まるごと青森

イカの哲学

イカの哲学

特産品・お土産 | 2011-09-27 17:05

私が愛してやまない食材の一つに、イカがあります。

あの透明な、向こうが透けて見えるような身に、
刺身包丁を入れて、こう、スーッとひくと、
なんとも清らかな、透明な、存在に変わります。

ああ、美しい。

見ているだけでもいいくらい、青森のイカは美しい。
こんなのは、東京じゃあ無理だ。青森じゃなきゃ。

刺身がベストなのは青森の人なら誰しも知っていますが、
お料理もオリジナリティ溢れる青森ならではのものが多いですよね。

イカの哲学

これは、下風呂の旅館でいただいたお味噌汁。初夏だったのでテクビイカでしょうかね。絶品でした。

イカの哲学

イカ寿司。中身は野菜のつけもの。県外の人は結構びっくりします。お酒にとてもよく合いますね。

イカの哲学

イカハンバーグ!進学のため上京した青森県出身の若者が、都内のお店でハンバーグを食べて、「ハンバーグなのにイカが入っていない!」とクレームを付けた人がいたとか、いないとか・・・。

イカの哲学

そして、なんといってもこれ!イガメンチ!(写真は弘前の「土紋」さんのイガメンチです)

そういえば、イカで哲学してしまった波多野一郎さんの本は、おもしろかったなぁ・・。
イカとの会話で世界平和を考える・・・どうやらイカにはそんな力があるらしいです。

でも、私に最高の幸せを与えてくれるのは、
三浦哲郎さんが随筆で紹介していた、八戸の漁師町での、あの食べ方。

「この浜のひとたちが、イカサシを食べているところを初めてみたとき、私は、ひやしウドンを食べているのだと思った。ここでは、イカがウドンにみえるほど細く切るのである。それを丼にどっさり入れ、上にワサビをひとつまみのせて、醤油をたっぷり注ぎかける。十分かきまぜてから、ウドンを食うようにして、スルスルとすすりこむ。」
「このイカサシには、茶碗酒が実によく合う。それもヒヤで、茶碗になみなみと注ぐのがいい。それで、茶碗のふちにかけた親指の先を、なかの酒にひたしながらのむのがいい。」
(高田宏編「あまカラ抄」 三浦哲郎『いかさし丼』より抜粋)

生醤油をたっぷりかけて、イカの粘りが出るくらいまで丹念に混ぜてから、豪快にいただく。
三浦氏によると、丼には秋イカの胴体部分だけ三杯分のイカサシが入るそうです。

いやはや、
先人のイカ道は実に奥が深い。

by OAK

掲載されている内容は取材当時の情報です。メニュー、料金、営業日など変更になっている可能性がありますので、最新の情報は店舗等に直接お問合せください。

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

りんご三内丸山遺跡白神山地毛豆寒立馬美術館最強毛豆決定戦妖怪#食ねぶた・ねぷた奥入瀬渓流絶景太宰治灯台青森土産きのこ鮟鱇JOMONトーク伝統芸能果物山菜・きのこウニ温泉ジオパーク津軽土産アニメあんこう万年筆えんぶりカフェ・レストラン米・パン・穀物津軽海峡自転車ガイドパッケージ買いクラフト風間浦鮟鱇ステンドグラス建物お酒寿司白神山地周辺津軽弁金魚イベントハンドメイド#郷土料理#青森グルメラーメン野菜居酒屋・バーカレー缶バッジおにぎり海藻唐揚げ#お家ごはん中華料理スイーツ魚介種差海岸まつりカンバッジうにぎりわかめ和栗インバウンド#料理エビチャーハンまち歩き肉・卵十和田湖アクティビティおみやげ岩のりe-sportsスタンプお家でシリーズBUNACO白神山地体験レポート伝統工芸田んぼアートマグロお土産津軽弁缶バッジ寒海苔お盆スーパー植物#だし青森県郷土料理三味線ご当地蔦沼寺山修司カフェ迎え火・送り火ハンコ担々麺#アートアウトドアツアー歴史・文化紅葉新緑八戸ブックセンターコーヒー嶽きみコケシ辛い#青森県立美術館自然アートランチライトアップイルカプリン熱帯魚クリスマス種差#自然グルメ弘前公園陸奥湾おやき焼き鳥グランピング#エビの釣り堀食堂ブナコ弘前城フェリー三社大祭日記雪見温泉月見#釣りヒバ津軽八甲田尻屋埼灯台館花岸壁朝市ポップアナログレコード#手帳鉄道青森岩木山尻屋埼宵宮横丁露天風呂青森県、色彩#桜

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ