まるごと青森

『ボッコ靴』

日本発のハンティングブーツ『ボッコ靴』

特産品・お土産 | 2011-01-12 10:50

ここのところ、毎日続いている雪、雪、雪。
青森だけじゃなく、日本全体がすっぽり冷凍庫に入っているような状態のようですね。

ということで、このような厳しい天候の雪国にかつて欠かせなかったボッコ靴のご紹介です。

『ボッコ靴』

暖かさと耐久性が最大の特徴のボッコ靴。
天然ゴム100%、裏地もないのに履くとポッポッと温かいボッコ靴は、昔から寒さの厳しい東北地方や北海道でマタギやりんごの剪定作業、営林業、国鉄の関係者などに重宝されていました。
雪深い津軽の冬の作業にも欠かせなかったボッコ靴ですが、大量生産時代の影響からか、30年以上前から作られていませんでした。

その復活に挑戦したのが、黒石市横町商店街の靴屋さん「スミトモ」の工藤社長。

『ボッコ靴』

当時の愛用者であるマタギやりんご農家からの強い要望にこたえ、既に製造しているお店もなく、材料もない状態からスタートした復活への道。
材料の仕入れの目処が立つまでで10年、その後、当時の職人さんの記憶でおおおその型紙を作ってもらい、それを改善し、サイズを増やし・・・と努力を重ね、平成17年に復活したのです。

『ボッコ靴』

タイプは3タイプありますが、私が一番気に入ったのが「短長タイプ」♪

『ボッコ靴』

マタギに愛用されているタイプで、足首の部分に遊びを持たせ、雪の上でのすばやい動きに対応できるようになっています。
上部にはかんじき装着用のリボンが♪

『ボッコ靴』

更に足カバー(脚絆)を付けるなどして狩りに出掛けるそうです。

『ボッコ靴』

ゴロンとしたフォルムがたまらなくかわいい♪

そして、りんごの剪定作業をする方に愛用されている「半長タイプ」。
これに足カバーを付けて作業をするのが標準装備。

そして、復活の際に登場したニューデザインの「ロングタイプ」。
足カバーなしでも雪深いところでの作業が可能!!と重宝されています。

このリボンがいいよね!!という方、半長もロングも500円の追加でリボンを付けることができますよ♪

『ボッコ靴』

靴底に手書きでサイズが記されているのも、味ですよね♪

ひとつひとつ手作りのボッコ靴を履いてお散歩すれば、雪国生活を楽しくなるかも♪

『ボッコ靴』

興味のある方は、こみせ通りからも歩いて5分くらいなので、是非、のぞいてみてくださいね。
by Kuu

《スミトモ》
黒石市横町1-2
0172-52-2181

掲載されている内容は取材当時の情報です。メニュー、料金、営業日など変更になっている可能性がありますので、最新の情報は店舗等に直接お問合せください。

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

津軽土産アニメあんこう万年筆えんぶり果物山菜・きのこウニ温泉ジオパークパッケージ買いクラフト風間浦鮟鱇ステンドグラス建物カフェ・レストラン米・パン・穀物津軽海峡自転車ガイド金魚イベントハンドメイド#郷土料理#青森グルメお酒寿司白神山地周辺津軽弁海藻唐揚げ#お家ごはん中華料理ラーメン野菜居酒屋・バーカレー缶バッジおにぎりわかめ和栗インバウンド#料理エビチャーハンスイーツ魚介種差海岸まつりカンバッジうにぎりe-sportsスタンプお家でシリーズBUNACO白神山地体験レポートまち歩き肉・卵十和田湖アクティビティおみやげ岩のりお盆スーパー植物#だし青森県伝統工芸田んぼアートマグロお土産津軽弁缶バッジ寒海苔迎え火・送り火ハンコ担々麺#アートアウトドア郷土料理三味線ご当地蔦沼寺山修司カフェ嶽きみコケシ辛い#青森県立美術館ツアー歴史・文化紅葉新緑八戸ブックセンターコーヒー熱帯魚クリスマス種差#自然自然アートランチライトアップイルカプリン焼き鳥グランピング#エビの釣り堀グルメ弘前公園陸奥湾おやき日記雪見温泉月見#釣り食堂ブナコ弘前城フェリー三社大祭ポップアナログレコード#手帳ヒバ津軽八甲田尻屋埼灯台館花岸壁朝市横丁露天風呂青森県、色彩#桜鉄道青森岩木山尻屋埼宵宮最強毛豆決定戦妖怪#食りんご三内丸山遺跡白神山地毛豆寒立馬美術館きのこ鮟鱇JOMONトーク伝統芸能ねぶた・ねぷた奥入瀬渓流絶景太宰治灯台青森土産

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ