まるごと青森

twitter facebook rss
フキノトウ

春の皿には苦みを盛れ

特産品・お土産 | 2012-04-23 19:15

~春の訪れを教えてくれるフキノトウ~

皆さまはじめまして。tom5です。
「聞いて嬉しい、伝えて楽しいあおもり情報」
元気にお伝えしていけるようがんばります。
よろしくお願いします。

雪が多かったこの冬、例年以上に冬の長さが身にしみました。
北国の春は雪どけとともに始まります。
青森では今、フキノトウが顔を出し、北国への春の訪れを教えてくれているようです。

フキノトウ

旬を味わい、春を満喫できる山菜シーズン到来。
山菜王国青森は、数えあげるとキリがないほどの山の幸が自慢のひとつです。
なかでも、いち早く春の訪れを告げてくれるのはフキノトウ。

フキノトウ

蕗(フキ)はミョウガやワサビなどとともに、
20種類ほどしか確認されていない、数少ない日本原産野菜のひとつです。
その独特な苦みと香り成分は、冬の間にたまった余分な脂肪や老廃物を外に出し、
胃腸の働きをを整えるといわれ、古くから民間薬にも用いられてきました。

なんでも・・・
冬眠から目覚めたクマが一番はじめに口にするのはフキノトウだとか。
(クマさんには未確認の情報です!あしからず)

近年では蕗だけに含まれるフキノール酸という成分が注目を集め
TVでも紹介されましたので、ご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか。
「体内でのヒスタミン過剰分泌を抑えアレルギー症状を緩和する」
という効果に期待が持たれ、研究もすすめられています。

春を告げるフキノトウに、花粉症を抑える働きもあるのならば
今の季節の食卓に、ますます並べたくなってきますね。
※蕗アレルギーの方の摂取はくれぐれもお避け下さい

昔のひとは「春の皿には苦みを盛れ」と言いました。
春の食卓に苦みある食材を上手に摂り入れ、身体のバランスをとり
新しい一歩を踏み出したいですね。

雑穀ごはんにバッケ味噌を添えてみました。

バッケ味噌

“バッケ”とはフキノトウをさす青森県津軽地方周辺の方言です。

雑穀米は健康に良いとわかっていても、
水加減がうまくいかず、思うような炊きあがりが難しいのと、
食べたあと口の中に残る味が苦手で敬遠していました。
ところがこちら

青森県七戸町米万商店の十穀米

青森県七戸町米万商店の十穀米

おかずのじゃまをしない自然な甘味と食感の楽しさが嬉しい、私のお気に入り。
軽く洗った十穀米を、白米に混ぜて炊きます。
水の量は「いつもよりちょっと多め」くらいでOK。
かなり大雑把な私ですが、炊きあがりに一度も失敗したことがない
という手軽さも助かります。
(毎日のことですものね)

道の駅しちのへ(青森県七戸町)で購入できます。
お取り寄せには米万商店ホームページも便利です。
雑穀屋 米万

雑穀ごはんとバッケ味噌。
わたくしの身体もようやく目覚めました(笑)
皆さまもぜひ、身体の中から春の目覚めを感じてみてはいかがでしょう。

tom5でした!
またお会いできる日を楽しみにしています。

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

ラーメンスイーツまち歩き伝統工芸郷土料理ツアー自然りんごねぶた・ねぷた果物カフェ・レストランお酒野菜魚介肉・卵田んぼアート三味線歴史・文化アート食堂ヒバ鉄道三内丸山遺跡奥入瀬渓流山菜・きのこ米・パン・穀物寿司居酒屋・バー種差海岸十和田湖マグロご当地紅葉ランチグルメ弘前ブナコ津軽白神山地絶景ウニ津軽海峡カレーお土産蔦沼新緑弘前公園弘前城八甲田岩木山毛豆太宰治温泉自転車津軽弁缶バッジカンバッジおみやげ津軽弁缶バッジ寺山修司八戸ブックセンターイルカ陸奥湾フェリー尻屋埼灯台尻屋埼寒立馬灯台ジオパークガイドおにぎりうにぎり岩のり寒海苔カフェコーヒープリンおやき三社大祭館花岸壁朝市宵宮美術館青森土産津軽土産パッケージ買い金魚海藻わかめe-sportsお盆迎え火・送り火嶽きみ熱帯魚日記ポップ横丁最強毛豆決定戦きのこアニメクラフトイベント唐揚げ和栗スタンプスーパーハンココケシクリスマス焼き鳥雪見温泉露天風呂鮟鱇あんこう風間浦鮟鱇ハンドメイドインバウンドお家でシリーズ植物担々麺辛い種差グランピング月見アナログレコード青森県、色彩妖怪JOMONトーク万年筆ステンドグラス#郷土料理#お家ごはん#料理BUNACO#だし

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅