ぷらではない「えご天」

切ってみた感じは、まさにこんにゃくそのもの。味もこんにゃくなのかな?

たしか下宿のおばちゃんは、カラシ醤油につけて食べる、と言っていたような気がする。しかし、わさびはあれど、カラシがない我が家。まぁ、カラシもわさびも変わらんべ、ということで、わさび醤油で実食。

天ぷらではない「えご天」

真っ先に感じたこと・・・あぁ、こんにゃくだ。食感はこんにゃくにかなり近いと思います。無味無臭に近く、口に含むと、ほのかに海草の香りがする程度です。ただ、これが「えご天」の本当の味であるかどうかは、私にも分かりません(笑)。なにせ、食べるのは初めてですから・・・。

どうやら、「えご天」は、健康食品やダイエット食品にもなるそうですが、私にとっては酒の肴、といったところでしょうか。味噌おでんの感覚で食べたらいいんじゃないかなぁ、と思ってしまう酒飲みです。
by ハッピーハンド

※「えご天」は、「えごねり」、「えごもち」など、様々な呼び方があるそうです。

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅