まるごと青森

twitter facebook rss
魚っ喰いの田

旬味館で魚を食べよう~魚っ喰いの田~

グルメ | 2011-03-04 08:23

いよいよ明日、東北新幹線の新型車両E5系「はやぶさ」が登場です。最高速度300km! 東京・新青森間が最速3時間10分で結ばれ、ますます東京と青森が身近なものになります。

魚っ喰いの田

あ~、早く乗ってみたいなぁ。6月のはやぶさ見学会の時(上の写真はこのときのものです。)に、オメオメと引き下がらずに乗っておけば・・・(^^;)。

さて、そのはやぶさが発着する新青森駅にあるのが旬味館。以前、旬味館の飲食ゾーンにある「めぇ」さんを紹介しましたが、今回はそのお隣、「魚っ喰いの田」さんに行ってきました。

魚っ喰いの田

訪問した日、いやいやお客さんが一杯で、大変な賑わいでした。幸い、私は相変わらず単独行動だったので、待たずにカウンター席に座ることができましたが、外には順番待ちで待っている方もいます。こういう時、一人というのは大変都合がいいものですね~(負け惜しみ)。

カウンターに座ると真っ先に目に入るのが、青森が誇る美酒の数々。メニューを見てみると、田酒、豊盃、亀吉、菊駒、関乃井などなど、県内各地の地酒が何と約50種類もあるそうです。よりどり3酒のお試しセットが650円で、これは大変お得。

魚っ喰いの田

魚と日本酒、私にとってこのコンビは普遍的な組合せです。あぁ、だけど私はまたまた車(最近、こういうパターンが多いような・・・)。しょうがない、お酒は次回にして、ここはひとつ、うまい魚をたらふく食べて気を紛らわそう。

どれどれ、メニューの一番最初にあるのは・・・「よりどり丼」ですか。

魚っ喰いの田

ほうほう、好きなネタを好きなだけ注文できる、ということは、古川市場ののっけ丼を思い出しますね。そのほか、「限定おすすめ丼」や「市場育ちのまかない丼」などなど、実にそそられるネーミングのメニューの中から私が選んだのが、板長さんが厳選した魚貝がたっぷりという「特上おまかせ海鮮丼」(1,800円)です。

魚っ喰いの田

ドドーンと登場した丼。私の大好きなイクラを始め、タコ、ガサエビ、エビ、トビッコに卵・・・んん~? 特上にしてはちょっと寂しいような気もするなぁ、と思って箸をすすめたら、

魚っ喰いの田

魚だけに、ウオっとでてきましたよ~。2段重ねだったとは・・・魚なのにニクいね~この。サーモンに赤貝、ハマチ、そしてマグロ。新鮮な魚がてんこ盛り。ボリューム満点です。イクラとトビッコのプチプチ感を味わい、脂ののったサーモンやマグロと一緒にごはんを口にかけこませれば・・・あ~、箸がとまらない。今思い出しただけでも幸せです。やっぱり新鮮な魚はうんまい。次はぜひ、地酒とともに味わいたいものです。
by ハッピーハンド

以前紹介した「めぇ」さんもそうですが、ここも年中無休です。曜日を気にせず行けるのがいいですね。

<魚っ喰いの田>
青森市大字石江字高間140-2(新青森駅1階)
017-752-6088
営業時間 10:00~21:00
年中無休

※この魚っ喰いの田さんは、青森駅前にあるアウガの地下にある新鮮市場にも出店してます。

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅