まるごと青森

雄艇

雄艇で仙人の食事を味わう

グルメ | 2010-10-04 12:01

先日八戸市にお邪魔した際に紹介してもらったお店があります。事前に聞いていたのは、「雄艇(ゆうてい)」という店名と、「仙人のお店」であるということ・・・。仙人? いずれにしても、ちょっとアヤシゲな感じを受けたのは事実です。

雄艇

お店の入口はいたってシンプル。ただ、表示には「仙人の食卓」の文字。中に入ってみると、そこには仙人が・・・ではなく、優しい笑顔のお店の主が厨房に立っておりました。

雄艇

お店の主、佐藤雄三さんです。そして、このお店は「雄三さんのふね」ということで「雄艇」と名付けたそうです。お店は、カウンター席とテーブル席を合わせ、15、16名くらいの人数が入れる大きさでしょうか、決して大きいお店ではありません。しかし、出される料理や佐藤さんのユニークなキャラクターもあって、常連のお客さんも多いようです。知る人ぞ知るお店、といったところでしょう。
事実、入店当初は我々だけだった客も、しばらくすると・・・

雄艇

お店はほぼ満員状態。若い方が非常に多かったのが目につきました。

さて、ここの料理がすごいんです。基本的に、天然食材を使った料理が出されるお店なのです。この日も、県南地方や岩手の県北地方で採れた食材がズラリ。クレソンやミズなどの山菜はもちろん、

雄艇

ヒラタケ、キクラゲなどのキノコ類も、すべて佐藤さん自ら採った食材です。・・・キクラゲの巨大さは圧巻です。写真奥のヒラタケと比べるとその大きさは一目瞭然。
そして、この日もっとも貴重だったのがこの食材。

雄艇

一見、小さいジャガイモのようにも見えますが、実はこれ、キノコです。松露(しょうろ)と呼ばれるもので、市場にはほとんどでない幻のキノコ、ということです。海岸の砂浜でとれるそうで、青森県内のある場所で採ったそうですが、場所までは教えてくれませんでした(当然ですね)。

いよいよお待ちかねの料理です。

雄艇

しそで味付けのなされたミズの実です。私、ミズの実を見るのは初めてでしたが、ややぬめりのある実の柔らかい食感と茎の部分のシャキシャキ感、そしてさっぱりとしたしそ味。これ、ほんっとおいしいです。一番最初の料理でしたが、山盛り食べたい気分でした。

雄艇

さわやかなキュウリおろしがかけられたアミタケ(写真左)、3日間(!)もじっくり煮込んだ煮込みなど、いやいや、おいしくないはずがありません。
そして、生ビールでのどを潤した後に登場した日本酒。

雄艇

竹筒でギンギンに冷えたものを、これまたギンギンに冷やされた竹のおちょこでいただきます。ちょっとシャーベット状になった日本酒、家でも飲んだことはありましたが、この竹が魔法の筒なんです。飲んだ直後の感想は、とにかく「きれい」。竹がどのように働いているのかわかりませんが、とにかく味が透き通ってきれいなんです。ふだん飲んでいた銘柄の日本酒でしたが、竹筒だけでこんなに変わるとは・・・。これ、絶対に飲み過ぎますよ。

そしていよいよお待ちかねの一品が登場。

雄艇

薄くスライスした松露。軽く焼いてあると思いますが、ホワイトソースがちょこんと乗っかり、見た目は小さなジャガバターのような感じ。しかし食べてみると・・・!! 弾力のあるシャキシャキ感、と言えばいいのかな? 表現するのが難しいです。決して強い味ではありませんが、噛んでいくうちに、じわーっとうま味が口に広がります。誰もが、これ本当にキノコ? と思うはず。そして、「何と表現したらいいのだろう?」と悩むことでしょう。

このほか、朴歯味噌焼きのカレイや岩のりの茶碗蒸なども美味美味。巨大なキクラゲの、普段食べているキクラゲとの食感の違いに驚き、

雄艇

ウメソースのかかったミズの料理など、見た目はフレンチかと思える美しい料理を堪能しました。

そして、このお店の最大の目玉。それが佐藤さんのライブでしょう。

佐藤さん、シンガーソングライターでもあるんですね~。おまけに、ダジャレ好き・・・。そのダジャレオンパレートで作ったの歌が、青森県の市町村(地名)の歌です。

来る人誰もが笑顔になり、時間を忘れて楽しむことができるお店です。午後5時過ぎに入店しましたが、気がつくと時計の針は11時半を過ぎていました。飲み過ぎ注意です(笑)。
by ハッピーハンド

ちなみに、市町村の歌のほかに、世界の国名を題材とした世界の歌もあります。ぜひお店で!

<仙人の食卓 雄艇>
八戸市十八日町1-3
0178-47-4568

※佐藤さんは、日中は岩手県の折爪岳山頂の家にも仙人の食卓を開店しています。
 ここで味わえるカレーが、これまた絶品ということです。

掲載されている内容は取材当時の情報です。メニュー、料金、営業日など変更になっている可能性がありますので、最新の情報は店舗等に直接お問合せください。

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

カフェ・レストラン米・パン・穀物津軽海峡自転車ガイドパッケージ買いクラフト風間浦鮟鱇ステンドグラス建物お酒寿司白神山地周辺津軽弁金魚イベントハンドメイド#郷土料理#青森グルメラーメン野菜居酒屋・バーカレー缶バッジおにぎり海藻唐揚げ#お家ごはん中華料理スイーツ魚介種差海岸まつりカンバッジうにぎりわかめ和栗インバウンド#料理エビチャーハンまち歩き肉・卵十和田湖アクティビティおみやげ岩のりe-sportsスタンプお家でシリーズBUNACO白神山地体験レポート伝統工芸田んぼアートマグロお土産津軽弁缶バッジ寒海苔お盆スーパー植物#だし青森県郷土料理三味線ご当地蔦沼寺山修司カフェ迎え火・送り火ハンコ担々麺#アートアウトドアツアー歴史・文化紅葉新緑八戸ブックセンターコーヒー嶽きみコケシ辛い#青森県立美術館#サウナ自然アートランチライトアップイルカプリン熱帯魚クリスマス種差#自然#八甲田山グルメ弘前公園陸奥湾おやき焼き鳥グランピング#エビの釣り堀食堂ブナコ弘前城フェリー三社大祭日記雪見温泉月見#釣りヒバ津軽八甲田尻屋埼灯台館花岸壁朝市ポップアナログレコード#手帳鉄道青森岩木山尻屋埼宵宮横丁露天風呂青森県、色彩#桜りんご三内丸山遺跡白神山地毛豆寒立馬美術館最強毛豆決定戦妖怪#食ねぶた・ねぷた奥入瀬渓流絶景太宰治灯台青森土産きのこ鮟鱇JOMONトーク伝統芸能果物山菜・きのこウニ温泉ジオパーク津軽土産アニメあんこう万年筆えんぶり

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ