まるごと青森

twitter facebook rss
「ベッカムスペシャル」物語

「ベッカムスペシャル」物語

グルメ | 2011-08-10 16:41

むつ市に行ったらぜひ「ベッカム焼き」をと勧められ、
「何それ?」と思いつつ訪ねたのが「布施おやきや」。
ご覧のとおり、お店の看板は、入口脇のガラス窓に
おやきのお品書きと同じ大きさで並んでいるだけです。
国道338号沿いで20数年続くお店ですが、
気をつけないと見落とします。
でも、駐車スペースは十分にあります。

「ベッカムスペシャル」物語

店内に入ると、おやきを焼くスペースの隣におでんの鍋があります。
おでんは1個20円~40円。さらに焼きそば170円。
かき氷は150円から。無邪気に嬉しくなる安さです。
ちょうど、カウンターでは、小学生2人がかき氷を食べていました。
ほかに、さる中華350円、煮干中華450円もあります。
子どもの頃、学校帰りに立ち寄った「懐かしのイートイン」です。

「ベッカムスペシャル」物語

さて、目当ての「ベッカム焼き」です。
正式名は「ベッカムスペシャル」。
中にとろける細切りチーズを入れて焼いたおやきを、
熱いホワイトチョコレートのソースに浸して下地をつくり、
その上にブラックチョコレートをギザギザと垂らして
アクセントをつけます。
表面のチョコレートは熱くてとろとろなので、
普通のおやきのように手で持って食べることはできません。
箸で食べます。120円です。

「ベッカムスペシャル」物語

さて、その味は?

「ベッカムスペシャル」物語

思わず、うまい!
とろ~りチーズとおやきの皮、そして熱々チョコレートソースの
マッチングが絶妙なのです。
例えば、フォンダンショコラやチョコレートフォンデュに負けない
B級のホットスィーツです。
このレシピとネーミングを考えたのが、常連のサッカー部の高校生。
ときは、2002年、FIFAワールドカップが開催された年です。
イングランド代表のデビッド・ベッカムの人気が沸騰し、
ソフトモヒカンのベッカムヘアーがブームとなりました。
その最中、ベッカムファンの高校生の企画で出来たのです。
その証が店内にあります。
企画した「ひろき」君の名前入りのメモが今も張り出されています。
オリジナルのネーミングは「ベッカムスペシャル7」。
7は、もちろんベッカムの背番号。
「チーズチョコチョコ」と、チーズに2種類のチョコを使った
おやきのレシピを簡潔かつ的確に表現しています。
ひろき君は、現在、自衛隊員として頑張っておられるとのこと。

「ベッカムスペシャル」物語

そんな心が和む年輪を刻む「布施おやきや」ですが、
こんなユーモラスな張り紙も見つけました。

「ベッカムスペシャル」物語

  蛇が利口で→ジャガリコ
  豚が離婚で→トンガリコーン
  河豚が兄弟ゲンカしたら→
最後のなぞなぞの答えが分かる方は教えてください!

〈布施おやきや〉
 むつ市大平町25-14 電話0175-29-3981
by 頭脳パン
がんばろう東北! 青森から東北の元気届けます。

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅