まるごと青森

twitter facebook rss
東北新幹線新青森・八戸間

東北新幹線新青森・八戸間を体験してきました

体験 | 2010-11-18 10:19

12月4日の東北新幹線全線開業まで、あと2週間ちょっと。待ち遠しいですね~。11月4日に発売された一番列車のチケットは、30秒で売れ切れたというニュースもありましたが、チケットを手に入れた人が本当にうらやましい・・・。

と、そんな私の気持ちが天に通じたのか(?)、全線開業に先だって行われている新青森・八戸間の試乗会に参加することができたのです!! 本当にラッキー。

東北新幹線新青森・八戸間

到着した新青森駅は、「縄文から未来へ」をデザインコンセプトとして作られた駅です。外観は完成していましたが、内部では、店舗部分の工事などが行われていました。

この日に使用されたのは、平成23年3月にデビューする「はやぶさ」のE5系ではなく、現行の「はやて」の車両でした。

東北新幹線新青森・八戸間

新青森駅13番線ホームに入線したはやて。12月4日、このホームに多くの人が集まり、新たな歴史の第一歩を見守るのでしょうね。
午後3時17分、はやては、八戸駅に向けて静かに新青森駅を出発しました。

出発直後、進行方向左手に見える八甲田山は、雪の帽子をかぶって大変美しい状態です。いやいや、開業前に美しい車窓を先取りできて、ちょっと優越感・・・。しかし、すぐにトンネルに突入して美しい景色は見られなくなりました。
ご存じだと思いますが、新青森と八戸間は、6割以上がトンネルです。新青森駅を出発して8分くらいだと思いますが、複線の陸上トンネルとしては世界最長の「八甲田トンネル」に入りました。・・・もちろん真っ暗です。
全長約26kmのトンネルを約5分で駆け抜けた列車は、新青森駅を出発後わずか15分程度で七戸十和田駅に到着しました。・・・・は、早すぎる!!

東北新幹線新青森・八戸間

数分間停車したのち、再び動き始めたはやては、またまた多くのトンネルを抜け、八戸市街に滑り込みました。

東北新幹線新青森・八戸間

新幹線の車窓から見る八食センターも、もちろん初体験。別に何ともない景色なのですが、ちょっと前に青森にいて、あっという間に八戸に来た、という感激なんでしょうか、八食センターを見ただけでかなりテンションが上がりました。

七戸十和田駅を出発後、12分!! たった12分ですよ!! 八戸駅に到着です。途中、七戸十和田駅に数分停車しましたが、新青森を出発してわずか30分程度で八戸・・・。お、恐るべし、新幹線、ですね。

このあと、試乗列車は新青森駅に向けて出発。七戸十和田駅を経て、八甲田トンネルを抜けると、そこは夕闇に包まれた青森市街でした。

東北新幹線新青森・八戸間

長いトンネルを抜けて広がる青森市の景色に感激すること、間違いなしです。

東北新幹線新青森・八戸間

この日は全部で4往復の試乗列車が運行され、新青森駅にも多くの方が集まり、さながら開業後のような雰囲気。12月4日が本当に楽しみです。さぁ一番列車に乗る・・・ことはできないけど、見にいくぞ~!
by ハッピーハンド

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅