まるごと青森

twitter facebook rss
りんごの街弘前から「ジャンボアップルパイ」登場♪

りんごの街弘前から「ジャンボアップルパイ」登場♪

グルメ | 2011-05-17 18:10

「ジャンボフランクフルト」「巨大コロッケ」などのジャンボものは各地にたくさんありますが、
りんごの街弘前に、ついに、真打ちが登場しました。
それは、「ジャンボアップルパイ」。より大きく、よりおいしく、本格派で世界を目指します。
それがこちら。直径2mの大物です!

りんごの街弘前から「ジャンボアップルパイ」登場♪

ただ大きいだけではありません。材料もジャンボ級のこだわりです。
このツヤツヤとした表面をご覧ください♪

りんごの街弘前から「ジャンボアップルパイ」登場♪

びっちりと敷き詰められたサクサクのパイ生地の上に、
やわらかいスポンジ、400個分のりんご、風味の良いバターをたっぷり2kg重ね、
さらに、焼き色の光沢とマイルド感を出すために、なんと100個分の卵黄を表面に塗り、専用焼き釜で2時間じっくりと焼き上げています。
ノコギリのようなナイフで少しずつ切り込んでいくと、フワリとほのかに甘い香りが♪
その秘密は、まんべんなくかけられた200mlのブランデー。
でも、子供向けの優しい香りです。
さっそく食べてみましょう♪

りんごの街弘前から「ジャンボアップルパイ」登場♪

こちら、ほぼ実物大です。

1個当たり直径10cmはありそうな大きさで、ずっしりと厚みもあります。
これが2個で500円とは、とてもお得な気分♪
食感は、サクッというよりは、とろ~りしっとり。
焼きたてはもちろん美味しいのですが、冷めるとバターと生地がよくなじみ、
上部のカスタードのような、とろりとしたやさしい甘さと
真ん中にびっしりと詰まったりんごの酸味。
これが最高にマッチしています。
その酸味の秘密が、りんご「栄黄雅(えいこうが)」。
アップルパイの材料として、一般的に好まれる品種は「紅玉」。
しかし、今や生産量が減少し、希少になりつつあります。
それに代わる品種として期待されるのが「栄黄雅」。千秋×王林の掛け合わせで、皮が薄く、甘酸っぱい食感が特徴。アップルパイによく合う、この貴重なりんごをたっぷりと使用。
ジャンボでプレミアムなアップルパイなのです。

このジャンボアップルパイでギネスに挑戦し続けるのが、
有志により結成された「巨大アップルパイギネスに挑戦する会」。
県内外のイベントに出没し、4月には岩手県の被災地で振る舞いも行いました。

りんごの街弘前から「ジャンボアップルパイ」登場♪

しかし、本当に美味しかったな~~♪今年は県内のアップルパイ、制覇しようかな。
by o-rin
がんばろう東北! 青森から東北の元気届けます。

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅