まるごと青森

松葉堂まつむらの『干梅』

松葉堂まつむらの『干梅』

特産品・お土産 | 2011-03-29 14:18

先日ご紹介した青森の梅干の定番スタイル「いしたのしそ巻梅漬」
その梅干を一回りだけ大きくしたお菓子『干梅』のご紹介です。

松葉堂まつむらの『干梅』

明治時代から四代100年以上の歴史を持つ「松葉堂まつむら」は、黒石のこみせ通りにあります。

松葉堂まつむらの『干梅』

創業当時からある干梅は、ここが元祖ともいわれており、白餡を求肥でくるみ、赤紫蘇で丁寧に包んだ銘菓。

松葉堂まつむらの『干梅』

塩漬けにした赤紫蘇の酸味・塩味、香りと歯応えに加え、しっとりクリーミーな白餡の優しい甘さは絶妙です♪
白餡は薄い求肥でくるまれているのですが、本当に存在を感じないほど薄く、肉眼でようやく見える程度。
その薄い求肥を境に、赤い紫蘇の色と真っ白な餡のコントラストが美しく上品に仕上がっています。

松葉堂まつむらの『干梅』

梅は入っていませんが、地元では昔から梅干菓子(めぼしがし)と呼ばれて親しまれている干梅。
現在、代表を務める松村久美子さんが先々代から「紫蘇巻き梅干のお菓子版だから干梅」と教えてもらったことがあるそうです。

松葉堂まつむらの『干梅』

この干梅に似ているお菓子に、太宰治のふるさと五所川原市金木地区で多く残っている「甘露梅」があります。
こちらは白餡ではなく、小豆餡が入っているのですが、昔は梅干菓子と呼ばれていたということですから、おそらくルーツは一緒かなぁって思っています。(金木町観光物産館マディニーで購入できます)
ルーツ、ご存知の方、情報お待ちしております!!

さて、松葉堂まつむらの干梅は、お店(電話、ファックスにてお取り寄せ可能)のほか、イベントの際には津軽黒石こみせ駅などで購入することができます。
また、インターネット「まごころふるさと便」でもお求めいただけます。

松葉堂まつむらの『干梅』

大正4年、大正天皇が黒石の大演習にお成りの際にもお買い上げになったという黒石名物、松葉堂まつむらの干梅。
創業以来、製法を変えることなく作られている添加物なしの安全安心の津軽のお菓子はいかがですか。
by Kuu

【松葉堂まつむら】
黒石市中町30
tel 0172-52-3574
fax 0172-52-2213
8:00-19:00(不定休)

掲載されている内容は取材当時の情報です。メニュー、料金、営業日など変更になっている可能性がありますので、最新の情報は店舗等に直接お問合せください。

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

カフェ・レストラン米・パン・穀物津軽海峡自転車ガイドパッケージ買いクラフト風間浦鮟鱇ステンドグラス建物お酒寿司白神山地周辺津軽弁金魚イベントハンドメイド#郷土料理#青森グルメラーメン野菜居酒屋・バーカレー缶バッジおにぎり海藻唐揚げ#お家ごはん中華料理スイーツ魚介種差海岸まつりカンバッジうにぎりわかめ和栗インバウンド#料理エビチャーハンまち歩き肉・卵十和田湖アクティビティおみやげ岩のりe-sportsスタンプお家でシリーズBUNACO白神山地体験レポート伝統工芸田んぼアートマグロお土産津軽弁缶バッジ寒海苔お盆スーパー植物#だし青森県郷土料理三味線ご当地蔦沼寺山修司カフェ迎え火・送り火ハンコ担々麺#アートアウトドアツアー歴史・文化紅葉新緑八戸ブックセンターコーヒー嶽きみコケシ辛い#青森県立美術館#サウナ自然アートランチライトアップイルカプリン熱帯魚クリスマス種差#自然#八甲田山グルメ弘前公園陸奥湾おやき焼き鳥グランピング#エビの釣り堀食堂ブナコ弘前城フェリー三社大祭日記雪見温泉月見#釣りヒバ津軽八甲田尻屋埼灯台館花岸壁朝市ポップアナログレコード#手帳鉄道青森岩木山尻屋埼宵宮横丁露天風呂青森県、色彩#桜りんご三内丸山遺跡白神山地毛豆寒立馬美術館最強毛豆決定戦妖怪#食ねぶた・ねぷた奥入瀬渓流絶景太宰治灯台青森土産きのこ鮟鱇JOMONトーク伝統芸能果物山菜・きのこウニ温泉ジオパーク津軽土産アニメあんこう万年筆えんぶり

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ