まるごと青森

twitter facebook rss
八甲田

八甲田の初夏と・・・冬?

観光スポット | 2010-06-16 09:47

4月、私のまるごとブログデビューは八甲田でした。そして今回、「I shall return.」で帰ってきました八甲田。

八甲田

13日、田代高原で「東八甲田つつじ祭り」が開催されました。八甲田山の山開きです。
先日、七戸町の天王つつじ祭の様子をお知らせしましたが、それから約3週間。ついに八甲田の高原にまでつつじ前線(?)がやってきたわけですね。

八甲田

さて、三軒の茶屋がある箒場内には特設ステージが設置され、津軽民謡などの郷土芸能の披露や一般参加によるカラオケ大会などが催されました。

八甲田

が、私が最も気になったのは、ステージ周囲で行われている焼肉パーティ・・・。うおーっ、この高原で焼肉&ビールなんて、なんとうらやましい・・・。車でなければ・・・。

と、涙ながらに辺りの散策を開始。すると、・・ほほう、グダリ沼というモノがあるのか。そればぜひ行ってみなければ。

八甲田

自生しているレンゲツツジを横目に、赤いリボンの目印に沿って「つつじの小径」を前進。沢を越え、歩くこと20分くらい、「南八甲田みち避難所」までやってきました。いやー、初夏のさわやかな風を受けているとはいえ、これは結構疲れるなぁ。何といっても、サンダルに近いズックで歩いているからなぁ(つまり、自分が悪いわけですな)。

八甲田

避難所からあるさらに歩くこと10分くらい、やっと目的地のグダリ沼に到着。おおーっ、これが・・・。って、はて? 沼というわりには、ずいぶんと水の流れが速く見えるなぁ。沢の間違いかな?・・・いやいや、ここに間違いないようです。

八甲田

このグダリ沼、実は、著名な作家の小説にも登場するほど有名な沼なのだそうです(勉強不足でまったく知りませんでした)。湧水池ということですから、スゴイ勢いで水が湧き出ているのかな? これは秋の紅葉シーズンも期待大です。

さて、虚弱体質(根性ナシ)にむち打って、来た道を戻ります。愛車に乗り込み、向かった先は田代平湿原。ココでは何と、大きな雪の粒が湿原を覆っているのです。

八甲田

もちろん、雪ではありません。ワタスゲという高山植物です。田代平湿原の奥の方に行くと、タンポポの種のように、白い綿毛のワタスゲが一面に広がっているのです。

八甲田

遊歩道を覆わんとするワタスゲ。いや~、遊歩道に寝そべって青空を見上げたら、すごく気持ちいいでしょうねぇ、って、今日は曇っているし・・・。第一、ほかの人にも迷惑ですよね。まったくこんなことを考えているから曇ってしまうのですよね。
by ハッピーハンド

つつじ、ワタスゲともに、今が見頃だと思いますが、天気が・・・。

※グダリ沼見学には、管理組合への連絡が必要だということです。(青森市HPより)
田代牧野畜産農業協同組合
017-738-0066(夏期)
0176-26-2203

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

ラーメンスイーツまち歩き伝統工芸郷土料理ツアー自然りんごねぶた・ねぷた果物カフェ・レストランお酒野菜魚介肉・卵田んぼアート三味線歴史・文化アート食堂ヒバ鉄道三内丸山遺跡奥入瀬渓流山菜・きのこ米・パン・穀物寿司居酒屋・バー種差海岸十和田湖マグロご当地紅葉ランチグルメ弘前ブナコ津軽白神山地絶景ウニ津軽海峡カレーお土産蔦沼新緑弘前公園弘前城八甲田岩木山毛豆太宰治温泉自転車津軽弁缶バッジカンバッジおみやげ津軽弁缶バッジ寺山修司八戸ブックセンターイルカ陸奥湾フェリー尻屋埼灯台尻屋埼寒立馬灯台ジオパークガイドおにぎりうにぎり岩のり寒海苔カフェコーヒープリンおやき三社大祭館花岸壁朝市宵宮美術館青森土産津軽土産パッケージ買い金魚海藻わかめe-sportsお盆迎え火・送り火嶽きみ熱帯魚日記ポップ横丁最強毛豆決定戦きのこアニメクラフトイベント唐揚げ和栗スタンプスーパーハンココケシクリスマス焼き鳥雪見温泉露天風呂鮟鱇あんこう風間浦鮟鱇ハンドメイドインバウンドお家でシリーズ植物担々麺辛い種差グランピング月見アナログレコード青森県、色彩妖怪JOMONトーク万年筆ステンドグラス#郷土料理#お家ごはん#料理BUNACO#だし#アート#青森県立美術館

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅