まるごと青森

twitter facebook rss
まだまだ桜は見応え十分です。

まだまだ桜は見応え十分です。

観光スポット | 2011-05-06 17:53

このGW、県内は春の桜祭り一色になりました。桜も連休に合わせるように見頃を迎え、多くの人が華やかな空間に酔いしれ、そして癒されたのではないでしょうか。
かくいう私もその一人。やはり家でじっとしてられず、花に誘われるように、愛車でレッツゴーです。

まず始めは、弘前城。ここを外すわけにはいきませんよね。

まだまだ桜は見応え十分です。

2,600本の桜・・・、いつも見ても素晴らしいものですね~。この美しさを表現する自分のボキャブラリーの無さ、痛感します。この日はあいにくの曇り空でしたが、桜の美しさは見事。大人気スポットの西堀の橋の上は、前へ進むのも後ろに戻るのも大変でした。
今年のまつりは「がんばろう東北、復興支援」を掲げての開催。弘前市が震災被災者の方を招待しましたが、満開の桜を見て、少しでも元気を取り戻すことができたのではないかな、と思います。本当にこの美しさは、一瞬でも現実を忘れさせてくれるようです。

さて、私の目当てはもう一つはここ、三忠食堂さんです。

まだまだ桜は見応え十分です。

この味わいのある看板、もう桜まつりの風物詩ですよね。それにしても凄い人。お店の前には行列ができていて、店内に入るのに30分待ちという状態もありました。お昼をちょっと過ぎたくらいでしたが、目当ての津軽そばは完売。ガビーン!! でも、中華そばも美味美味。汁まで完食です。(写真は、中華そばです。)

次に向かったのは、五所川原市金木の芦野公園。

まだまだ桜は見応え十分です。

ここは何と言っても津軽鉄道と桜とのコラボが有名ですよね。と言いつつ、私は初めて桜の季節にここを訪れましたが・・・

まだまだ桜は見応え十分です。

とにかくスゴイ!! 何が?って、津軽鉄道の列車を待つ人の数が、です。芦野公園駅のまわりは、カメラ片手の人、人、人・・・。レトロな列車と駅舎、それを包み込む桜のトンネル、そして草の緑と空の青。これらが一体となった景色をカメラにおさめたい気持ち、わかりますね~。私もそうでしたから。到着とともに列車を取り囲む人の姿は、桜以上に印象に残りました。人っておもしろいですね。

さて、今年の桜は開花が遅かったこともあり、まだまだ見応え十分。各地の桜まつりも、期間を延長して開催中です。

まだまだ桜は見応え十分です。

今朝、いつものように合浦公園を歩いてきましたが、美しい花が咲き誇り、私をお花見に誘っているようでした。これから週末にかけて徐々に散っていく桜、この花びらが散っていく姿もまた、お花見の醍醐味です。

車で津軽地方を走っていた時に見つけた桜。

まだまだ桜は見応え十分です。

弘前城や芦野公園のたくさんの桜もいいですが、私にとって今年一番の桜はこれでした。1本だけ見事に咲き誇っている姿、たくさんの勇気を与えてくれるような感じを受けませんか?
by ハッピーハンド
がんばろう東北! 青森から東北の元気届けます。

<お知らせ>
三忠食堂さんが舞台となっている映画「津軽百年食堂」が、ワーナーマーカルシネマズ弘前で延長公開が決まりました!! 5月中はずっと公開しているそうです。桜まつりの三忠食堂さんがそのまま登場していますよ。ぜひご覧ください。

<桜まつり・春まつり>
ここで紹介した弘前城、芦野公園、合浦公園では、8日まで開催中です。
(芦野公園は準まつり体制だということです。)

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅