まるごと青森

twitter facebook rss
「あおもり倉石牛」

青森県が全国に誇る稀代の黒毛和牛「あおもり倉石牛」

特産品・お土産 | 2012-02-27 17:46

先日、五戸町倉石方面に行く機会があったので昨年12月28日の
まるごと青森ブログ「あおもり倉石牛(くらいしぎゅう)めし(by頭脳パン)」を思い出し…

「あおもり倉石牛」

折角なので、あおもり倉石牛を一目見ようと倉石牛生産者の沼沢邦夫さんに
連絡したところ、ご在宅とのことだったので、さっそく牛舎を訪ねました。

過去、牛肉品質審査会の全国大会で2度日本一となっている沼沢さん。
1度目は2004年第5回全農枝肉共励会、2度目は2008年全国肉用牛枝肉共励会で
松坂牛や前沢牛などの並みいる強豪を前に最高位の「名誉賞」を見事受賞。

その後の各種審査会でも上位入賞の常連となり知る人ぞ知る
「あおもり倉石牛」づくりの名人なのです。

「あおもり倉石牛」

あおもり倉石牛を生み出す秘訣を聞いてみたところ「徹底した個体管理と清潔な牛舎」
とのこと。
たしかに牛は、全て丸々としており、とても鷹揚に見えました。
また、牛舎は非常に清潔で、驚いた事にほとんど臭い匂いはありません。

「あおもり倉石牛」

沼沢さん曰く
「まだまだ全国的には、知名度が低い。牛肉と言えば“あおもり倉石牛”
と呼ばれるよう今後ともコツコツと肥育して行きたい!」とのことでした。

最後に牛たちの写真を撮影しようと牛舎中央部まで行った時、今まで
横たわっていた牛たちが一斉に立ち上がり、私を見つめはじめました。
その時、自分のジャンバーが赤だったことに気づき、ゆっくりと
後ずさりするtaboでした…。(笑)

「あおもり倉石牛」

<参考>次の基準を満たした黒毛和牛だけが「あおもり倉石牛」と呼ばれます。
1.品種は黒毛和牛であること。
2.肥育期間は概ね20か月以上であること。
3.枝肉重量は概ね350kg以上であること。
4.規格・格付けは日本食肉格付協会の歩留等級「A、B」、
肉質等級「4、5」であること。
※あおもり倉石牛の詳細については、バックナンバー2005年12月27日
『最高級の銘柄牛「あおもり倉石牛」』をご参照ください。

by tabo
がんばろう東北!青森から東北の元気届けます。

「あおもり倉石牛めし弁当(1,000円/税込)」は、新青森駅と
青森駅にて好評発売中です。
【問合せ先】㈱ウェルネス伯養軒青森支店
【電話番号】017-723-1894

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅