まるごと青森

twitter facebook rss
青荷温泉は震災にも強かった

青荷温泉は震災にも強かった

温泉・宿泊 | 2011-04-19 17:42

今週末、いよいよ弘前の桜祭りが始まります。今年のお祭りでは「復興支援」というテーマを掲げています。岩手や宮城の被災者の方々をお祭りに招待するそうで、日本一の桜を見ていただき、ぜひ元気を取り戻して欲しいです。

先日、黒石方面の宿泊施設におじゃまする機会がありました。向かった先はというと・・・

青荷温泉は震災にも強かった

ランプの宿でおなじみの青荷温泉です。
虹の湖のほとりから曲がりくねった山道を登っていくと、まだまだ道の両脇は雪、雪、雪・・・。うわっ、まだ路面にも雪が残っているのかなぁ~と不安もありましたが、まぁ冬用タイヤなので・・・。(実際には、路面の雪もとけきって、夏用のタイヤでもOKの状態でした。)

館内に入ると、玄関で迎えてくれたのが薪のストーブです。

青荷温泉は震災にも強かった

だいぶ暖かくなってきたとはいえ、ここは山の中にある一軒宿。訪れたのは午前11時頃でしたが、この時間でも暖が必要な気温だったので、ストーブは必需品です。(自分の家でも朝晩はストーブをつけてるし、当然といえば当然・・・)
それにしても薪ストーブ、見ているだけで何だがホッとするのは私だけでしょうか? 実際の暖かさ以上に、心まで癒される感じがします。

さて、この宿の主役のひとつは、館内のあちこちに掛けられているたくさんのランプです。

青荷温泉は震災にも強かった

まだ明るい時間でもランプの小さな炎は温かく輝き、気持ちを和らげてくれます。このランプが室内はもちろん、廊下や浴室などなど、館内のいたるところで揺らめき、訪れた方を優しく出迎えてくれるのです。

この温泉の諏訪社長さんから、ちょっとびっくり、というか、すごく納得するようなお話を伺うことができました。

青荷温泉は震災にも強かった

どうしても話題は震災のことになってしまいますが、諏訪さんがおっしゃるには「地震の被害はまったくない。」ということでした。・・・えっ、本当ですか?? 停電とか大丈夫でしたか? これから計画停電なんかも・・・。「ウチはランプの宿ですから。」
ああっ、納得。「おまけに・・・」といって客室に案内してもらったところ、目に入ったのが反射式のストーブ。

青荷温泉は震災にも強かった

なるほど、電気のいらない暖房器具です。玄関の薪ストーブもそうでした。照明はランプ、暖房は反射式のストーブということで、電気が不要なんですね。

青荷温泉は震災にも強かった

温泉を汲み上げるポンプなどの電力が必要ですが、それも自家発電で対応できるので、まったく問題なしということのようです。

山の中の秘湯、青荷温泉。携帯の電波も通じず、テレビもありません。日常生活からは遠く離れた静かな空間にあるのは、ほのかな灯りと総ヒバ作りの内湯や露天風呂、地元の山菜などを使った料理、そして、お客様を温かく迎えてくれるスタッフのみなさん。
震災にも動じず、ずっと営業を続けている一軒宿で、疲れた心身をリフレッシュしてみてはいかがですか? 

青荷温泉さんのHPを見てみました。「震災にはめっぽう強い青荷温泉」・・・納得です。
by ハッピーハンド
がんばろう東北。青森から東北の元気届けます。

<青荷温泉>
黒石市大字沖浦字青荷沢滝ノ上1-7
0172-54-8588

タグ: 津軽黒石市

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅