まるごと青森

twitter facebook rss
かや人形で子孫繁栄

かや人形で子孫繁栄

体験 | 2010-07-20 14:45

前回に引き続き、かや人形です。今回は、十和田市板ノ沢集落の「人形結い」を見学させていただきました。板ノ沢集落の神事は、子どもたちが参加できるよう、海の日の祝日に行われるようになったそうです。(梅集落は、大人だけが参加した神事でした。)
同じかや人形でも、集落が異なれば作り方も違いました。ココでは、最初から人の形にかやを並べて積み、縛っていくやり方です。

かや人形で子孫繁栄

さらに、簡単な設計図面と顔の型紙、人形の体を支える骨組みのようなものも準備されます。

かや人形で子孫繁栄

この骨組みのようなものは、人形の内部に埋め込まれました。

人形作りが行われている倉庫の外では、男性人形用のちょんまげと女性人形用の髪飾りが作られています。

かや人形で子孫繁栄

髪飾りには花が飾られ、実に美しく仕上がっていました。
また、子どもたちは、大人たちに手ほどきを受けながら、一緒に小さな人形を作っていきます。

かや人形で子孫繁栄

倉庫では、前掛け(?)の模様が描かれていきます。梅集落では、男女ともに梅でしたが、ココでは、男女別模様です。

かや人形で子孫繁栄

斜めに引かれた線の間隔は、はさみの柄の部分で幅が取られ、女性用は華やかに2色のペンで描かれました。

さて、人形は頭、胴、手足が縛られて形作られた後、袋状のゴザが頭にかぶせられます。女性人形の胸部分には、丸く曲げられたかやが積まれ、女性らしさが表現されます。

かや人形で子孫繁栄

梅集落では手の指が形作られましたが、ココでは、足の指も形作られました。

かや人形で子孫繁栄

そして顔。慎重に型紙を人形に合わせ、顔を描いていきます。

かや人形で子孫繁栄

多くの人が型紙を押さえていましたが、女性ばかりだったのが印象的です。
小さな人形作りを終えた子どももやってきて、作業を見守っています。「お父さん人形」「お母さん人形」と呼んでいる子どもたちを見て、その純真な気持ちに心が洗われたような気がしました。

さて、これからが板ノ沢集落における神事のメインイベント。完成した一対のかや人形が神社の境内の木に結ばれると、集まっていた集落の人たちが、かや人形の足元に、きれいな花で飾られた小さな人形を置き、お祈りしていくのです。(梅集落のように、串もちが刺されることはありません。)

かや人形で子孫繁栄

この小さな人形、男女、夫婦があるそうで、安産、子孫繁栄を願ってかや人形の足元に置かれるそうです。
お年寄りから小さな子どもまで、かや人形に手を合わせているその姿は、実に感動的な光景でした。

かや人形で子孫繁栄

かや人形の作成中、お年寄りから若い方へ「ちゃんとやり方覚えて、自分たちでやっていけるようにならなければだめ」という言葉が頻繁に述べられていました。こうして集落の伝統文化が伝承されていくのですね。
by ハッピーハンド

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅